注射、二回目
一回目の注射からきっかり2週間経ったところで、二回目の注射を行いました。

ペンタイプの注射があまりにも簡単だったもので、二回目の注射も楽勝気分で臨んだのですが、この二回目の注射、一回目の時とはちょっと勝手が違ってしまったのでした。

ヒュミラペンには注射完了を確認する為の窓枠がついていて、ここをチェックしながら注射をします。窓枠内が透明な色から完全に黄色に変わった時点で注射完了となります。(黄色に変わるまでは注射は完了していないので、ペンを身体から放してはいけないことになっています。)

一回目の時にはこの手順通り事が運び、注射を完了することが出来たのですが、二回目の注射の時にはかなり長い時間、注射をし続けていたにも関わらず、窓枠内があともう一息で完全に黄色に変わるという所で停まってしまったような感じになり、微妙に中途半端な状態で注射を終えてしまいました。

もしかして液が漏れてしまった?と、おもわず注射部位を確認したのですが、漏れていた様子はなく。

その日の夜、注射した部分をチェックしたらば一回目の時にはでなかった、赤くポツポツとした発疹が直径10cmくらいの大きさにわたり出ているのを発見しました。(←痒みも凹凸も痛みもない、皮膚の内部で赤い発疹が起こっているような感じのものでした。)

この発疹以外にも二回目の注射は一回目のものとは違う!と思わされた理由の一つに、この注射、前回に比べて痛みがかなり軽くすんだのでした。前回は注射を打ち終わった後も、沁みるような痛さが続き、30秒くらい固まって動くことが出来なかったのですが、今回はそのようなことはありませんでした。

私はてっきり、看護婦さんのアドバイス通り、液を冷蔵庫から室温に30分おいてから打ったから?なんて思っていたのですが(それもあるのかもしれませんが)、これはもしかしたら、注射が上手くいかなかったから痛みが軽くすんでしまったのでしょうか。。。

もう一つ、アレ?っとおもった事が。

この二回目の注射、効き目を全く感じることが出来なかったのでした。一回目の注射の効果がスゴカッタもので、二回目もかなりの効果を期待していたのですが、空振りに終わってしまいました。

そして前回、注射後に激しく感じた副作用の眩暈も針で刺されるような痛みも、今回は全くでず。。。(一回目の注射後に出てきた激しい痺れ感だけは、あれから今も続いているので、この神経症状はおいておいて。)

もしかして今回の注射、液漏れまではしなかったものの、あまりにも皮膚の浅い部分に刺してしまい、このような不具合を起こしてしまったのでしょうか???

でも、皮下注射のものを皮膚の浅い部分に刺したからといって、失敗した(効き目が感じられない)、というのもオカシな話ですよね?液が漏れずに体内に入っていったのなら、皮下注射的には成功した、ということだとおもうのですが、そういうものじゃあないんでしょうか?

そんなこんなで二回目の注射後、体調はずーっとイマイチ状態(それでもヒュミラで治療を始める前よりは大変楽な状態)が続き、三回目の注射日を迎えたのでした。
[PR]
by racity | 2009-01-11 14:18 | リウマチ
<< 三回目の注射(前回の注射日から... その後の体調 >>