ヒュミラ、7回目
前回の注射以降、私の体調は最悪でした。今までにでなかった朝の強張り(といってもかなり弱いものですが。むくみ、と言ってもいいくらいの)までもが軽くでてしまう始末で。この普段は起こらない強張りが起こると、「私の体調、かなりきてるなぁ。」と実感します。

そんな絶不調の中の7回目の注射。前回とは反対側(左)の大腿部へ行い、今回も大した内出血無く、注射を終えることが出来ました。注射の手際は確実によくなってきているようです。なんですが、今回も注射の効き目は感じられませんでした。

注射をうった翌日も、翌週も、全く変化無く、ひたすら調子が悪い状態のままです。

足の甲、足首、そして右手親指の付け根が相変わらず最悪で、特に親指!・・・親指は付け根が軽~く出っ張ってしまい、相変わらず痛みも強いので、今は車を運転する際にエンジンすらもかけられません。(なので出発する際は左手で鍵をまわしてエンジン、かけてます。)あまりに親指を含め、身体全体の調子が悪いので、とうとう消炎鎮痛剤を増量し、局所的に朝晩、湿布薬のお世話にもなっています。

この7回目の注射で、ヒュミラの効果を見極められる(であろう、と言われている)3ヶ月という期間を過ぎてしまったワケですが、結局、ヒュミラを使っても親指の変形は止められないわ、身体全体も調子悪いわ、と、ダメダメ状態に突入してしまっています。主治医が今のこの状態を診たら、どんな決断をヒュミラに対して下すのでしょうか、まだまだ効果が期待出来るということで使わせ続けるのか。それとも、そろそろ次のものを視野にいれていくのか。(彼女のことなので、まだまだ使わせるとはおもいますが。)

ちなみに私は、これがヒュミラの限界だ、とはおもっていません。身体全体については、これから後、2、3ヶ月は様子をみる価値があると踏んでいます。

それというのも、この不調はヒュミラが効かないから、というよりも、アザルを中止したことにより起こっている不具合だと考えているからです。ここ最近、再び効力を発揮しかけたヒュミラだったのに、この1、2週間で本格的にアザルが抜けたことによる不調が表面化し、今のヒュミラの効き具合ではそのアザルの穴を埋めるまでにはいかず、今のダメダメ状態を作り上げているのではないかなぁ、と。

・・・これから先、果たしてヒュミラ効果に変化があるのかないのか。ヒュミラ体験談は続きます。

==============================

余談ですが、指先にできていた赤い痛みのある発疹、またまたひいてしまったのでした。なのでまた、ドクターに診せ損ねてしまいました。次に発疹が現れるのは一体、何時!?
[PR]
by racity | 2009-03-24 07:58 | リウマチ
<< 春休み! ヒュミラ、6回目 >>