ヒュミラ、8回目
消炎鎮痛剤を増量したり湿布を使い出してから7日経った頃、8回目のヒュミラを左の腹部へ行いました。

この頃の私の体調ですが、消炎鎮痛剤を増量したおかげで、どうにかこうにか生活できるようになっていましたが、それでもまだまだ料理は思ったように出来ず(包丁を使えない)、掃除洗濯も左手メインで行っていて、足もなるべく使わないようにと、気を使いながらの生活を送っていました。

それが消炎鎮痛剤を増量して日にちが経った、ということもあったのかもしれませんが、8回目ヒュミラ注射をしてから5日経過した辺りで、全体的に関節の痛みが減っていることに気づきました。

右親指も腫れが少し治まり、それまであったトンカチで叩き砕かれるような痛さが落ち着き、車のキーもまわせるし、ドアノブもまわせるし、包丁もなんとか使えるようになったのでした。

ただ、9回目の注射日を前にして、再び薬切れ状態となり、かなり痛みが引いていた足首や親指に痛みと腫れが復活し、またまた微妙に日常生活に不便を感じるようになってしまったのでした。

このように消炎鎮痛剤の後押しを受けながら、少しずつヒュミラ効果を実感しつつ、9回目の注射レポへと続きます。
[PR]
by racity | 2009-04-15 12:57 | リウマチ
<< すっかり初夏に 日米での治療方針の違い >>