リウマチ医とのアポ
内視鏡検査から10日ほど経ちました。お腹の痛みはここにきてようやく、普段の痛みへと戻りました。
(検査後に悪化したお腹の痛みが消えたということで、もともとあったお腹の痛みはそのまま残っています。・・・と言っても、もともとのお腹の痛みは大した痛みではない上、出たり消えたりするモノなので、辛いものではありません。)

眼科医での検診ですが、これはVisual Field Test というもので、過去に抗マラリア薬をスタートする際に受けたテストと同じものでした。(←抗マラリア薬を始める前に、必ず受けておかなければいけない検査です。)

テスト内容ですが、片目を隠されて顕微鏡のようなものを覗き込みます。その覗き込んだ画面の中央に点があるのですが、そこに視線をおき、そこから目を逸らさぬようにしながら、視野内に黒点や光の点があらわれたら、手にあるマウスをクリックするという、ゲーム感覚で出来るテストでした。

テスト終了後、検査してくれた技師さんに

「私が今、リウマチ治療に使っている薬はMS を発病させるリスクがある。検査結果は通常、ドクターからしか知らせてもらえないことになっているのは分かっているけれど、この後すぐにリウマチ医とのアポがあるので、今の検査結果が異常有りか無しか分かる様なら教えてもらえると有り難い。異常がある場合、リウマチ医に検査結果を話して、原因となっている薬を即、中止したいので。」

と、ダメもとでお願いしてみたのですが、残念なことに、結果を聞くことは出来ませんでした。(技師さんは基本的に患者に結果を教えてはいけないことになっているようです。でも、技師さんによっては、そして検査結果内容によっては(異常が無い場合は)、ドクターとのアポを待たずに教えてもらえることもあったりします。)検査結果は嫌でも来週のアポで分かってしまうので、その時までのお楽しみ?ということになりました。


それでリウマチ医とのアポですが、私はこの日、主治医の最後の患者で、「これは1時間待ちはかたいな」などとおもっていたら、本当に予定時刻(午後4時)を1時間以上過ぎての診察となりました。私は待っていればいいだけなので楽なものですが、ドクターは大変ですよね、休む間もなく次から次へと患者の診察があって。しかも彼女、翌日は中国へ3日間出張とかで(彼女はよく、海外出張に行きます)、私の診察が終わったのが午後6時くらいだったんですが、出張準備もあるだろうし、身体を壊しやしないかと他人事ながら心配になってしまいます。。。

・・・と話を診察の話へと戻しますが、ここ最近、私の白血球値が下がり続けているのが気になっていたので(1月は3800。4月は3200。)、それについて質問したところ、

「今日の血液検査結果(←診察が始まる前に血液検査を受けた)によってはMTXを減らすか、一時的にストップしましょう。」

ということになりました。

私はてっきり、ヒュミラを止めるのだとばかり思っていたのですが、ヒュミラはそのままでよいそうです。検査結果は悪い場合だけ連絡来ることになりました。

・・・まだまだ続きますが、一度ここで区切っておきたいとおもいます。。。
[PR]
by racity | 2009-05-21 06:28 | リウマチ
<< ヒュミラ、9回目 アメリカで人間ドッグに入ろう計画 >>