手術の事前検査のアポ
アメリカでは手術をする際、事前にかかりつけ医に血液・尿検査やEKG 、その他、問診などを行ってもらうことになっています。

私の今回の検査は「腹腔鏡(Laparoscopy)」と言い内視鏡検査の一種なのですが、胃腸の内視鏡検査とは違い、お腹に最低2箇所は穴を開け、その穴へカメラやその他の器具を挿入して外科的措置も行うことになっており(手術扱いになるそうで)、事前検査を受ける為にかかりつけ医の元へと行って来ました。

この事前検査は手術予定日の1ヶ月以内に行わなければいけないそうです。あまり早くに体内のデータをとっても、データが古すぎて意味の無いものになってしまうので、なるべく手術予定日に近い、新しいデータを送ってほしいことが言われています。

それで、この検査結果は私の婦人科医と、私が手術を受ける病院施設へと送られることになっています。事前検査で私の健康に問題があれば手術は延期。問題なければ7月末に、今度は手術の詳細を聞くために、婦人科医の診察を受ける予定になっています。

=======================================

また、今回の検査に備え(感染症のリスクを警戒し)、ヒュミラを中止する事になりました。

リウマチ医のアドバイスによりますと、手術1ヶ月前にはヒュミラの注射を禁止。術後も2週間は注射をせずにおき、感染症がないことを確認出来たら注射を再開、ということになっています。

ちなみにMTX は(私は週に15mg服用していますが)ストップする必要はないそうです。なので今も服用を続けています。ただ、7月末にある婦人科医とのアポで、彼がMTX 服用に関して気になるようなら、これもその時点でストップすることになるかとおもいます。

消炎鎮痛剤も止血の問題で、手術1週間前から服用中止しなければなりません。(胃腸の内視鏡検査の時にも、消炎鎮痛剤の中止については言われました。検査後も何日間かは使用禁止を言い渡されました。)これは手術をする病院から、書面にて連絡がありました。

そんなわけで現在、私はステロイド無し(←胃腸の内視鏡検査で消炎鎮痛剤ストップしなければならなかった時、ついでにステロイドも止めてみたところ服用しなくてもすむことが分かり、それ以来、縁を切ることが出来ました。)、消炎鎮痛剤はたまに使用し(でも手術予定日が近づいてきたら完全に服用を中止し)、ヒュミラも使用せず、MTX のみでリウマチをコントロールしている状態になっています。

このように薬の使用を中止している状態なので体調、いまいちです。10分程度ですが朝のこわばりまででてくるようになってしまいました。が、ヒュミラを始める前の体調悪化時に比べればまだまだ良い状態にあります。

なんていったって、包丁を握って料理をすることが出来るし。←なんともしょうもない目安ですが、この包丁を握って料理云々は、私の日常生活においてキーとなっています。日本と違って、自分や子供達の食べたい食べ物が周りにないので自分で料理するしかなくて、日常生活において料理に割く労働力&時間は大きいです。

今週は久しぶりにアポの全く無い一週間でした。来週はかかりつけ医、胃腸科医、婦人科医とのアポがある予定で、ちょっとバタバタしそうです。
[PR]
by racity | 2009-07-17 11:47 | リウマチ
<< 検査にあたって あいあいさん、来日コンサートの... >>