手術終え、無事帰宅
検査手術を無事に終え、昨日の夜(午後7)自宅へと戻りました。

当初の予定では、遅くとも夕方4時には帰宅出来る筈だったのですが、私の前に手術を受けていた患者さん達の治療が長引いてしまい、実際に私の手術が始まったのは予定より2時間以上遅れてのことでした。


手術のながれを知りたい方は、下記の「手術のながれはこんな感じでした」をクリックしてご覧下さいませ。



・病院に到着したのが午前11時。

・受付終了したのが11時半。

・ひたすら待合室で待ち、手術準備室に通されたのが午後2時。

・そこで問診を受け、血圧、身長、体重、脈をチェックされる。左手首近くに、麻酔と水分を投与するための点滴針を入れられる。

・それらが終了してからまたまた待たされること30分。私の婦人科医が検査に必要な書類を持って現われ、それらにサインしたのが3時近く。

・麻酔部隊が到着したのが午後3時15分。麻酔の説明を受けた後、前回の手術の際に麻酔の副作用がキツかったことを報告したら、吐き気止めを出来るだけ投与してくれる、とのこと。

・手術室に通されたのが3時半。麻酔を投与され、すぐに意識を失う。手術スタート。

・リカバリー・ルームで目覚めたのが4時半過ぎ。軽い吐き気、そして強い眩暈と痛みを感じたため、ナースが痛み止め&吐き気止めを新たに投与してくれて、眠りに入る。

・最終的に目覚めたのは午後6時過ぎ。ここでピックアップ要員であるダンナが病院に到着。帰る前に、もう一度、点滴にて水分を補給し、痛み止めの錠剤を経口にて服用。痛みがそこそこ落ち着いたところで車椅子に乗せられ、車まで送ってもらう。この時、6時半過ぎ。

・自宅に到着したのが7時過ぎ。抗生物質を服用後ベッドに直行し、再び眠りにつく。

・夜中や明け方に3回ほど目を覚ます。この間、一度だけ痛み止めを服用し、またまた眠りに入る。最終的に目覚めたのが午前7時半。今に至る。

=========================================

今回の病院では全身麻酔の副作用対策がしっかりなされていたので、軽い吐き気を感じただけで、車に揺られても問題がなくすみました。

ところでその麻酔対策ですが、今は禁煙の時に使うパッチと似たようなもので、吐き気止めのパッチというものも出ているのですね。手術前には吐き気対策の薬を服用し&パッチを耳裏にし、術後は点滴をし、、、ここまですると麻酔後の気分の悪さが抑えられるようです。←私の場合。

その他の今の私の状態ですが、相変わらず眩暈と痛みはあるものの、前回の手術で経験したような恐ろしい吐き気や傷口の痛みはないのでホッと安堵しています。

ちなみに、今回の検査により子宮内膜症が見つかりました。家で子供達の面倒をみてくれていたダンナのもとへ、ドクターから電話で簡単に説明があったそうです。処置もしてくれたそうですが、どんな処置をしたのかよく分からなかったそうなので、2週間後にあるフォローアップの診察で詳細を聞いてみようとおもいます。

以上、検査手術のご報告でした。
[PR]
by racity | 2009-08-08 00:37 | リウマチ
<< 問題発生 吐き気止めの薬 >>