過去のコメントその10
過去のコメントその10(8/21/2009~10/21)

コメントされる場合はこのコメント欄ではなく、ブログトップにある「RAリポートご覧の皆様へ」の記事にあるコメント欄へとお願いします。
[PR]
by racity | 2001-01-01 01:10 | 過去コメント | Comments(30)
Commented by racity at 2009-08-21 04:45
がっさん、

そうそう、普通の病院の待合室みたいな所で、手術が始まるまで待たされるのですよね。私も今回の手術はそうでした。

> けんけんさんのかかってるドクター達は、しっかりとリウマチの事も把握してくれてるようで、

・・・いえいえ、がっさん、その辺りはやはりアメリカ(笑)。私の婦人科医もかなり適当でした。婦人科医は検査手術をすると決めた時、リウマチ薬に関してなにも言ってくれませんでした。・・・というか、だいたい彼は私の検査が手術だということすら説明せずに診察を終えようとしていたのです。私が診察終えようとするドクターに食い下がって検査について質問し、やっと検査=手術、ということが分かったのでした。

私も手術するならヒュミラとMTX をスキップしなければ、ということは念頭にあったのですが、この時ドクターに聞きそびれてしまい、後で秘書さんに質問したところ、「プリ・オペ・アポ(手術の1週間前にあるアポ)の時にドクターに直接聞いて。」と言われてしまい、婦人科医に見切りをつけ、リウマチ医に質問をすることにしました。
Commented by racity at 2009-08-21 05:12
手術の詳しい処置内容も明日のアポでようやっと分かる有様で、今の婦人科医は腕は良いらしく、手術も好きでかなりの数をこなしているようですが、ちょっぴり不信感を抱いていたりして。

私が連携うまくっているなぁ、と実感するのは、同じ病院内の神経科医とリウマチ医です。(ここでは患者のデーターを共有できるから、というのもありますが。)あとは・・・患者がドクター達の間を上手く繋いでいくしかないのかなぁ、と感じます。

がっさんも無事に手術切り抜けられ、めでたし、めでたしで事がすみ、なによりでしたっ。

話は変わり、「同じ検査をしていても、請求が若干変わってきている」というの、私は気づきませんでした。今度、注意いを払っておきたいとおもいます。
Commented by racity at 2009-08-21 05:13
アイタタさん、コメントありがとうございましたっ。

うーん、やっぱりまだまだ無理は禁物ですよね。昨日、ちょっと感じるところがありました。気をつけていきたいとおもいます。

リウマチですが、1週(自主的に)抜かしたMTX を昨日再開し、ヒュミラは明日、婦人科医とのアポで術後の回復を確認してから再開の時期を決めます。なんとか薬が軌道に乗るまで、リウマチには暴れないでいてほしいものです。

それで前回(術前)、自分のことばかり書いてしまい、「アイタタさんはその後、エンブレルで体調どうなのか」を伺うこと出来なかったのですが、その後いかがですか?

エンブレル、なんとか効いてくれているとよいのですが。。。アイタタさんこそお大事にお過ごし下さいね。
Commented by がっさん at 2009-09-03 23:17 x
9月ですね~。
もう面白いくらいに9月になった途端、いっきに気温が下がりました。
なんだか極端です。
季節の変わり目が原因か、はたまた作業のし過ぎかは分かりませんが、ちょっと関節が痛いです。
けんけんさんもリウマチがまた動き出したと書かれていましたが、
ヒュミラの効果はすぐに出ましたか?
お互いこの時期は安定しませんよね。

ところで、親知らずですか。
私の経験では特に薬は中止しませんでした。(親知らずではない歯で、一度に3本抜かれました)
トレックスオールを飲む曜日と重ならなかったからなんですが、以前書きました骨の薬は別の理由で中止しました。
ただヒュミラについては経験がないので、どーでしょうか。
とりあえずMTXは大丈夫だと思います。(私見)
つづく・・・
Commented by がっさん at 2009-09-03 23:18 x

リウマチ治療以外で・・・・というのはよーく解ります。
実は私も今月か来月また歯医者に行かなければなりません。
先月チェックアップに行った時、奥歯のクラウンが古い物だから
そろそろ新しくした方が良いと言われ、検討中です。
別に今のところは何も問題ないんです。
歯医者の説明では半年も待たずに・・・・って事なんですが
$1300・・・・・。
ふぅ~高い。

Commented by racity at 2009-09-11 00:30
がっさん、レス、お待たせしてしまってスミマセンでした。(お客様、無事に帰られました。)そして抜歯時の薬の服用についてのお話、ありがとうございました。(しかし、一度に3本も抜かれたとは・・・スゴイですね。)

私の方ですが昨日、歯科医と話し合いをしてきて、2本抜く事になりました。治療費$1020くらいになるかも、という見積もりをもらい、あとは保険会社がどのくらいカバーしてくれるかにより私の負担額が決まります。

歯科医の話では抜歯時、(がっさんがおっしゃっていたように)MTX はおそらく服用大丈夫だろうとのこと。念のためにヒュミラとともに抜歯時に合わせて使用を中止した方がいいかどうか、彼女がリウマチ医に確認をとってくれることになりました。またフォサマックスについても確認いれてくれるそうです。
Commented by racity at 2009-09-11 00:36
がっさんの治療費も$1300とは、なかなかきてますね。私は今年、がっさんと同じく奥歯の詰め物が壊れかけているからという理由でこれを治療し、その他に胃腸カメラ&その生検、腹腔鏡、各治療時の麻酔費用やらで云千ドルの治療費がかかりました。保険でずいぶんとカバーはされましたが、それでも云百ドルは払ったもので、フレックス・アカウントの中身もスッカラカン!になりました(笑)。がっさんの方も云千ドルの歯の治療費用、保険がきいてどうなることやら、ですね。

私のリウマチですが、ヒュミラは効いてきませんねぇ。・・・というより、ヒュミラの効力を上回る勢いで私が活動をしているもので、単に効果を感じられないのだとおもいます。来週まではなんやかやで忙しいですが、それを過ぎたらペースを落とそうとおもいます。

がっさんも歯の治療(するようでしたら)、上手くいきますように&季節の変わり目、お大事にお過ごし下さい。
Commented by がっさん at 2009-09-11 10:44 x
レスをせかしてたらすみません。(笑)
時間があるとついついお邪魔してしまうものですから。

我が家は歯科治療のみ保険に入ってないので、クリーニングも含め
毎回実費です。
今やクラウン1本$1300には驚かなくなりました。
1月にルートカナル1本(クラウンではなく詰めただけ)で$2500くらいかかってます。
それに2年前にインプラント2本で$12、000
クラウン2本と他もろもろで更に$6000。
なんだか高価な口の中ですよ。(笑)

保険会社からの明細を見て、毎回思うのは「保険なしではアメリカでは生きていけないな~」です。

ちなみに今までで一番高いと驚いたのは
化学治療やってた時の一回の点滴の費用、な、なんと$8000ですよ。
実費で$600は払ってたんでかなりの高額治療です。
計8回やったので、恐ろしい金額になってました。

社会保険制度になると持病持ちの私達は、とても困ることになりそうです。
現状のままでお願いしたい。
Commented by racity at 2009-09-14 04:04
がっさん(またまたレス遅くなりスミマセンっ。)、歯の治療実費なのですね。治療費のアレとコレとソレを合わせると、がっさんの口の中、一財産が築き上げられているような。。。

化学治療も驚きの$8000ですか!がっさんが保険を持っていて治療を受けることが出来、元気になられてなによりでしたっ。ちなみに私の場合、先日した腹腔鏡もそうですが(←今、手元に紙がないので詳細不明なのですが)、脳のMRI $2500などが高額だったでしょうか。その当時、私の保険はCo-pay が一律$10だったので、残り料金は全て保険会社持ちとなり本当に助かりました。

私達のような自己免疫疾患患者にとって、今の保険は本当にありがたいです。(←ありがたいといっても、良い保険&ポリシーを手に入れるために、自分達もそれ相応の金額を保険会社に払い込んでいるわけですが。しかし、これからアメリカの保険制度は一体、どうなるのでしょうね。がっさん同様、不安です。)

ところで病院の請求してくる金額、実際よりも多く見積もって請求金額だしているような?この病院からの請求、最終的には保険会社と病院間の規定により、随分と保険会社に叩かれて、安くさせられていますよね。
Commented by racity at 2009-09-14 04:06
保険会社から送られてくる請求・支払い関連の詳細をみていると、病院側がカワイソウになるくらい、(保険会社に費用を叩かれて)安い金額で患者を診ているのだな、ということが分かります。カウンセラーなど、これでもとがとれるのか?と思ってしまうほど。

だから保険なしで病院に行く、ということは、「誰も病院費用を負担してくれない(←保険に加入していなければ当たり前ですが)」、という事のほかに、この病院が強気で提示してくる目玉が飛び出るようなリスト価格(?)を言われるがままに払わなければいけない、という二重のリスクを背負う事になってしまうのですよね。

先日、こちらのコメント欄で「保険無しでの診察」についての質問を受けた時に、この「保険が無いという問題点」について記事にしようとおもいつつ、出来ないまま、がっさんの保険関連のレスに便乗するようなカタチで書いてしまいました。(でも時間が出来たらこの部分、もう少し突っ込んで書きたいとおもっています。)・・・って、がっさんへのレスにて失礼いたしました。
Commented by racity at 2009-09-14 04:16
そうそうがっさん。話はかわるのですが、私は腹腔鏡の手術を受けて決めたことがあります。私は老後、できるなら日本(それが叶わぬなら、せめて日本食がもっと気軽に手に入るアメリカの何処か)へと引越すことにします。・・・って、「そんなこと、私に言われても。。。」という感じでしょうが(笑)、なんとなく、がっさんにはお話しておこうかな、と思って。

もともと、私はうら若き頃(!)から和食党でしたが(そんな私が誤って?アメリカに来てしまったわけですが)、術後、日本食以外は口にしたくなくなりました。でも私が望む日本食を、誰にもお願いすることが出来なくて(ダンナも子供達の世話で手一杯で、申し訳なくてお願いできず)、体重がどんどん減っていき大台を切る直前までいってしまいました。

近くにいる日本の方が気を利かせて私に素麺&具沢山汁の差し入れてくれて、これで体重減少にストップをかけることが出来たのですが、私はこの土地では老後(体が不自由になったら)やっていけないなということ、痛感しました。
Commented by racity at 2009-09-14 04:24
そんなわけで今から云十年先には日本(もしくは別の、寝たきりになっても日本食が宅配などで手に入るような土地)で生活するということを目標に、これからの人生設計を練っていきたいです。(スペシャルなお子様のこともあるし、自分のおもうようにはいかないかもしれませんが、なにか道がないかを考えるだけ、考えてみようかな、と。)

・・・スミマセン、グダグダと。こんな感じで私も好き放題書かせていただいているので、がっさんも気兼ねなくコメント欄、お使い下さいませ。
Commented by がっさん at 2009-09-15 02:14 x
ここ数日気持ちの良い秋晴れが続いています。
けんけんさん地方はいかがですか?
今日はとうか今日もリフォーム中の家の作業に行って来ました。
毎日たいてい3時間位は作業してくるので、午後から出掛けると
帰宅は4時前。
でも、今日は庭の芝を刈って汗だくになったので1時間程度で
終了して戻って来ました。

ところで、将来の事を私にお話下さり恐縮です。
持病を抱えて外国に住み続ける不安は私も同様に持っています。
私達夫婦は子供もいないので、いずれどちらかが一人になる可能性は大。
自分一人で生活していけるかのか?と問われると自信は無いです。
でも、いずれ近い将来市民権を取らされ、アメリカ国籍になれば
嫌でも覚悟を決めるしかないとも思っています。
Commented by がっさん at 2009-09-15 02:26 x
食事の問題も大きいですね。
私も4年前に手術をした時、手術までの一ヶ月で体重が10kg程落ちました。
原因は胃を圧迫してた腹水にあったのですが、プラス気持ち悪くて
料理をする気になれず、アメリカのスーパーでは食べたい物がなくて、たまーに冷やしうどんを数本すすってただけでした。
ただ、術後いきなり出された病院の食事ですが、
見るからに不味そうな色をした冷えたチキンカツレツを完食。
元気な時だったら反って食べてなかった気がします。
身体が栄養を欲しがっていたんですね(笑)

話変わって、実は先日台所で転倒してしまいました。
旦那が床にシリコンを塗って磨き上げたのが原因で、スケートリンク状態の所をスリッパ履いて歩いてたら左側に倒れました。
その夜は打ち身が痛くて寝られないくらいでしたよ(涙)
一週間経った現在も広範囲にわたって青あざ。
骨折しなくて良かった~。(骨密度が低いものですから)
とっさに手をつかないようにインプットされてるんですよ。
ついたら最後絶対折れると思っています。
Commented by アイタタ at 2009-09-16 22:58 x
こんにちは。けんけんさん、親知らず、いかがですか?体調が良いとき、良いタイミングで上手く抜けると良いですね。お大事にしてください。
前回、エンブレルの経過について、ご心配頂いて有難うございました。残念ながら、現在、中止してます。3回目位から、炎症がどんどん酷くなり、8回目でDr.からストップがかかりました。ヒュミラに一度戻したのですが、ヒュミラでも炎症が出てしまい、2回でストップしました。薬の効果が諦められず、アイスパックや塗り薬やら駆使したのですが・・・・、最後は私も納得しました。炎症から解放されて、気持ちが楽になりました。
薬を抜いてみて、改めてヒュミラやエンブレルの効果を感じます。半年間、元気に動けて、良かったです。代替薬として、DrからRituximabを薦められたのですが、躊躇してます。今はMTX、Plaquenil、痛み止めで凌いでいます。ちょっと今、気持ちのリハビリ中です。治療は理想通りにいきませんね。低空飛行で頑張ります。
がっさんさんも怪我されたようで、心配です。どうぞ安静になさって下さい。
季節の変わり目なので、皆さん、どうぞお大事にしてください
Commented by racity at 2009-09-17 12:27
私の地方もここ数日は秋晴れが続いています。晴れの日はさわやかでよいのですが、日光で目や皮膚を刺激されてしまう私には、ちょっと苦手な天候です。今日は少々曇り空だったので助かりました。

ところでがっさんっ。さらっと書かれていますが転倒されたなんて、一大事じゃないですかっ。恐ろしいことにならず、よかったです。しかし、事故から1週間でもうリフォーム&庭仕事に戻っているのですか?大丈夫でしょうか。あまり無理せずに大事にしてくださいね。

またまた将来(老後)の話になりますが、食べ物、大事な要因ですよね。以前、何処かで書いたかとおもいますが、コミュニティカレッジでクラスをとっていた時、異文化というテーマの授業を受けました。その時、先生が「外国で生活する際、一番大切なのは其処で入手できる食べ物が口に合うかどうかだ。」言っていました。

あの話を聞いたのは何年前だったかな?その当時、「そうそう、食べ物、大切よね、大切。」などと分かった気でいましたが、あの時の私はまだまだ青?かった。。。今回の出来事で、彼女が言わんとした事、やっと理解できたような気がします。
Commented by racity at 2009-09-17 12:48
将来のこと、がっさんもも悩みや不安はつきませんか。私も自分のこともそうですが、残されてしまうスペシャルな子供のことも(が)一番の心配で。

この人は現在、診断時に比べて障碍が軽くなった為、国からの支援を受けることは無理なので一人で生きていくしかなく、そんな彼には日本とアメリカ、どちらが住みやすい、生きやすい土地なのだろうかと考えてしまいます。

本人は日本食が大好きで、日本に住みたいなどと言って、現在、日本語も勉強しだしたところなのですがどうなることやらで、、、まあお互い、なるようにしかならない、という感じでしょうか。なんだか歯切れの悪いレスの締め方になってしまいましたが、お互い、ボチボチやっていきましょう。
Commented by racity at 2009-09-17 14:10
アイタタさん。エンブレル、ヒュミラが相次いで中止になっていたとは。。。初めに使われていたヒュミラがそこそこ好感触だっただけに、残念でなりません。そんな心身ともに不調の中、ご丁寧に近況報告、ありがとうございました。

ドクターからリツキシマブを薦められて躊躇されている、とのこと。新しい治療をスタートさせるには、それなりに覚悟が必要ですよね。私もMTX 、ヒュミラを始める前にはメリット、デメリットを挙げて、毎日毎日どうしたものかと悩んだものです。

でも、リウマチ治療、別に新薬に拘る必要は無く、もしリツキシマブがあまり乗り気でないようならばMTX の量を調整してみたり、MTX、Plaquenil、にアザルを加えて3種で行う治療方法を試してみたり(アメリカでのスタンダードなリウマチ治療です)、その他まだまだ選択肢はあるとおもうので、ドクターと話し合って、なんとかアイタタさんの納得がいく治療法を見つけられるとよいのですが。。。くれぐれもお大事にお過ごし下さいませ。
Commented by がっさん at 2009-09-28 10:05 x
けんけんさん、こんばんは。
リウマチの痛みとお腹の痛みのダブルパンチはきついですね。
朝のこわばりと言えば、最近1年以上なかった朝のこわばりが
若干出てきています。
季節の変わり目が原因なのか、2年以上薬の量も増やさず快適に過せていたから、そろそろ今の量では駄目になりつつあるのか
気になるところです。
特に右手のこわばりが顕著に現われています。
経験上血沈の数値が上昇中ではないかと思っていますが、
ペンキの塗り過ぎもあるのかなぁ~。
親知らずの方はどーなりましたか?
私も来月クラウンを取り替える事にしました。
また$2000近くが飛んで行きます。
とにかく、今の時期は私達にとってはあまりパっとしない
気候ですが、ぼちぼちやっていきましょう。

アイタタさん、
ご心配頂きありがとうございます。
打ち身もやっと薄くなってきました。
これからは気をつけて歩きます。
アイタタさんも早く自分に合った薬が見つかるといいですね。
お大事になさって下さい。
Commented by racity at 2009-09-28 12:10
がっさんも強張り、出始めていますか。がっさんの体調不良、季節の変わり目なども理由としてありそうですが、なんといってもペンキ塗りなどのりフォームが原因のような・・・。よく働かれているなぁ、とおもいます。

親知らずですが、あれから連絡来ないんですよね、歯科医から。商売っ気が無いというか、いい加減というか。連絡来ないのは何か事情があるのかもしれませんが、いくらなんでも私のリウマチ医に薬使用について質問するのと、保険会社へカバー率を聞くので3週間かかるとは思えないので(前回の診察から3週間以上経ってます)、このドクターをこのまま信頼してもいいのか、私のかかりつけの歯医者に相談してみようかな(紹介してくれたのはかかりつけ歯科医ですが、もう一度確認してみようかな)、なんて考えてます。

明日はリウマチ医とのアポがあるので、抜歯時の薬の使用については、私の方からも質問してみようとおもいます。しかしお互いに骨だけでなく、歯にも手がかかりますよねぇ。治療、問題なく終えられますように。
Commented by がっさん at 2009-10-02 11:36 x
インフルエンザの予防接種はもう受けられたんですね。
新型の方は躊躇する気持ち、よく解ります。
実は私は、どちらも受けるつもりがないのです。
基本的には感染しないのに越した事はないのですが、
万が一に備えて「タミフル」をもらいました。
おかしいな?と思ったら即服用し、ドクターに連絡するという方法です。
なるべく人ごみには行かない様にしたいと思っていますが、
病院が一番のネックですね。
Commented by racity at 2009-10-03 01:17
がっさんはタミフル、既にゲットされたのですね。
備えあれば憂いなし!ですね。

私も、この冬は図書館(特に児童書エリア)などの利用、ショッピング・モールなどへ行くのはなるべく控えようかな、と思っています。

あとは手洗い、うがい?を外出の度に心がけ、なんとかのりきりたいとおもいます。お互いに罹らないよう、罹ってもひどくないようにしたいものですね。
Commented by がっさん at 2009-10-17 11:04 x
お知り合いの方が亡くなられたんですか。
心にぽっかり穴が開いてしまった様な淋しい気持ちはよく解ります。
その方は何よりもお子さんの事が気がかりだったでしょうね。
ご冥福をお祈りします。

私の方と申しますと
日本から友達が来ていました。
わずか1週間の滞在でしたが、方言を使えて楽しい時間でした。
友達が帰国した途端冬が到来。
冷たい雨が2日間降り続いていて、ついに暖房を入れました。
急激な気温の変化に身体がついていけませんね。
けんけんさんも気をつけて下さいね。
Commented by racity at 2009-10-17 12:56
お友達と楽しい時間を過ごせたようでなによりです。がっさんは方言のある地域出身なのですね。方言は言葉に温かみがあってよいですね。日本は小さな国なのに、場所によっては何を話しているのか分からないくらい、地元独特の言い回しやら言葉があって面白いです。

お気遣いの言葉、ありがとうございました。本当にここ数日でかなり冷え込んできましたので(私のところも3、4日前から暖房、いれてます。)、がっさんの方こそお身体ご自愛下さいませ。
Commented by がっさん at 2009-10-20 22:37 x
けんけんさん
おはようございます。
本日は午後から歯医者です。
9月からたまたま診察のアポが一つもなくて、久しぶりに
病院から解放されていましたが、今日の歯医者を皮切りに
来週は血液検査、次の週は婦人科、リウマチ科、別の歯医者と
11月は病院ばかりです。
ちょうど全ての診察が同じ月に重なる事が時々あるんですよ。

ところで、Yahooのニュースで知ったんですが
女優の南田洋子さんがくも膜下出血で緊急入院。
Commented by がっさん at 2009-10-20 22:46 x
この病気で母も姉も手術を受けてるだけに、つい記事を読んでしまいました。
南田さんは数年前から認知症で、ご主人の介護を受けられてましたが、4月頃軽い脳梗塞で一度入院したとありました。
ふとここで疑問に思ったんですが、その時に脳のCTやらMRIやら撮ったはず。
なんでくも膜下出血の原因になる脳動脈瘤を見つけてあげなかったのか?
破裂する前に手術をしていれば、まだまだご夫婦で一緒に過せる時間もあっただろうにと。
長門さんのコメントによると、医者から「今後はもう治療はしません」と言われたらしいです。
意識もきっと戻らないままなんだと思います。
もともと認知症に加え、今回の出血で脳は本来の機能をほぼ失ったと思われます。
残念な事ですね。
そう考えると、私の母と姉はとても幸運だったと思います。
医者の判断次第で予後は随分違ってくるものですね。
Commented by racity at 2009-10-21 22:53
歯の治療、いかがでしたか?(以前お話されていたクラウンの取替えをされたのでしょうか。)

がっさんのお母様とお姉さま、クモ膜下出血を起こされていたのですね。名前はよく耳にするけれど、詳しい病気の実態を知らなかった私、Wiki にてチェックさせていただいたところ、、、お二人とも病気を乗り越えられて今を過ごされているようで(病気の再発防止に努めなければいけなかったり、発病により現在、生活に不自由さを感じられているかもしれませんが)本当になによりです。

発病時にお二人の周りにおられた方達の対応、病気の状態、病院での処置、これらがベストな状態でかみあったのですね。特に、(病気の状態と病院での処置は運任せですが私達ではどうすることも出来ませんが、)発病時の周りにおられた方の対応は大切ですよね、これで病気の命運を分けてしまうといっても過言ではないくらいに。
Commented by racity at 2009-10-21 22:54
偶然ですが、私がたまにのぞくブログ(発達障碍関係)があるのですが、その方の義弟さんが最近この病気で亡くなったという話を読み、このこと、痛感しました。(・・・といっても、どんなに初期の対応がよくても、どうにも手の尽くしようが無い、という場合もありはするので、初期の対応が云々と決め付けてしまうのはよくないですね。)

おふたりが再発無く、穏やかな日々を過ごされますように。がっさんも11月は病院通院月間とのことですが、問題なく検診をクリアし、楽しい感謝祭を迎えられますように。
Commented by がっさん at 2009-10-21 23:05 x
おはようございます。

昨日の歯医者はスムーズに事が進み、2週間後には新しいクラウンが装着されます。
古いのは銀だったのですが、今回はグレードアップで金。
でも見た目が・・・・と心配してましたら今時はホワイトゴールドなんてのもあるんですね。
なので見た目的にも以前と変わらず一安心。
尤も、一番奥の歯なので外からは見えませんが。

母も姉も驚異の回復力で、術後数ヶ月でほぼ元通りの生活に戻る事が出来ました。
姉などは入院中に3度も手術をしたのに、退院後10日で仕事に復帰。
二人共、後遺症もなく今は元気に暮らしています。
Commented by がっさん at 2009-10-21 23:09 x
一家に二人もこの病気になる事が珍しいのですが
どちらも社会復帰をしてる事もかなりの幸運です。
自覚症状は血管が破裂するまで殆ど無く、脳ドックとかで
検査するしか予防法はなさそうです。
ただ、血圧が高い人は要注意。
ほんと二人が元気になった事をいつも感謝してるんですよ。

けんけんさん、最近の体調はいかがですか?
予防接種の件はどーなりましたか?
季節の変わり目、体調管理に気をつけましょうね。
<< 過去のコメントその11 過去のコメントその9 >>