抜歯のフォローアプ・アポ
今日は親知らずの抜歯のフォローアップ・アポに行ってきました。

傷口の治りは順調なようで、これにて口腔外科医とのアポは終了となりました。

今まで、なるべく患部の歯ブラシは避けていたのですが、今日からは歯磨きもOK となりました。「多少、出血があるかもしれないけれど、それはノーマルなことなので気にしないでね。あと、歯を抜いた後のピラピラしている部分は直にくっつくようになるから心配しないで。」とのこと。

さあ、これで一つ、懸案事項に片がつきました。
中止していたヒュミラも来週から再開させることが出来ます。

ここ1、2ヶ月、体調がボロボロだったことは何度か書いていますが、リウマチ的にも体調、最悪な状態になっていたのでヒュミラ再開は嬉しいです。

リウマチ悪化の原因は、抜歯の為にヒュミラをスキップさせていたから、というのが一つ。でもヒュミラ中止だけだったら2ヶ月くらい乗り切れそうだったんですが、それにプラスして最近肝機能が悪くなりMTX も中止となり、これが結構、堪えました。
(肝機能の悪化は11月中旬に受けた血液検査で分かったのですが、10月下旬辺りから体調崩していた時には自主的にMTX をスキップしており、結局ここ2ヶ月はヒュミラだけでなくMTX もあまり服用していない状態だったもので余計に、でしょうか。)

具体的にどんなふうにリウマチが悪化しているかというと、、、この一週間ほどは階段を後ろ向きで降り、手のこわばりがほぼ一日続き、イスに座ったり立ち上がったりの動作がキツクなっています。せっかくゼロになったステロイドを再び5mg前後/日で復活させました。

肝機能悪化ですが、MTX が悪さをしているというよりも、体調を崩した際に薬をいろいろ摂ったもので(抗生物質、熱さまし&消炎鎮痛剤、それにタミフル)、それが理由で一時的に問題がでてしまったのか・・・とおもっています。

また、子宮内膜症の治療薬のLutpron 辺りも怪しく(以前もホルモン・コントロールをするピル&MTX の組み合わせで肝機能悪化を経験しました。初めはMTX が悪者扱いされていたのですが、最終的にピルが悪さをしていたことが判明し、ピル中止&MTX 再開というながれで今に至っています。)、取りあえずはMTX をあと1週お休みし、再度血液検査で肝機能がどうなっているかを確認することとなりました。


最近は血管炎もしくはリウマチ以外の膠原病による皮膚炎(潰瘍)も活発になってきているし、肋骨の件もあるし、その他問題が目白押しだったもので、大殺界は続くよ何処までも・エンドレス状態突入!?なんてこともチラチラ頭をかすめていたりしたのですが、「抜歯後が順調に回復(今のところ)」と久々に良いニュースが来、少しばかりホッとすることが出来たのでした。
[PR]
by racity | 2009-12-03 07:38 | リウマチ
<< レントゲン&血液検査結果 ようやく!?かかりつけ医とのアポ >>