肝機能再チェック & ステロイド減量
先週、肝機能の再検査(プラス、その他諸々の血液検査)をしてきました。

結果、AST (SGOT )は正常値と異常値のボーダー辺りの「32(正常値は10-30)」、ALT (SGPT )が「28(正常値は6-40)」と正常値でした。

この値だとMTX 服用に問題がないようで、ドクターからは何も連絡が来ませんでした。

ついでに、CRP は1mg/L 以下で正常値。血沈は「4」で問題無し、でした。

異常値はBUN 、クレアチニン、カルシウムにでていましたが、正常値とほぼ変わらないくらいの値なので、気にする必要はなさそうです。

明日はリウマチ医とのアポがあるので、検査結果とMTX 服用のこと、確認しておきたいとおもいます。


話は変わり、ステロイド減量です。

ここのところ朝から忙しい日が続き、先日、うっかりステロイドを服用するのを忘れてしまいました。その日の夕方、なんとなく体が痛重い感じになり薬の飲み忘れに気づいたのですが、これくらいの痛さならヒュミラを続けていくうちに改善されてくるのでは、と、それ以来、ステロイド服用をやめました。

とは言え、たった1mgでもステロイドの減量すると体にこたえるもので、あれから手指に微妙~に腫れ痛みが続き、足にも痛みがしっかりと戻り、長距離を歩けなくなってしまいました。あと1週間ほど様子を見、日常生活に支障を感じるようなら、ステロイドの生活に戻りたいとおもいます。
[PR]
by racity | 2010-01-25 10:29 | リウマチ
<< リウマチ・アポ 神経炎 >>