過去のコメントその12
過去のコメントその12(2/14/2010~5/10/2010)

コメントがだらだら伸びると読みにくくなるかな?ということで、30前後のコメント数で区切りを付け、片付けるようにしています。

ですので、コメントを書き込もうかと考えている方は、このスレについているコメント欄ではなく、ブログトップにある「RAリポートご覧の皆様へ」の記事にあるコメント欄へと書き込み、お願いします。
[PR]
by racity | 2001-01-01 01:12 | 過去コメント | Comments(30)
Commented by racity at 2010-02-15 12:12
がっさんへのレスになります。

> となりのおっさん車を出す気はさらさらないらしく、自分側の雪かきを全くしていないのですよ。

分かる、分かるよ~、がっさんっ。うちの近所にもいます、このような隣人が。

私はタウンハウスに住んでおり、カタカナのコの字型駐車場を隣人の皆様と共用しているのですが、面白いです、雪かきをしていると。この雪かきからドラマがうまれる、というか、隣人のパーソナリティーが雪かきを通して見えてきて興味深い、というか。
Commented by racity at 2010-02-15 12:13
雪かきしようとシャベルを持って外に出たものの、あまりの雪の多さに立ち尽くし、無言で家に帰った人。

「雪かきイイね~、近所の人達とのコミュニケイションがはかれる絶好の機会だね~♪」と陽気に話すだけ話して、肝心の雪かきはほとんどせずに家に戻ってしまった人。

他所の人がきれいに雪をかき終えた場所に、ドサドサと自分の車の雪を落とすだけ落として、一仕事終えたとばかりにその場を去ってしまうヒョエーな人。

そういう人達を尻目に、黙々と雪をシャベルですくって雪捨て場へと運ぶ人。

自分は家から一歩も出ない!ということを誓ったかのように、いまだに車に雪を積もらせたままにしている人。

もう、本当にいろいろな隣人がいて、見ていてあきることがありません。

・・・っと話が横道にそれましたが、、、がっさんは果たして車をだすことが出来たんでしょうか、どうでしょうか。月曜、火曜の雪はまだまだハッキリと予想がつかないようで、どうなることやら、です。
Commented by がっさん at 2010-02-19 01:14 x
けんけんさん、水曜日には無事にヒュミラを手にする事が出来たのでしょうか?

いや~、他人事ではないと思いながら「悪夢」の話を読ませてもらいました。
悲しいかな、アメリカに住んでると「あるある~」と納得してしまう自分があります。
過去に同じ様な事が何度もありました。
処方箋をもらう→メールオーダー→「近日中に発送します」→届かない→確認電話→「ドクターから直接連絡をもらわないとこの薬は出せない」→ドクターに電話(直接話が出来るまでかなりかかる)→メールオーダーの薬局に電話確認→「ドクターからの連絡がまだない」→これを数日間何度か繰り返す→やっと薬局側とドクターの会話が成立→「処方箋に書かれている数量が違うので出せない」
つづく・・・
Commented by がっさん at 2010-02-19 01:15 x
(何で最初にそれを言わない!ドクターと話したんだったらその時確認してよ)→またドクターに電話→連絡がつかないから直接オフィスへ→数量変更を頼むが診察中のため待たされる事2時間→やっと手にした処方箋20に×して15と書き直しただけ(2時間???)
→それを持って近くの薬局へ→20分後薬ゲット。
じゃあ何?近く薬局へ最初から行けば20分しかかからなかったのに何日も無駄なやり取りをやってたわけ?

すみません、けんけんさんの怒りが自分のものとなってしまい
長々と書いてしまいました。
Commented by racity at 2010-02-19 14:56
がっさん、

はい、無事にヒュミラをゲットすることが出来ました。記事にアップしたように、「8本」もね!

私は今年、薬のCo-pay が新薬でも1ヶ月分$20だから8本分一括購入出来ましたが(あ、あとHumira Protection というプログラムにも入っていて、現在、ヒュミラ2本を$5で購入出来ることもあり。)、コレ、保険がなかったり、プログラムに入っていなかったりしたら、どうなっていたことか。。。

ところでがっさんの体験談、クリネックスで目頭押さえながら読ませていただきました。。。←あるよね、あるよね、こういうこと!

私だけじゃなかったんですね、こういう、ぷぎゃーな体験は。なんだか私は不幸を呼び寄せる体質なのか、物事が上手くすすまないことが多いような気がしていたのですが、やはり、アメリカに住んでいれば誰でも経験することなのでしょうか。

こういうことが起こる度に「けんけん、平常心、平常心っっ。怒ったらそこで負けなんだゾっっ。」と自分に言い聞かせる日々です。
Commented by がっさん at 2010-02-26 04:54 x
その後体調の方はいかがですか?
明日はまた雪マークになっています。
少し暖かくなったと思うと途端に寒さがぶり返し、体調コントロールも難しいです。

今日はホワイトハウスでヘルスインシュランスのサミットが行われている様ですが、少々先行きに不安を抱きながらNEWSを見ています。

万が一民主党が押し進めている保険制度が導入されてしまったら、
確実に今後の治療に影響を来たすと懸念されます。
特に私達の様に慢性の病気を抱えている者にとっては
最悪の保険制度と言わざるをえませんね。
既往の病気はカバーしない!っていったい。。。
今まで通りの治療をしようと思うと自己負担は莫大なものになるのは必至でしょう。
若くて健康な人のみを対象にした様な保険制度。
どーなってしまうのでしょうか????
Commented by racity at 2010-02-28 07:16
がっさん、気温の変化に体調コントロール、苦戦されているご様子。

私は気温や天候に体調が左右されることは無いようですが、2度に渡る尋常でない量の雪かきに随分と身体を痛めつけられたのと、未だに残っている雪による太陽の照り返しで目をやられ(眩暈と頭痛が起こっており)、がっさん同様、苦戦中です。


新しい保険制度ですが、がっさんはしっかり勉強されていますね。

>既往の病気はカバーしない!っていったい。。。

今回のことはダンナと「やはりアメリカには国民全員(特に子供達)が持てる保険が必要かなぁ(その為にはサポート出来る層で協力しなくてはいけないかなぁ。)」、という話になってきているのですが、上の案はいただけないですよね。(低所得層という)弱者に救いをもたらそうという法案で、別の意味での(病気持ちという)弱者にしわ寄せ!?、、、納得いきませんよね。

と、知ったように書いていますが、実は私、サミットのニュースもチェックいれていたものの(それぞれのおおまかな民主と共和党の主張は分かりますが)、プランの詳細は勉強不足で分かっていなかったりして(←おい!)。
Commented by racity at 2010-02-28 07:16
先程、大統領がだしている改革案をネットで見つけたので、概要やトピックだけでも目を通して、今の状態からどんなふうに変わっていきそうなのかをチェックしたいとおもいます。

話はかわりまして・・・アメリカ東方面、またまた大荒れでしたね。
ラッキーなことにけんけん地方、今回は雪かきするほど雪が降らずにすみました。(天気の話をしていると、けんけん地方はあの辺りか?とうすうす気づかれたかもしれませんが、どうかがっさんの心の中にのみ、とどめておいて下さいませ。)

今シーズン、ものすごい量の雪をかいたおかげで、我が家のシャベルは次々と壊れていき、もう使えるシャベルがなくなってしまっていたので助かりました。現在、シャベルは完売で手に入らないので、これ以上降られたら困ってしまいますっ。3月はまだまだ積雪の可能性アリなので、なんとかこれ以上はご勘弁を、と神頼み状態です。

がっさんも春になるまでくれぐれも無理されませんようにっ。またいつ、雪かき部隊に召集かかるか分からないですし(笑)。冬の間はお互いに体力温存に気を配り、体に負担をかけないようにやっていきましょう。
Commented by がっさん at 2010-03-02 01:16 x
リウマチ歴10年になるんですね。
「おめでとうございます」は可笑しいので、特別な言葉は書かないでおきます。

私は約8年になります。
私のリウマチは発生当時に大暴れしまして、とにかく「こんな痛みがこれ以上続いたら性格まで変わりそうだぁ~」とちょっと弱音を吐き掛けていました。
私も一応に色んな物に手を出しました。
寛解を目指すというよりも、一時でも良いからこの痛みから逃れたい一心でしたね。
3年目頃からやっと落ち着き始めてくれて、今は文句は言えないくらいの状態です。

けんけんさんのリウマチは発生当時と比べるとマシですか?
それとも今の方がキツイですか?

お互い、いつか「寛解」になれると素晴らしいですよね。
・・・・どーかな~。

最近試験的にボルタレンを止めています。
(自発的にです)
飲まなくても我慢出来れば良いし、やっぱり痛ければアラバを増やしてもらった方が良いのか?と思ったり。
来月の診察までにじっくり観察しようと思います。
Commented by racity at 2010-03-03 13:15
リウマチって、長い時間をかけてジリジリゆっくり悪化していくタイプと、発病とともにあっという間に全身に激しい炎症が起こってしまうタイプと、大きくわけると2種あるかとおもうのですが、私の場合は後者だったもので、がっさんと同じく発病当時は辛かったです。

アレ?膝や足首が痛いかな?と思っているうちにあっという間に身体中を激痛と腫れに襲われ、眠ることも出来なくなりました。そして関節にセメントを流し込んだかのようにガッツリと強張りが起こり、これが(朝だけでなく)続くこと一日中。ガチガチに身体が固まっている状態で、でもしなければいけない事があり寝ているわけにもいかず、バキッボキッ、と固まった関節を無理やり折り曲げ、泣きながら雑事をこなしてました。今思い出しても、自分頑張ってたなぁ!と思います。・・・というわけで、発病時より現在の状態の方がマシになっています。
Commented by racity at 2010-03-03 13:18
消炎鎮痛剤、私は普段、OC のAleve を服用しているのですが、私も(これまた)がっさん同様、現在、使用ストップしています。というのも、消炎鎮痛剤により、リウマチ以外の痛みや炎症に気づくことが出来なくなってしまい、それが私の今の状態では(子宮内膜症やその他の病気との兼ね合いがあり)少し、困るかなぁと。ボルタレン、は胃腸には負担がかかってしまうかもしれませんが、痛みには効きますよね?ストップされていて大丈夫ですか?お大事にどうぞ。

寛解、今はまだ気配も感じられないかもしれませんが、忘れた頃にヒョッとやってくるかもしれませんっ。
Commented by がっさん at 2010-03-04 00:02 x
昨日は3ヶ月ぶりに歯医者に行って来ました。
チェックアップとクリーニング。
去年の11月にクラウンを一つ新しくしたのですが、今回は何もなく終るだろうと思っていたのに、また。。。
別のクラウンも気になる個所を発見されてしまい、「うっ。また
いらぬ出費が・・・」とガックリしています。
何で一度に見つけてくれないんだろう?
歯の話はともかく、けんけんさんのリウマチも発生当時の方が
もっと活発だったんですね。
薬の効果で以前よりは落ち着いている事が嬉しいですよ。
Commented by がっさん at 2010-03-04 00:02 x

私は最初の頃日本の大学病院のリウマチ科に通っていました。
担当の医師が教授だったため、診察日が週に2度で午前中のみ。
そこに患者が殺到していました。
私は月一の水曜日が診察日で、毎回同じような顔ぶれ。
私よりもかなり年齢もリウマチ歴も先輩の女性二人の話を聞いていて「あ~、いつか私もあんな風に痛みが治まるのかな~」と
羨ましく思っていました。
二人はリウマチ歴15年とかそれ以上で、人工関節を既に入れてたりします。
それでも「あら、私なんか最近小走りだって出来るわよ~」と
笑って話をしていたのが印象的。

リウマチ歴8年目にして「私、小走り出来るのよ」と友達に言ったら、笑われました。
友達はリウマチではないので意味が解らなかったようです。
Commented by racity at 2010-03-05 12:55
えーーーーがっさん、また歯の治療(クラウン)ですか!
歯の治療っていつ受けてもイヤですよねぇ、、、あの独特の匂いと脳に響くドリル音だけで気持ちがいっぱいになるところに、立派な請求書までついてきますもんねぇ。

しかしがっさんのこと、他人事じゃないです。私も来週、歯のクリーニングが入っているのですが、自覚症状のある歯があるもので(親知らずを抜いてから、痛みがでている歯があって。もしかしたら抜歯の際に神経を傷つけられて、ということかもしれませんが)、コレがどうなっているのかビクビクしています。

がっさん、日本での主治医は大学病院の教授だった方なのですね。そういうドクターは忙しそうですよね、部下の世話、研究、論文、会議、諸々あって。患者は、アポはなかなかとれなくて、診察時には待たされて、、、診察受けるのも一苦労だったのではないでしょうか。でも、待合室でリウマチャーの方々と知り合いになれるのはよいですね。

小走り出来るようになること、発病時に辛い思いをしたリウマチャーにとっては嬉しいですよね。私は階段を下りる際、後ろ向きにならなくても下りられるようになった事が嬉しかったです(笑)。
Commented by ボルボ at 2010-03-11 12:58 x
お久し振りで~~っす!! 祝?10年なんですね~。

そうですね~。遠い目。10年前は燃えてましたね~。(笑) 私も今はけんけんさんと同じ心境です。「寛解って何?」って笑えました。

私は数えてみたら、もうすぐRAを発症して25年です。既にチョーベテラン患者になりましたよ~。
Commented by racity at 2010-03-13 00:18
お~、リウマチ打倒を心に掲げ、日夜、リウマチ寛解についてリサーチ?を繰り広げていた時の大先輩でもあり同志でもあったボルボさんだ!お久しぶりですっ。あの頃はホント、若かったっていうか、闘志燃やしてたっていうか、元気だったっていうか。

うちもあれから(いつから?)色々ありまして、日本行きのフラグがたったり、ダンナが無職になりかけたりしましたが、今、彼はボルボさんもご存知の面白い?職場で仕事してます。←アメリカの景気、いまだに状況最悪で何処の職場も資金繰りが厳しく、彼もいつまでそこに居られるか分かりませんが。

あの長男も来年には高校生、次男も私のリウマチ歴=彼の年齢なので10歳になりました。こんなふうに年月が過ぎていくのだもの、私達が立派なベテラン・リウマチャーに育ってしまうのも仕方ありませんね(笑)。

・・・とボルボさんへ真面目にレスつけながら、実はいただいたコメント、ボルボさんの成りすまし(!)からのものだったら笑っちゃうな、などと思ってしまいました。本物のボルボさんだよね???←って失礼な!
Commented by ボルボ(ホンマもん) at 2010-03-14 12:11 x
アハハ、けんけんさん、本物ですよ。最近は忙しくてあまりRA関係のサイトを見ていないのですが、先日ふと見たけんけんさんのところで全く同じ感慨を抱いていたことに気付き、思わず書き込みをしました。着々と記事も書き続けているけんけんさんに感心しています。私なんか途中放棄状態ですからぁ。

もうご長男、高校生で、次男君は10歳なんですね~。やはり、時は確実に経って私達の「打倒リウマチ!」の意欲も薄れたということですかね。あのころは燃えてましたね~。意欲満々でしたね~。リウマチ医療の発展に対するなんともいえない期待感みたいなものもありましたし。それに比べて今は、どうしたんでしょうね。生物製剤もいろいろ出てきて、私たちチャレンジャーはすることがなくなったんでしょうか??
Commented by ボルボの続き at 2010-03-14 12:12 x
私は沖縄を離れてからもう3年。沖縄のゆっくりペースからこちらのまじめしっかりペースになかなか移れず、四苦八苦しています。沖縄のペースはリウマチャーペースって言うか、ユニバーサルペースと言うか、誰にでもちょうどいいペースでしたね、今から思えば。でも、こちらは皆さんまじめで徹夜もかまわず仕事をする体力と気力の持ち主なので、ペースをあわせると必ずあとで「入院」と言うおまけがついている私です。(苦笑)やっぱり無理が利かないなあとつくづく思いつつ、でも、諦めず、あきれられつつやっています。(と近況はこの辺で)またね~。
Commented by racity at 2010-03-16 13:19
ボルボさん、本物でしたか(笑)。(っていうか、コメント欄で成りすましって、誰得?って感じですが(爆))。よかった、よかった、久しぶりに話ができて。

そう言われてみればこのブログ、細々とですけどよく続いてますねぇ。ボルボさんのブログと違って、更新頻度も低いし、内容も薄いし、ひっそりと運営しているし(開店休業状態)、そういうのが長く続く秘訣かもしれません。←そういうブログじゃ、長く続いていてもあんまり意味が無いような気もしますが(笑)。

今のところ、心か身体が壊れるまでは続けようかな、と思っているので、また気が向いた時にでも覗きにきてくださいな。

そちらでの生活、まだまだ落ち着かないご様子。っていうか、徹夜での仕事は本気で心配です。お身体、くれぐれもご自愛くださいませ。
Commented by アイタタ at 2010-03-20 12:02 x
けんけんさん、ご無沙汰してごめんなさい。とうとう帰国することになりました。こちらを参考にさせて頂いて、なんとか治療が続けられたこと、感謝しています、有難うございました!ヒュミラ、私には合わず残念でしたが、今後もヒュミラ効果を期待できるといいですね☆(ヒュミラの配達、私もトラブル続きだったので、頷きながら拝見しました。特に夏は大変でした・・)先日最後の診察に行った際、ドクターに未使用のヒュミラ、エンブレルをお渡ししたら「無保険の方に使わせてもらいます」と。いいのか分からなかったですが、誰かの役に立てるなら嬉しい事です。今はMTXとプラコニルの治療で落ち着いています。日本の治療で、何か新しい発見があったら、ここで又報告させてください、春先は不調になりがちですが、皆さんどうぞお大事にしてください。有難うございました。
Commented by racity at 2010-03-21 13:04
アイタタさん、

ご帰国されるのですね。お忙しい中、コメントをありがとうございました。こちらこそアイタタさんのお話、興味深く聞かせていただいていました。

アイタタさん、アメリカという、文化や医療システムが日本と違う国でのリウマチ治療、大変なことも多々あったかと思います。アメリカでの治療は良いところももちろんありますが、日本でのものと違って患者が気を抜けない部分も多いですよね(双方で体験したヒュミラの配達トラブルなど(笑)。あと確か、以前に薬の注射タイプかペンタイプかで間違えられた、という話もされていましたよね。)、いままで本当にお疲れ様でした。
Commented by racity at 2010-03-21 13:05
ヒュミラ、エンブレルと期待の抗サイトカイン剤の効果がいまひとつでご苦労もあったかとおもいますが、現在、MTX プラスアルファで治療が落ち着いているとの事、なによりです。引越し自体は業者の方がメインで動かれるかとおもいますが、それでもアイタタさん本人がされなければいけない事も多くあるかとおもいます。くれぐれも無理されませんように。

ところでプラコニルというのは抗マラリア薬ですか?副作用のあまり無い、良い薬とアメリカでは言われていてリウマチ治療によく使われるものですが、(既にドクターからお話うかがっているかと思いますが)目の検査だけは日本に帰られても定期的にしっかりと、ですね。←プラコニルが抗マラリア薬でなかったらどうか気にされませんように。

それではどうかお気をつけて。これから先も、アイタタさんのリウマチ治療がどんどん軌道に乗っていきますように!
Commented by がっさん at 2010-03-23 22:44 x
春ですね~。
移動のシーズン。
アイタタさんは日本へ帰国されるんですね、日本からのリポートを楽しみに待っています。
お元気で。

けんけんさんは風邪から花粉症ですか?
症状は少し落ち着いてきてる様で良かったですね。
私も春先はハッキリしない体調が続くので苦手な季節です。
車の上には木の芽?がいっぱい落ちていて、毎回掃除しないと
いけないし、花粉も飛びまくってますし。
ボルタレンを止めたのが原因か、単に時期的なものなのか判ってないんですが、全身が凝った状態です。
ここで飲みはじめたら、またずっと飲み続けると思うのでぐっと我慢しています。

季節の変わり目はキツイですよね。
5月になればちょっと楽になりますかしら。
皆さんも
お大事に
Commented by racity at 2010-03-24 04:47
がっさん、

調子がいまひとつといった感じですか?私もな~んか調子でないんですよね。(私は肝機能の問題で、MTX を減らしているからなのだと思いますが。。。)

それより咳、止まったとおもったのに昨晩からまた復活してきましたっ。(先日からまた、肌寒くなってきたから??)鼻も相変わらずで・・・これはもしかしたら風邪が完全に治りきっていない状態だから?それとも風邪と花粉のダブルパンチ?←それはイヤー

ボルタレン絶ち、上手く?いくとよいですね。そういう私も現在、がっさんと同じく消炎鎮痛剤絶ちしています。消炎鎮痛剤は他の病気の症状を隠してしまうので、なるべくとりたくないなぁ、と。お互い、上手く使わずにすませられたらよいですよね。
Commented by がっさん at 2010-04-16 11:45 x
少しご無沙汰しておりましたが体調の方はいかがですか?
そーなんですよね、夏日だと思ったら突然寒くなったりと
気温の差に身体がついていきません。
気温の上昇と共に芝もぐんぐんと成長しちゃって、私の仕事がまた増えました。
そんな事もあって日々忙しくしております。
ボルタレンをストップしている事を先日医者に告げると
「何で?」と聞き返されてしまいました。
少々の痛みならなんとか我慢出来るので、チャレンジしています。
それにけんけんさんも書かれていたように、痛み止めのせいで
他に何か炎症を起していても気付かないでいるかもしれない。
しかし、医者は「我慢せずに飲んでも良いです。大丈夫」と言うので半錠だけ復活しました。
半分でも飲むと随分楽です。

けんけんさんも新しいドクターと相性が良いといいですね。
Commented by racity at 2010-04-18 06:38
今週初めは厚手のコートに手袋をして外出していたのですが、その後すぐ初夏の陽気へ。そして週末はまた、少し肌寒くなるとか、ならないとか。。。この激しい気温の変化はリウマチャーだけでなく、健康な人達にもキツソウな感じですよね。

ボルタレン、復活されたのですね。服用するとやっかいなこともありますが、半錠でも痛みが楽になるのならば、生活の質向上の為にも服用するのがいいのかと思います。(私の場合は消炎鎮痛剤、一錠服用してもほとんど効き目を感じられないのと、今、リウマチ以外で体に痛みを起こしているモノの正体を確かめたいのとで、体調はいまいちなのですが、このまま次のリウマチ医とのアポまで消炎鎮痛剤無しでいきたいとおもいます。)
Commented by racity at 2010-04-18 06:39
ドクターの「なんでツライのに、我慢して薬を飲まないようにしてるの?」というコメント、私もよく耳にするような(笑)。

神経科医からは「なんで(足が痺れて不快感があるのに)、薬摂らないの?」と聞かれ、婦人科医からは「(Lupron の)副作用軽くなるのに、どうして薬服用しないの??」って本気で不思議がられ。←Lupron 治療して副作用を抑える薬を摂らなかった私は、ドクターにとって珍しいケースのようで。

日本の「我慢できる痛みは、(デメリットを考慮して)出来るだけ薬無しで」という考え、アグレッシブに薬を使って問題解決に臨む(メリットに焦点をあてた使い方をする)アメリカの考え方からすると不思議にうつるんでしょうね。(ちなみにどちらが間違っていて、どちらが正解、というものではなくて、患者は自分の状況にあったベストな方法を選択すればよいということなんですよね。)

お互い、体調の変化に気をつけながらやっていきましょっ。芝刈り、頑張れ!
Commented by がっさん at 2010-04-25 23:04 x
けんけんさん、別の膠原病の疑いがあるのですか?
リウマチその他の病気に加え、また別の病気を併発すると
身体はかなりキツイでしょう。
リウマチ以外の病気に関しては無知なので、どういった症状が出て来るのかも想像出来ないのですが、本当にお大事にして下さいね。
それにここのところ天候があまり安定していないので、風邪にも気をつけないといけません。
珍しく旦那が風邪を引いています。
幸い今のところ移されずにしのいでいますが、横で咳をされると
ちょっとちょっと~と気になります。(移されないかと)
私も月曜日に血液検査に行って来ます。
最近は婦人科、リウマチ科用を一度にやってもらえるように
時間調節してるので、ちょっと楽です。
次の週は婦人科の診察。
お互い通院ばかりで大変ですが、頑張りましょう。
Commented by racity at 2010-04-27 06:28
がっさん、

ダンナ様、風邪をひかれているんですね。最近、寒い日が続いていますもんね。体調を崩す人も多いかとおもいます。

それで、横で咳をされるのは・・・確かに気になるっ。←私はこういう時、咳をしているダンナに「近づかれると困るわ・オーラ」をだしてみたりするのですが、ちょー鈍感なダンナはコレに気づくことがなく、結局、自分でマスクして感染予防に努めてます。

がっさんも気をつけてね。(ダンナ様もお大事にどうぞ。。。)

私事ですが今朝、リウマチ医と会ってきました。多分、シェーグレン症候群という、リウマチ患者がよく持ち合わせる自己免疫疾患を発病したのだろうとのことですが、もしかしたら別の疾患の可能性もあり、これから新たに皮膚科、眼科、でそれぞれ専門の検査を受け、ついでに肺のCT スキャンもとる予定です。

ホント、お互いに通院、頑張りましょうねっ。
Commented by がっさん at 2010-05-10 23:11 x
今週はいっきに気温が下がって春先の肌寒さが戻ってきましたね。
あまりに極端で着る物にも困るし、体調管理も大変です。
けんけんさん、このところ体調が安定していないようですが
Humiraの効きもあまり実感出来ていないとなると、かなり
辛いんじゃないでしょうか。
夏に日本行きを計画されてるとありましたが、その頃には
なんとか安定してくれると良いですね。
つづく
<< 過去のコメントその13 過去のコメントその11 >>