代理かかりつけ医とのアポ
ER のフォローアップ・アポに行ってきました。

前回の記事にもちょろっと書いたように、ネットや知り合いの情報からよさそうなドクター達を幾人か選び、その中からすぐにアポをとることが出来たドクターと会ってきました。

普通、新規で患者になる場合、それ相応のアポを設定しなければいけないのですが(←Physical  checkup。通常のアポよりも時間をとる為、なかなか予約がとれずに1、2ヶ月くらいは待たされる。)、受付の人に事情を説明したら(はじめは難色示されたものの)飛び込みで入れてくれたので有難かったです。

でも有難いながら、アポがすぐ入れられるというのは、別の言い方をするとなんらかの理由でスケジュールに余裕があり、患者を随時募集中ということで、、、一体どんなドクターなのだろうかと恐る恐る?診察、受けてきました。

診察受けた印象は、少々頼りなさげな雰囲気でしたが私の話をしっかり聞いてくれ、今回のフォローアップに対するアドヴァイスも常識的なものでした。私のように複雑な状況の患者を何処まで面倒みれるのかは分かりませんが、その複雑な部分はリウマチ医と連携で対処するようにすればやっていけそうかな、という感じがしました。

このまま、この代理かかりつけ医に私の主治医になってもらってもよいかなぁ(アポもとりやすいし)、と思ったりしつつ、まずは本命の「去年のうちに新患予約を入れていた評判の良い女医さん」とのアポが3月中旬(正確には3月23日)に入っているので、この女性ドクターとの相性をみてから結論だしたいとおもいます。

最後に、感染症の方は順調に回復していました。経口抗生物質のお世話にならずにすんだようです。
[PR]
by racity | 2010-03-12 12:25 | リウマチ
<< マモグラム 本年度、初ER(大した理由では... >>