遅ればせながら・・・新薬認可の話
なんだか体調、パッとしません。

ヒュミラもしっかり打っているし、MTX だって服用量を元に戻したというのに、体調は悪化するばかり。愚痴のようになってしまい、ここを読んでいる方には申し訳ないのですが(でも記録の為に書かせていただくと)、今朝はとうとう、右手指が長時間に渡りに曲がらなくなってしまいました。強張りが朝だけですまないというのは、よくない状態ですよね。手指に限らず、足先、足首、膝、肩とどこもかしこも痛みや腫れがひどくなっており、血管炎による皮膚症状(痛みのある発疹)も右手人差し指と親指に元気よく出始めてしまいました。

なんでこれだけ薬を摂っていながら、このような状態になってしまっているのか・・・考えられるのは、今までの量の薬では、もう私のリウマチ(プラス、その他の病気)を抑えきれなくなってしまったということ。

もう一つは、2月に終えたLupron がいよいよ体から抜けて、体内でホルモン変動が起こり、それに合わせて炎症も活発化してきてしまっているということ。←私は生理になるとリウマチの炎症が悪化するので。薬により止まってしまっていた生理も、近いうちに再び始まるのかもしれません。

話はかわり、リウマチ新薬について。

ボサ~としていたら、知らないうちにアメリカでは新たな抗TNF - α剤が認可されていました。今度のものは月一の自己注射(皮下注射)だそうです。名前は「SIMPONI」。去年、ダンナから、「新しいリウマチ薬のCM 見たよ」といわれていたのですが、現地のフォーラムにチェックいれても、情報にかすりもしなかったので「彼の見間違いだったのでは」と放っておきました。

それが先日、彼がまたまたCM を見つけ、今度は名前をしっかり覚えて教えてもらい、検索かけてようやく認可を確認した、という次第です。。←ダンナ、疑ってゴメンナサイ。

しかもこれだけでなく、たった今 RA City の薬の項目にチェックいれたところ、なんと「セルトリズマブ ペゴル」なる抗TNF - α剤まで去年の春に認可されていたという事実が発覚っ。

最近、新薬でないなぁ、と思っていたのですが、ただ自分が気づていなかっただけだという。。。
[PR]
by racity | 2010-04-21 07:52 | リウマチ
<< 血液検査結果、一部入手 やっと、かかりつけ医とのアポ >>