アポの続き
肝臓異常について。

きれいに正常値入りし落ち着いていた肝臓、MTX を15mg/週に戻して1ヶ月経ったところで、再び不穏な動きを見せはじめました。ついでに、この結果から肝臓値だけでなく、白血球値も2千台に入っているのを確認出来たので(←コレ、かかりつけ医からFax してもらった検査結果で知ることが出来たのですが、ホント、このことをリウマチ医とアポ時に話し合うことが出来てヨカッタ(涙)。。。知らなかったらこの後、面倒なことになってました。)、「多少の肝臓値異常なら、私はMTX を中止にすることはない。」といつもは「肝機能異常時のMTX 使用」に強気なリウマチ医も、白血球&肝臓のダブルパンチにより、MTX 服用中止を決めました。

彼女はMTX の替わりに「ヒュミラはそのまま続け、そこにアザルを追加する。」という案を持ちかけてきました。アザルはMTX 程ではないですが、私には効果のあった抗リウマチ薬の一つだったので、私も異存なく、この組み合わせでしばらく様子をみることになりました。(私はてっきり「ヒュミラも見直しに入るか?」と思ったのですが、ヒュミラはもう少し、使い続けるのだそうです。)


ところで今年の夏、私は日本に長期で里帰りをすることになっています。夏に入る前にリウマチ医に会うことは先生のスケジュール上、無理。次に会えるのは里帰りを終えた8月以降。こんな不安定な体調で「いまいち効きがハッキリしないヒュミラとMTX 程効果の無いアザルの組み合わせ」で日本に行くことにものすごい不安を感じており(日本ではアメリカ以上に動き回らないといけないので。あと、長時間のフライトにもきっと耐えられない!←今のこの状態で飛行機に乗ったら、体が石化しそう。。。)、

「体調が改善されない場合、ステロイド使用を許可してもらえるか。」

確認したところ、OK をもらえたので、お守り代わりにステロイド、日本へ持って行きたいとおもいます。運が良ければ、アザルが効いてくれる。最悪アザルが効かなくても、ステロイドがある。(しかもステロイド、現在、次々とでてきている新しい膠原病の症状が悪化した場合にも使えるし。)頑張って長期フライトを乗り越え、日本に帰りたいとおもいます。
[PR]
by racity | 2010-04-29 12:32 | リウマチ
<< 皮膚科医とのアポ リウマチ医とのアポ >>