皮膚生検の結果
皮膚科のドクターから電話がありました。生検の結果についてです。

私におりた診断名はSweet's (or Sweet) syndrome (英語Wiki より)(日本ではスウィート症候群・スイート病などと言われているらしい)だそうです。*興味のある方はこちらもどうぞ→Mayo Clinic のSweet_syndrome の説明(英語)

よく、膠原病(シェーグレン、SLE、リウマチなど)や癌患者、臓器(肝臓や大腸など)に問題を抱えている患者に併発する、免疫システムが関係した疾患だそうです。

この発疹、治療しなくても勝手に完治してしまう場合もありますが、良くなっては悪化し、と再発を繰り返す場合もあるそうです。

軽度ならステロイドのクリームで症状を抑えることが可能。激しくなった皮膚症状にはクリームではなく、経口や点滴のステロイドで対処していくそうです。

どれくらい厄介な病気なのかは人によって様々なのでなんとも言えず、しばらく様子をみていくことになりました。とりあえず、私は3ヵ月後の8月に皮膚科医に会う予定でいます。

それで現在の私の皮膚症状ですが、リウマチ症状が落ち着きだしたのと連動し、こちらの方も大分落ち着きつつあります。(←今回、ステロイドクリームを処方してもらったのですが、これを使う前に落ち着いてしまった。)ところどころ真っ赤で、白い皮膚と赤い腫れで水玉模様のようになっていた指先が、今ではほぼ、元の状態に戻りました。もちろん、痛みも消えました。

・・・しかし発疹、血管炎から来ているのかとばかり思いきや、全く聞いた事も無いような病名がついて驚きです。。。←リウマチ医は血管炎から来ていたと思っていたし、私も血管炎、もしくは強皮症などの膠原病から来ているのだとばかり。皮膚科医は皮膚科医で、リウマチ結節だとおもっていたし。確かに発疹、自己免疫には絡んではいましたが、皆の予想がハズレた今回の生検結果なのでした。
[PR]
by racity | 2010-05-10 03:30 | リウマチ
<< Colonoscopy (大腸... かかりつけ医とのアポ、再び >>