Colonoscopy (大腸内視鏡検査) 体験記・準備編
私は去年の今頃、大腸内視鏡検査を受けました。検査当日のことは2009年5月12日の記事に簡単に書きましたので、ここでは検査前の準備について記しておこうとおもいます。

<検査日が決まってから>

検査の5日前には消炎鎮痛剤を止める様に言われました。(特にアスピリンやBlood thinners 。)

また、早目に検査に必要なものを用意しておくようにとも言われました。検査に必要なものとは何ぞや?という感じですが・・・腸を空にするためのモノです。

私は、

・Miralax  238g bottle
・4 Bisacodyl Tabs (Dulcolax)
・Gatorade  32ounces ←スポーツドリンクのゲータレード、赤以外のもの。

上記の3点を用意するよう、言われました。全てOTC で購入可、処方箋もなにも必要なかったです。



<検査の前日>

朝起きてからは(正確にはその前の晩に夕飯をすませたら、その後は)、固形物や乳製品を口にしないようにと言われました。

飲み物やゼリーは口にしてよいのですが、透明であること赤色でないこと、が条件でした。例をあげると、ソーダ、果肉の入っていないリンゴやブドウのジュース、ミルク抜きのコーヒーに紅茶、スポーツドリンク、クリアなゼリー(果肉無し)がOKでした。

こうして水分摂取のみで午後3時をむかえたところで、事前に用意しておいた3点セットの出番となりました。

・午後3時・

 Dulcolax を2錠、服用。

・午後4時・

 Miralax 全てのボトルと32オンスのゲータレードを混ぜあわせておく。

・午後5時・

 4時に混ぜておいたMiralax とゲータレードのドリンク、8オンス(1カップ←アメリカでのカップなので、だいたい250ccくらい?)を午後5時に摂取。

 混合ドリンクを摂取後、1時間以内に自分の好きなクリアな飲み物、3カップ分(約750cc)を飲む。

・午後6時・

 5時に行った「Miralax とゲータレードの混合ドリンクを1カップ。続いて、1時間以内に、好きな飲み物3カップを摂取。」を繰り返す。

・午後7時・

 上に同じ。

・午後8時・

 上に同じ。これで作った混合ドリンク、全て摂取完了。

・午後9時・

 Dulcolax を2錠、もう一度服用し、事前準備、全て終了。

=======================================

検査の為の絶食は、特に苦しくありませんでした。

じゃあ何が苦しかったかというと、、、午後5時から始まった「強制下剤摂取」が辛かったです。最初の飲み物セットは問題なくクリアーできたのですが、中盤から終盤は気分が悪くなってしまい、でも指示通りに飲まないと検査に支障がでてしまうからとマシーンのごとく飲み干して・・・とにかくキツカッタの一言でした。←こんな状態だったので、空腹を感じるどころではなく、ある意味、コレはコレでよかったのかもしれません。

しかも中盤・終盤はトイレとお友達状態にもなり、ベッドルームとベッドルームに隣接されたバスルームの2部屋以外、私は何処へも出歩くことが出来ませんでした。←なので、必要なものは全て、ベッドルーム(もしくはトイレ付近)へと用意し、済ませておかなければならない仕事は事前に片付けておくとよいかと思います。

ちなみに、病院によって事前準備の仕方も違ってくるとおもうので、この体験記はあくまでも私の場合、一つのケースとして読んでいただければ幸いです。


最後に、

Colonoscopy (Medline Plus)

↑ このサイトに検査についての説明がされています。(英文)興味のある方はどうぞ。
[PR]
by racity | 2010-05-13 04:22 | リウマチ
<< リウマチ医とのメールやりとり&体調 皮膚生検の結果 >>