CT scan の結果
とうとう6月に入ってしまいました。けんけん地方、茹だるような暑さが続いています。

さて、5月に行った肺のCT scan の結果が昨日、分かりました。正常でした。

もともとこの検査の依頼書をもらった時には、「まあ、間質性肺炎はないだろうな」と踏んでいたのですが、スウィート症候群やらシェーグレンの診断が次々におりていき雲行きがだんだんと怪しくなり(これらの病気では、よく間質性肺炎を併発していることがあるもので)、「ひょっとすると・・・(クロもあり得る?)」なんてことを頭の片隅で思ったりもしましたが、良い結果の報告を受けホッとしました。

一つ事が片がついたとおもったら、現在、新たな懸案事項「足の異常な腫れ(リウマチの腫れではないような、、、皮膚が局所的に赤くなっての腫れ)」&「歯痛」に悩まされています。明日は歯医者に行く予定です。足の腫れはもう少し様子をみてからどうするか(もしかしたら時間経過とともに腫れがひくかもしれないし、悪化した場合、リウマチ医と皮膚科医、どちらに連絡をとればよいのかを)、考えてみようと思います。
[PR]
by racity | 2010-06-01 21:33 | リウマチ
<< 眼科医とのアポ、その2 体調がよくなったと思ったのもつかの間 >>