ステロイド、始めました(再び)
そろそろアザルをスタートしてから6週間が経ちました。
アザルの効果が期待できるのは、服用始めて早い人で1ヶ月してから、通常2ヶ月経った辺りから、と手持ちの本にあったので、効果を実感出来るまでには、あともう2週間くらいの我慢が必要なようです。

その、もうあと少しの辛抱というところで、私の関節、異常に腫れだしました。

ちょうど腫れだしたのが、ヒュミラ効果がきれる頃(そろそろ次の注射日、という頃)だったのと、月のものとが重なった時だったもので、一時的なものだろうと楽観視していたのですが、月のものが過ぎても腫れは悪化していくばかり。消炎鎮痛剤を上限の3錠使ってもダメ。シップをはっても焼け石に水状態。ヒュミラの次の注射まではあと4日もあるのに歩くことさえままならない状態になってしまい、これは本格的にリウマチ再燃 and/or 別の免疫疾患が動き出してしまったか、と途方にくれてしまいました。

こういう激しい炎症を止めるにはステロイドしかないだろうと、リウマチ医にステロイド服用の許可を求めたところ、「1~10mg/日の間で、体調に合わせて好きに使ってOK(ステロイド依存にならないよう、けんけんの匙加減を信じてるからねっ。)。」との返信がきまして、今週の月曜夜から再びステロイド服用を始めました。



<月曜・6/7>
夜、左足が真っ赤に腫れあがる。両膝にもうっすらと腫れが。とにかく足(甲、足裏、足首)が痛くて使い物にならない。びっこを引きながらの歩行。肩にも強烈な痛み。両手に一日中こわばりが続き使えない状態に。体全体が炎症により熱く腫れぼったくなる。

その日の夜にAleve (消炎鎮痛剤)2錠&ステロイド4mg服用。

<火曜・6/8>
前の晩に服用したステロイドがガッツリ効く。朝に強張りはあったものの、起きて体を動かしているうちに抜けていく。びっこを引かなくても歩くことも出来るし、お弁当作りも大丈夫。余裕で家事をこなし、子供達を学校へ送り出した後、かかりつけ医にステロイドの処方をしてもらえないか、電話で交渉し(本来なら薬の使用を許可をだしたウマチ医にだしてもらうのが筋ですが、今回、薬を加減しながら使っていかなければいけなず、一日10mg(1錠1mgのもの)を30日分という内容で出来るだけ早く、そして確実に手に入れるには近くにいるかかりつけ医に処方箋出してもらうのが一番か、とお願いしてみた。)無事にOK がでたので、近所の薬局に薬を取りに行き、ついでに買い物をすます。

早夕飯をすませた後、子供のお稽古事へ。

稽古を終えて帰宅後、ステロイド切れか、足が鉛のように重痛くなり徐々に腫れだす。この日も夜にAleve 1錠&ステロイド4mgを服用し就寝。

<水曜・6/9>
前の晩に服用したステロイドのおかげで、またまた朝は元気に。朝から体全体が軽く感じ、歩けるし、お弁当のおにぎりも握れる。調子がいいので、どうしても必要な、子供達の学校の先生のギフトや夏の教材の買い物にでてしまう。2時間歩き回ったあと、自宅へ戻る。

この日の夜、長男のバンド(吹奏楽部?)・コンサートがあるので、午後に彼の学校へ行き、必要な楽器をピックアップ。この他、次男の方のバンド・コンサート準備と長男の習い事の為、西へ東へ奔走する。この頃から徐々に足に痛みが戻り、腫れだす。両足・甲の部分が真っ赤になっているのを確認。足の裏もおもいっきり腫れているのが分かる。

早夕飯を簡単に済ませた後は、長男のバンド・コンサートへ。1時間のコンサートが終了した頃には、体がガチガチに固まり、激しい痛みに襲われる。歩行が辛く、手の左中指辺りも熱を持って真っ赤になり、右手は指を曲げた状態のまま固まり開くことが出来ず、コンサート時には拍手も出来ない状態に。帰宅後、あまりの足の痛みに、足を床につけることすら出来なくなる。完全に歩行不可能状態に。なんとかヒュミラの注射をし、消炎鎮痛剤1錠&ステロイド4mg服用しベッドに入る。

この時、関節付近にでている皮膚の赤みはもしかしてSweet Syndrome から来ているのかも?と思いたち、熱を持ち赤くなっている皮膚部分に皮膚科医から処方されたステロイドクリームも塗っておく。一晩中、体中の痛みで寝付けず。

<木曜6/10>
ヒュミラを打ったから体調がよくなっているとおもったのに(だいたい、ヒュミラを打った翌日には体調、良くなっているのだけれど)思惑がはずれ、朝から絶不調。体が激しく痛み(でも、昨晩よりは少しマシな状態ではあったが)手が強烈に強張ったままお弁当作りをすませる。歩行もほとんど不可能。頑張って、ゆっくり、ゆっくり体を前へ進めながら歩いて子供を学校へ送り出す。朝一に消炎鎮痛剤を服用・ステロイドクリームを足の甲&手指に摩り込むが、2時間経っても全く効かず、仕方ないのでステロイド2mgを服用。

昨日の午前中、無理をしていろいろな所に出掛けてしまい関節炎を悪化させてしまったので、それを深く反省し、この日は朝からずっと家で静養する。

午後2時くらいから、使用始めたステロイドが効きだしたのか、昨晩打ったヒュミラが効きだしたのか(その両方からか)、痛みと腫れがやや落ち着く。やっと、足をしっかり地に踏みしめての歩行も出来るようになる。手指も閉じたり開いたりが出来るようになり、タイピングも可能に。明日は朝から病院関係の予定が沢山つまっているので、とにかく今日は動かない、無理をしないことを信条に生活する。

といっても、夜には次男のバンド・コンサートがあるのでそれには出掛ける。
コンサートから帰宅後も、この日の夜はなんとか、就寝まで歩ける状態でいられる。

ここでステロイドの量について考える。

朝に既に2mg服用したから、夜は2mgにするべきか?しかし、夜にしっかりステロイドをとっておかないと明日の朝にひどい状態になってしまうかもしれず(朝から用事がある明日に、そういうコンディションでは困ってしまう)、ここは無難に昨晩と同じ服用量の夜に4mg服用するべきか?

早い時期にステロイドをゼロにしようと考えているので(私はステロイド好きなんですが、主治医が私がステロイドを使うの大嫌いなもので、早くに脱ステしなければいけず)、服用量は少なければ少ないほど都合がいいけれど、でも、減量時のことを考えすぎて、ケチケチ使った挙句、炎症を抑えきれずに再燃となった場合、更なる量のステロイドが必要になってしまい本末転倒だし・・・ということを悶々と考えた挙句、A消炎鎮痛剤 1錠とステロイド2mgを服用し、皮膚にステロイドクリームを塗り、就寝。

(今回、服用量で悩んだのは、この炎症がリウマチから来ているのか、それとも他の自己免疫疾患から来ているのか判断がつけられなかったから。リウマチからなら少ない量のステロイドでもやり過ごすことが出来るけれど、他の自己免疫疾患だと、強気でステロイドを使っていかないと炎症が抑えきれないことが予想されて。

今回の関節炎、関節の痛みと腫れに、不気味な皮膚の鮮やかな赤みを伴っていました。私はリウマチの腫れでこんなふうに皮膚が変色した経験がなく(血管炎の時にはどす黒く皮膚が変わったので)、Sweet 症候群からきているのかもしれないと考えもしたけれど、Sweet は皮膚の色が斑点状になったり、そこに潰瘍を伴ったりするもので、一面真っ赤にはならない筈で。

一体、何だろう、どの病気から来ているのだろう、ドクターならどう、今の私にステロイドを摂らせるだろう。彼女に指示を仰べき?それとももう少し様子をみるべき?彼女はいつでも忙しい上、ここのところ、膨大なメールのやり取りをしてしまったもので、これ以上、彼女を振り回したくないなぁ、どうする?どうする?どうする?~~~と延々と悩んだ末にだした答えでした。)

<金曜・6/11>

体全体腫れぼったい感じがするが、痛みは昨日の朝よりも随分マシに。(足の甲の腫れや赤みも、まだ残ってはいるけれど落ち着いている。)朝一から午前中いっぱいにかけ出っ放しになり、午後の休憩を挟んで、夕方から夜にかけては子供達のお稽古に付き合う。帰宅しても、まだまだ歩ける状態で、これは炎症も峠を越えたか(昨晩のステの量でこのままいけそうだ)、と安心する。

就寝時、消炎鎮痛剤1錠&ステロイド2mg服用する。
[PR]
by racity | 2010-06-10 03:22 | リウマチ
<< ステ、その後 CT スキャン、再び >>