過去のコメントその15
過去のコメントその15(3/8/2011~10/17/2011)

コメントがだらだら伸びると読みにくくなるかな?ということで、30前後のコメント数で区切りを付け、片付けるようにしています。

ですので、コメントを書き込もうかと考えている方は、このスレについているコメント欄ではなく、ブログトップにある「RAリポートご覧の皆様へ」の記事にあるコメント欄へと書き込み、お願いします。
[PR]
by racity | 2001-01-01 01:15 | 過去コメント | Comments(30)
Commented by racity at 2011-03-08 07:11
ボルボさん、

オレンシア、人気ありますね。そろそろ抗TNF 剤から別の製剤へと切り替え時期に来ているのでしょうか。

それでボルボさんのSLE はすっかり影を潜めてますか。なによりです。問題箇所があっちも、こっちもじゃ、やっていられないですもんね。

自己免疫疾患は根っこの辺りで繋がりながらも、それぞれが個別に活動しているように思っていたので、T先生(←ですよね?)の「ちゃんとRA の治療をしているから」、という言葉は心強いです。私もオレンシアでRA を落ち着かせ、その他の自己免疫疾患にも大人しくなってもらいたいところです。

変形はねぇぇぇ、私も、ボルボさんって変形の少ないタイプのRAかとおもっていました。なので、先日変形がじわじわと・・・という話を聞き、(私だけでなく、)ボルボさんまでも!とショックだったというか、あぁ、お互いにリウマチなんだなぁ、としみじみおもってしまいました。

しかも変形、ししゃも指でなく、問題のなかった小指にって・・・何処が危険?部位なのか予測できないのは不気味ですよね。。。そう言えば昔に聞いた、金剤でカンカイに入っていた時に変形が起こってしまったという方の話、思い出しました。
Commented by racity at 2011-03-08 07:18
腫れも炎症も起こっていない状態で、一体どういう仕組みで変形が起こるのか、本当にこの病気は不思議です。

骨密度、合わせ技されていますか。私は2年前にチェックした時には少しですが密度が増えていたのですが、今回は悪くなっているだろうなぁ。

副作用ですが、がっさんのお話から骨が硬くなりすぎるのが問題ということは分かったのですが、詳しい事情が検索してもひっかっかってきません。私のサーチの仕方が悪いんだろうとおもいますが、あがってくるサイトは弁護士がだしている訴訟のものばかり(笑)。

でも、この骨折というのが、転んで折れるものではなくて、ある日突然、ポッキリいくという事は分かりました。ボルボさんの仰るように、不自然に固くなりすぎた骨は柔軟性が落ち、体を動かす際に骨内部でフレキシブルに対応できず、ポッキリいってしまうということなんでしょうか。長期で使用した人に起こる副作用らしいので、私もそろそろマズイかも。。。(使い出して8年になります。)

また時間に余裕がある時にでも、調べてみたいとおもいますが、ボルボさんの方でもなにか分かったら教えてね。では、ボルボさんの方も、くれぐれもお大事に!
Commented by がっさん at 2011-04-15 23:17 x
お久しぶりです。
オレンシアの効果が少し感じられる様になって来たんですね。
一進一退を続けている間は不安に感じる事もあったと思います。
でも、何より痛みが和らいで来たと実感出来、良かったです。
ステロイドも2mgを減量し、このまま少しずつ改善していけば
いずれ目出度く脱ステロイド!との運びになるよう祈ってます。
私も一つ挑戦しているのがトレックスオールの減量。
つづく
Commented by がっさん at 2011-04-15 23:19 x
去年は脱ボルタレンに成功しました。
8年間当たり前にボルタレンを75mg服用していましたが、
痛み止めに頼っていたのでは実際のところ薬の効果がいかがなものか?判断出来ずにいたんです。
で、とりあえず飲まずにいても我慢出来るようになり約1年。
その時も実は旦那から「ボルタレンは減らせないのか?」としつこく言われて挑戦しました。
Commented by がっさん at 2011-04-15 23:20 x
で、今回も同じく旦那から「トレックスオールを少し減らすとどーなるのか、ドクターに相談してみろ。聞くのはタダだ」なんて言われ、私としては今の安定した状態を変えるのが嫌だったんで
すが、前回の診察時に質問してみました。
その時の回答は「やってみないと何とも言えない。ボルタレンの時でもそうだったから、もしかしたら少し減らしても今の状態を保てる可能性もあるし」と、いきなり2.5mg減らされました。
Commented by がっさん at 2011-04-15 23:20 x
「えっ?まだ心の準備が。。。。」と言うタイミングを逃し
15mg→12.5mgに。
その事を旦那に言うと「それはいっきに減らし過ぎだ。まずは10%減くらいからやってみろ」と薬を少しカットして13.875mgにしてみました。
(旦那は医者を信用していないのです)
特に体調の変化は感じられないので、このまま12.5mgまで
減らす事は可能かもしれません。
ただ、トレックスオールは5mg、7.5mg、15mgの三種類のタブレットしかなく、ファーマシーから送られて来るのは
7.5mgと5mgが別々で、それぞれにチャージされるようになり金額が倍になりました。
薬の量を減らして、金額が倍になるのは納得がいかない。
次回は15mgに戻してもらって、せっせと自分でカットしようと思います。
長々と書きましてすみません。
けんけんさんも無理せずお大事になさって下さい。
Commented by racity at 2011-04-19 23:44
がっさん、
コメント、ありがとうございますっ。(そしてまたもやカメレス、すみません。。。)

消炎鎮痛剤&トレックスオール の減量に、成功&チャレンジされてるなんてスゴイ!治療方針が限られている中での、がっさんの体調良好なご様子、私も嬉しいです。

トレックスオール、あのタブレットの種類以外での服用量の人は、数種のタブレットを組み合わせて使っているのかな(その分、余計に薬代がかかっていたりして?)とおもっていたら、、、そうでしたか、金額倍ですか(涙)。

ところで、、、MTX とトレックスオールには大きな違いはないように聞いているのですが(微妙に成分・薬のストラクチャーの違いなどあるかもしれませんが)、がっさんがMTX でなく、トレックスオールを使われているのには理由がありますか?差し支えなければお答えいただけると幸いです。(面倒だったり、答えたくない場合はスルーしてくださいませ。)

MTX 、このまま少しずつでも順調に減量できるとよいですね。私もがっさんに続きたいものです。またその後のMTX 減量、よかったらご報告下さいね。
Commented by がっさん at 2011-04-30 00:35 x
最近トルネードが頻発していますが、けんけんさん地方は大丈夫ですか?
こちらは昨年2km先にタッチダウンした際はあちこちで木は倒れるわ、電柱も倒れて2日程停電。
我が家はかろうじて屋根材がめくれる程度の被害だけでした。
自然災害から身を守るのは難しいですね。
Commented by がっさん at 2011-04-30 00:36 x

さて、ここのところ夏日があったり急に涼しくなったりと気温も
安定していませんが、体調の方はいかがですか?
私は芝の刈りすぎで右手首がダウンしています。
これはトレックスオールの減量のせいか、単に使い過ぎなのか
判断しかねるところ。
どーして、ジェネリックではなくブランドにこだわるか?とのご質問ですが、アメリカで最初にかかったドクターはリウマチ専門医ではなかったのですが、結構リウマチには詳しかったようで
しばらくは診てもらっていました。
Commented by がっさん at 2011-04-30 00:36 x
その時、日本で服用していた薬(リウマトレックス)をそのまま
続けたいと言ったところ、保険の関係でトレックスオールに変えるけど、全く同じ成分だからとその時からそれにしています。
で、ジェネリックとブランド薬の違いを質問したところ
答えは「ほとんど違いはないけど、厳密に言えばブランド薬を100%としたらジェネリック薬は98%位の成分配合?になってるため、長期服用した場合は若干効果に違いが現われる可能性も否めない。なのでブランド薬を続ける事を勧めます」
こんな風に言われ、頑なにそれを信じて飲み続けているわけです。
今のリウマチ医は「ジェネリックの方が安価なのに・・・」と
特別違いはないとの見解です。
さて、このまま12.5mgまで減量がスムーズにいくと良いのですが・・・。
Commented by racity at 2011-05-01 13:32
がっさん、レスありがとうございますっ。

竜巻被害、私地方は大丈夫です。でも、南部の被害がひどいことになっていて・・・世界各地で起こっている大地震もそうですが、自然の脅威の前では人はなすすべも無いこと、痛感しています。

自然と言えば、最近はちょー真夏日になったかとおもえば、肌寒い日がちょこちょこ続いたり・・・体が気温の変化についてこれず、翻弄されている感じです。←リウマチ的には問題ないのですが、私は子供の頃から気温の変化が激しいと、頭痛がしたり気分が悪くなったりしてしまって。

がっさんは手首に痛みがあるのですね。一時的なものであるとよいですが。少ないMTX の量に慣れるまで、無理せず体を労わってっ。減量、うまくいきますようにっ。
Commented by racity at 2011-05-01 13:47
さて、ここからレスいただいた薬の話へ・・・私の周りの人達は「ジェネリックとブランドは違い無し」、という意見の持ち主ばかりで(かかっている全ての科のドクター達。そして、知り合いでFDA や薬絡みの仕事をしている人達など。)、でも、彼らは詳しい説明をしてくれないので、「本当に違いないのかなぁ。。。(微妙な成分の違いで体への影響、あるんでない?)」とモヤモヤしていました。

なのでがっさんのお話(違いは2%程度のもので、個人々々で、また長期の服用でオリジナルとの違いがでてくる可能性も捨てきれないということ)、とても参考になりました。ありがとうございましたっ。

2%の違いなら、ジェネリックでもいいかなぁ、という気もしますが、最近はジェネリック、アメリカ国外からの薬も多く出回っていて、生産される場所も、気になったり、ならなかったり。。。。。。。
Commented by ボルボ at 2011-06-06 19:43 x
けんけんさん、がっさん、お久しぶりです。
トルネードのニュースをテレビで見るたび、心配してます。

日本は東日本大震災のあと、いろいろと大変な状態が続いていますが(特に、原発はいまだに異常な状態が続き、「異常が通常」となっている)政治だけは震災にもメゲズ相変わらず足の引っ張り合いをしています。

被災した方々の避難所暮らしの映像を見るたび、私はできないな…(床に寝られなし、和式トイレも使えない)と思っていましたが、本当に被災リウマチ患者は苦労しているようです。

ところで、ジェネリックとブランド薬の違いの話、興味深く読みました。私の医師は(はい、T医師です)薬の基材が違うから吸収率などに違いが出る可能性はあると言ってたのを思い出しました。
Commented by ボルボ at 2011-06-06 19:44 x
ずっと気になっていた「ビスフォスフォネート剤の長期服用で骨折が増えるという」ことについて少し分かりました。先日リウマチ友の会の県大会があって、その講演の中でその話が出ました。リウマチ患者を専門に診る整形外科医の話でしたが、「そういう報告はある」と言っていました。
「ビスフォスフォネート剤の長期服用」では、顎関節壊死と骨の質低下が起こることがあるということで、骨の質低下について詳しく聞いたところ、骨は硬くなるが質の変化が起こる、質の変化とは、分かりやすく言えば、規則正しく組み合わさっているべき骨の組織?が、不規則になるということだそうです。つまり、格子状になっているべきものが傾いていたり、同じ太さであるべきものがある部分は異常に太く、ある部分は細く…みたいに変化するということでした。したがって弾力がなくなり折れやすくなるということでした。
Commented by ぼるぼ at 2011-06-06 19:49 x
「長期ってどのくらい?」という疑問があったので帰宅してネットで調べてみたら、この手の記事はいくつかありました。5年以上になると長期と考えてもいいみたいです。詳しくは下のURLにも出ています。これに関してはやはり賛否両論あるようで、やはり「使い方」次第ということなんでしょうか。

URLを入れようとしたけど、そうすると投稿できないので、日本語で「ビスフォスフォネート 長期投与」かなんかで検索してみてください。いろいろと出てきます。(^^ゞ

最後になりましたが、けんけんさん、オレンシアの効き目が出てきたようでよかったです!!
Commented by racity at 2011-06-10 10:58
ボルボさん、骨粗鬆症薬に関する情報、ありがとうございました。
(URL 書き込めなくてスミマセンっ。セールス書き込み防止にかけた設定のどれかに、ひっかかってしまったのだとおもいます。。。)

それでボルボさんのいうキーワードで検索かけてみて、関連記事をいくつか見つけ、読んでみました。(どうでもいいことですが、私は「フォサマックス・副作用」でこの手の記事を見つけようと検索をかけたのですが、全くひっかからず・・・英語で検索かけると、でてくるサイトは訴訟のものばかり。日本語でもおもったような記事が拾えず。検索ワードはよく考えないとな、とおもった次第です。)

読んだ記事をまとめると、「骨粗鬆症の第一選択薬はビスフォスフォネート剤であり、副作用のリスクを大きく上回る効果が期待できるので医師が必要と判断したら使うべき。但し、5年服用したところで薬の必要性を見直したほうがよい。骨密度を確認して必要なら服用継続。さほど必要ないようならビスフォスフォネート剤は休薬し、ビタミンD&カルシウム剤に切り替える。」・・・ボルボさんの仰っている「使い方次第」、ということですね。
Commented by racity at 2011-06-10 11:10
またボルボさんが説明くださった「薬による骨の質の変化」が理由で、「ビスフォスフォネート剤の副作用でおきた骨折は普通の骨折と違い、治りが悪い、もしくは回復困難」なのだということも、なんとなく理解出来ました。おかげ様で今まで点と点で散らばっていたものが頭の中で線となって繋がったようなにおもいます。ありがとうございました。

ついでに、知らない方の為にもう一言。ビスフォスフォネート剤によるもう一つの深刻な副作用である顎骨壊死を極力防ぐには、口腔内の外科的治療を行う前に数ヶ月、薬を中止すること。術前・後には抗生物質を服用し、口内を清潔に保つようにすること。などがポイントのようです。これで少しはリスクが減らせるとか。歯医者から指示はでるかともいますが、骨粗鬆症薬を使われている方はこの旨、心に留めておいたほうがよいかとおもいます。

話はかわりまして・・・ご心配おかけしている竜巻ですが、私地方は土地柄発生しにくいところのようで今のところ直接被害にはあっていないのですが(がっさんの所も確かそうです・・・よね?)、今年は発生率が異常に高く、各地での被害も大きく、どうかこれ以上は竜巻による被害が起こらないでと祈るばかりです。
Commented by racity at 2011-06-10 11:12
日本も大震災で多くの方々が犠牲になられ、被災地の方達はいまだに不自由な生活をされていて。政府があのような調子なので、震災から3ヶ月も経つというのに復興の目処もたたないような状況に、遠くからヤキモキしています。ですので復興の為に働かれている日本の方々や、母国でもないのに日本という国を大切に思ってくれて精力的に支援活動をしてくださっている外国の方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。私の方も、自分で出来る支援を今後も続けていきたいとおもいます。

ボルボさんはその後、いかがですか?リウマチその他、落ち着いた状態を保ってくれているとよいのですが。お身体、くれぐれもお大事にどうぞ。
Commented by ボルボ at 2011-06-13 14:39 x
けんけんさん、記事を的確にまとめてくださり、ありがとうございました。薬と言うものは両刃の刃なんだということを今回も感じました。状態に合わせて判断することが大事なんですね。

私も、気付いてみれば(笑)ビスフォスフォネートを卒業して、今はエビスタを服用しています。もしかしたら、これは医師の判断が働いたのかもしれません。骨粗鬆症は相変わらずですが、今のところ圧迫骨折も起こさず、元気で?過ごしています。

右手の薬指の変形は年々ひどくなっているようですが、痛みはあまりなくなりました。その代わり、人差し指が腫れて痛み、日常生活に支障が出ています。字を書いたり箸を持ったりしないわけにもいかず… でも、今日は小指が腫れて…日替わりです。ククク…。
Commented by racity at 2011-06-15 22:34
ボルボさん、

現在、エビスタを使われているんですね。・・・ところで私、エビスタという薬を知りませんでした。ビスフォスフォネートの副作用が気になってから、かかりつけ医に「他の種類の骨粗鬆症薬、ないの?」と聞いても「知らない。」と返されていて。今回、ボルボさんが名前をあげてくれたので調べてみました。

ご存じない方の為に、簡単に調べた内容を報告しますと・・・

「ラロキシフェン(エビスタ)」は女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをし、エストロゲン低下で進む骨粗鬆症を改善させる。従来のエストロゲン補充療法では長期で使用すると乳癌の発症率が高くなっていたが、エビスタは骨以外で働くことが無く、かえって乳癌発症率を低くするらしい。(但し、更年期障害を悪化させてしまうことがあるので、その時期の使用は控えたほうが無難。)
Commented by racity at 2011-06-15 22:35
さて、話はかわりまして・・・ボルボさんの変形、右手メインにでているのですね。私も右手親指付け根にでています。どうしても、日常酷使する部分にでてきてしまいますよね。私は腫れた関節を使っていて骨がながれていく(というんでしょうか、曲がりがひどくなっていってしまっている)ことに気づいていたので、装具などで関節への負担を軽くし、曲がりを抑えるといいのでは?とも思ったのですが。リウマチ医曰く、「そうすると稼動域が狭くなり、固まって動かなくなる。」のだそうで。

右足の親指付け根も同じ状態(付け根が出っ張ってくる、外反母趾)になっていて、これも親指が内側に入り込まないような装具(的ななにか)をつけるといいのではとおもったのですが、足の専門医に言わせると「あれは意味がない。曲がるものは曲がっていく。唯一の解決法は手術」とのことで。
Commented by racity at 2011-06-15 22:35
アメリカでの治療は、攻撃的に病状を押さえ込む、もしくは外科的措置で力ずくの修正を行う、という印象で、装具のような小技(?)を使っている方、私は見たことがありません。こちらのリウマチ本では装具が2、3個紹介されていたので、単に私が見かけなかっただけということなのかもしれませんが、日本の方の装具使用状況とは少し違うかな、ということをおもったりしたのでした。

まあしかし、あちらこちらと色々な関節が腫れるものですよね、リウマチという疾患は。ボルボさんも湿布、装具や便利グッズなどのアイテムを駆使して、関節への負担を少しでも軽く出来るといいのですが。お大事にどうぞ。
Commented by がっさん at 2011-06-17 01:05 x
けんけんさん、ボルボさん こんにちは。
先日まで日本よりの来客が一ヶ月滞在していたので、こちらにお邪魔出来ずにいました。
まー、ちょっとそれについては愚痴も多々あるのですが、リウマチには関係無いので書くのはやめておきます(笑)。

けんけんさん、ハッキリしない体調が続いていらっしゃるようで
すが、里帰りも控えておられるとのこと、無理せずお大事になさって下さい。

実は昨日骨密度の検査に行って来ました。
ちょうどこちらで話題に上っていたので、グッドタイミングです。
来月、再来月とリウマチ科と婦人科のアポが入ってるのですが、
きっとまた薬を勧められると思います。
でも、出来れば今回も骨密度を上げる薬の服用は見合わせてもらうように話すつもりでいます。

4ヶ月かかって、トレックスオール減量に一応成功しました。
血液検査にどこまで反映するかで、このまま徐々に10mgまで
減量出来れば大成功だと思っています。

ここ数日は涼しいですが、今年は早くから猛暑?になっているので、お互い無理せず過しましょう。
Commented by racity at 2011-06-18 10:48
がっさん、一ヶ月間もお客様のおもてなし、お疲れ様でした。(どんなに気心の知れた方でも、一ヶ月も滞在されるとなると心身に疲れがでますよね、、、)そして薬、減量できましたか!おめでとうございますっ。MTX の減量はステロイドのそれよりも難しいとおもわれるのに、それだけ体調のコントロールがうまくいっていたのですね。引き続き、減量上手くいきますようにっ。

骨粗鬆症の薬は、T スコアが-1くらいの骨密度(osteopenia)で更年期にかからない年齢、また、その他のリスクがないようでしたら、薬を服用するよりもカルシウム剤&ビタミンDを服用&体重負荷運動がすすめられているそうです。

がっさんも検査結果と骨粗鬆症のリスク(年齢、ステロイド服用しているかどうか、など)を判断材料に、ベストの選択をされますようにっ。

ここ数日は過ごしやすい日が続いていますね。これくらいの陽気なら、体に負担がかからなくてよさそうです。(先週は40度近かったですものね、東海岸辺りは。ちょっと出掛けるにしても体力を奪われて、すぐヘロヘロになってました。)どうぞお疲れを癒してくださいませ。
Commented by がっさん at 2011-07-26 03:47 x
暑中お見舞い申し上げます。
日本に里帰りされてたんですね。
熱中症って気付かないうちにかかってるんですか、怖いですね。
水分補給をしっかりしなくては。
しかし、このところの暑さは半端じゃないですね。
エアコンを使わない我が家は外と同じくらい暑いですよ(苦笑)。
でも、一つだけ利点がありまして、外出時にあっさりと外へ出られます(笑)。

先日リウマチ科の診察を受けて来ました。
リウマトレックスを12.5mgに減らして約3ヶ月、血液検査の結果も全く問題無しで、このまま目標10mgまでを挑戦していこうと思っています。
ただ、トレックスオールが5・7.5・15mgのタブレットしかなく、5と7.5mgの組み合わせで処方されてる為に費用が倍になってしまった件は前回書かせてもらいましたが、その件を
医者に告げると「ジェネリックにすれば問題解決するでしょう。どーしてブランド薬にこだわるの?」と聞かれてしまいました。
しかし、上手に説明することが出来ず結局今回はジェネリック薬に。
Commented by がっさん at 2011-07-26 03:48 x
旦那が調べて来た記事に因ると、どの薬もジェネリックの成分は
ブランド薬に比べると100%をほぼ下回っているようです。
薬に因っては50%未満の物もありました。
一応80%位までは問題無しで扱われているようです。
というわけで、しばらくはジェネリックを服用で様子をみてみます。
ただ、ファマ-シーの都合でアラバはジェネリックだったものが
ブランド薬に変更。
保険の関係なんでしょうね。

では暑いので無理されませんように。

Commented by racity at 2011-07-29 07:07
がっさん。

ここにきて、やっと時差ぼけのだるさが抜けてきました。睡眠パターンはなかなかもとに戻りませんが、日中、さくさく活動出来るようになりましたっ。

東海岸、殺人的な暑さは少し和らいだものの、まだまだ暑い日が続いていますね。くれぐれも熱中症にお気をつけてくださいませ。

ジェネリックとブランドの話ですが、、、「ジェネリック成分、ブランドに比べて50%未満のもの」もあったりするのですかっ。あたり、はずれが激しそう!?がっさんの使われるものがオリジナルのものと同等の効果がありますように。MTX 減量、上手くいくとよいですね。

アラバはブランド使用って、一体どういう保険の仕組みでジェネリック、ブランドの割り当てが決められるのでしょうね。。。薬局の都合で取り扱っていないから、とか?謎ですよね。
Commented by がっさん at 2011-08-26 23:59 x
先日の地震には驚きましたね。
揺れ自体は大した事なかった気がしますが、周囲のアメリカ人達のパニくり様に驚いてしまいました。
特に大きな被害が出ず良かったです。
それよりも週末にかけてハリケーンが接近中、こちらの方が怖いです。
特別な準備はしていませんが、フラッシュライトにの充電を始め
空きボトルに水を入れて凍らせ、停電時に備えます。
早く通過してくれるといいですね。
Commented by racity at 2011-08-27 22:24
地震は起こらないと思い込んでいた土地で起こった、少し強めの地震だったので、ホント驚きましたっ。
私なんて最初、上の階にいた子供が走り回っているんじゃないかとおもって(地震が起こったとき、私は1階に、子供は2階にいたので)、「家が揺れてるからやめなさーい!ご近所迷惑でしょー!」と叱ってしまったという。。。

子供から「ママ、僕何もしてないよ」と言われ、次におもったことは「テロ?近所で爆弾テロが起きてる?」ということ。

でも、それにしては長いこと規則的に揺れているし、、、そこでやっと脳内で「揺れ=地震」と繋がりました。ここの建物は耐震性など全く考えられていないので、別の意味で(地震の揺れは日本で言う震度2強~3弱くらいのものでしたが、倒壊の危険が頭をよぎり)怖くなりました。

話はかわりまして、ハリケーン。勢力をおとしてきてくれているので直撃を受けても最悪の事態(!)は避けられそうですね。ただ、ハリケーンは通り過ぎた後に起こる問題もあり、なかなか気が抜けないところですが。

お互い、被害がないとよいですね。
Commented by がっさん at 2011-10-17 02:19 x
またまたご無沙汰いたしておりました。
すっかり秋ですね。
やっと長年かかって改装していた家も完成し、先日テナントが入居しほっとしています。
でも、先月の長雨で気になっていた我が家の雨漏りがひどくなり、現在屋根の葺き替えをやってもらっているわけです。

子宮内膜症の治療上手くいくと良いですね。
出来れば手術は避けたいものですが、痛みが酷くなるのも辛いです。
私は子宮も卵巣も取ってしまっているのですが、特に体調に変化というものは感じませんでした。
ただ、取った時の年齢が閉経を迎える年齢よりも若干若かった為
骨密度の減少、シミや白髪がいっきに増えたのが悩みです。
まー、シミと白髪は関係ないかもしれませんが、、、。
とにかくお大事になさって下さい。
<< 過去のコメントその16 過去のコメントその14 >>