耳鼻科医とのアポ
私の耳鼻科医、ここのところ「?」なことがちょこちょこあって。

今回も、「先生が先々週に処方してくれた副鼻腔炎の抗生物質、今回はあまり効きませんでした。今まではよく効いていたのですが・・・(ちなみに処方してもらった抗生物質、今年に入って服用するの4回目。)細菌培養した検査結果、見せてもらえますか?(もしかして、4回も服用していて耐性ついてしまった?)」

と診察時に話をきりだしたところ。

「あれ?今回処方したの、サルファ系の抗生物質でなかったっけ?」と先生。

「先生。私、サルファでアレルギーがでたので使えませんよ。。。」←私

「・・・あ~そうだった、そうだった。」←先生

で、検査結果をみてみたところ・・・服用した抗生物質に耐性のある菌が原因でした。←これでは効きませんよね。。。

私のもともと持っていた菌(去年から続いている副鼻腔炎の原因となっている菌)はその耐性のない菌だったので今まで3度も同じ抗生剤を使って効果がでていたわけですが、続けて4回も使うことにより、菌に耐性がでてしまったということなんでしょうか。もしそうだとしたら、こんな調子で抗生物質をガンガン使っていたら耐性、どんどんできてしまうんじゃないでしょうか。(最終的には使える抗生物質、なくなってしまうんじゃないでしょうか。)

っていうかその前に、なんで耐性のある抗生物質を私に処方するかな!?って、メチャメチャ不信感つのってます。服用をストップしても、その数週間後にも副作用のでる可能性があることが言われている抗生物質なので、メリットないまま無駄にリスクだけ背負ってしまった、損したような気分とでもいいましょうか。

そろそろ新しい耳鼻科医を見つける時期にきているのかもしれません。(面倒見がよくて悪い先生ではないけれど、治療センスがないのなら転院もやむを得ず、ということで。)。とは言え、今は次の先生を探している暇がなく(来週早々には日本に出発しなければならないので)、予備の抗生物質をこの先生からもらっておかなければと、ふたりで検査結果をみながら次の抗生剤を決めました。次回はテトラサイクリン系のものです。リウマチにも効くと言われている薬なので、私的には一石二鳥でしょうか。

なんとか日本で問題が起こりませんようにっ。
[PR]
by racity | 2011-06-26 03:45 | リウマチ
<< 無事帰国 リウマチ医とのアポ >>