婦人科医とのアポ
子宮内膜症のフォローアップ・アポ、行ってきました。

問診・触診・超音波検査により、子宮内膜症が再発しているらしいことと、2cm の Cyst (嚢胞)が左側にできていることがわかり、今後の治療をどうするか、話し合ってきました。

本来なら子宮内膜症の治療はホルモン療法がメインとなりますが、去年の暮れに血栓があることがわかった為、私はこの療法が使えません。となると、残された治療法は・・・嫌な予感がしていましたが、やはりというかなんというか、手術しかないそうです。しかも、手術って、またラパロ(腹腔鏡)になるのかな?ラパロでどうにかなるもの?もしかしたら摘出とか?・・・いやいや、このくらいの症状ならそんな大事にならないよね、などと色々想像していましたところ、先生の意見としては、「子宮全摘出がベストですね。中途半端にラパロをしても、絶対に子宮内膜症、戻ってくるし。」だそうで。

全摘は今すぐ、というわけではなく、先生も出来るだけ手術はしない方向で行きたいけれども、私が痛みに耐えられないようならやった方がいい、とのこと。痛みを持ちつつ、不自由な生活を続けるのはあなたがツライでしょう、と。あと、卵巣は残すので体調的にほとんど影響はないだろうとも言っていました。赤ちゃんをこの先、望まないのならば女性にとって子宮は必要のない器官だからね、だそうで。

・・・というわけで、この先、内膜症の痛みに耐えられなくなった時には子宮全摘出いきます(涙)。手術の予約に1~2ヶ月ほどかかるので、あまりギリギリまで痛みを我慢せず、適当なタイミングで連絡するようにいわれました。
[PR]
by racity | 2011-10-05 08:06 | リウマチ
<< 感染症スペシャリストとのアポ 副鼻腔炎、その後やら、なにやら >>