感染症スペシャリストとのアポ
次に副鼻腔炎にかかったら、感染症のスペシャリストの診察を受けるように言われていたので、行ってきました。

今回の副鼻腔炎再発のながれですが、

<8月19日(金)>
耳鼻科医とのフォローアップ・アポ時に培養検査を行う。(この時、副鼻腔炎の症状、全く無し。いたって健康。)

<9月2日(金)>
なんだか副鼻腔炎的な調子の悪さを感じる。鼻が少々詰まり気味で頭痛もする。もしかしたら副鼻腔炎は関係なく、季節性のアレルギーと偏頭痛が重なって起こっているのかもと(一時的なものなのかも、と)、2、3日、様子をみることにする。

<9月5日(月)>
週があけて症状が少し軽くなっていたので、「耳鼻科医や感染症スペシャリストに連絡いれなくても問題なさそうか」と判断し、連絡せずにおく。

が、その日の午後に耳鼻科医のオフィスから電話があり、「培養検査の結果がよくなかったので、スプレー・タイプの抗生物質を処方する。以前、「次の副鼻腔炎にはテトラサイクリンを服用しよう」という話になっていたが、経口抗生物質は耐性がつくと嫌なので服用しないように。」と言われる。

<9月7日(水)>
オーダーした薬が届き、治療スタート。朝晩、抗生物質とステロイド薬(スプレータイプ)を4週間使用することに。この時、薬剤師から「経口の抗生物質ではないのでオレンシアは受けて大丈夫」と言われたが、後にリウマチ医にこの件を報告したところ「副鼻腔炎は一応、感染症にあたるので治療が終わるまではオレンシとインフルエンザの予防接種はやめておきなさい」と言われ、オレンシアらを2、3週間ほど延期することに。

<9月19日>
上記の理由でオレンシア点滴とインフルエンザ予防接種予定だったが10月7日へと延期する。

<10月5日(水)>
抗生物質治療も終了間近にも関わらず、副鼻腔炎の症状(今までの副鼻腔炎では感じたことのなかったような鼻の詰まり感&上部の歯痛)はジリジリ悪化し、改善の兆し全く無し。この状態で感染症スペシャリストの診察日を迎える。



この診察日に8月終わりに行った培養検査の結果をドクターに見せ、スプレータイプの抗生物質が全く効果がないこと。かえって少しずつ、症状が悪化していることを報告しました。

スペシャリスト達から(私はInfectious Disease Center のチーフにお世話になっていますが、彼は見習いドクター?お弟子さん?をいつも連れてきていて、私は二人のドクターから診察を受けているので「(ドクター)達」と複数形になってます。)「これからすぐに耳鼻科医に連絡いれ、今の状態で培養検査を受けなさい。」と指示を受けました。

また、この状態で翌日スプレーでの治療を終え、翌々日にはオレンシア点滴とインフルエンザ予防接種を受けることになっているのだけれど、それらが問題ないかを確認したところ、「治療を2~3週間ほど延期してるんだよね。だったらリウマチが悪化する前に、受けちゃっていいよ。但し接種後、寒気がしたり、熱がでたらER に行ってはいけないよ。彼らはその場しのぎで抗生物質を処方するだけだから。こちらに連絡を即、いれて。指示をだすから。」ということで、培養検査の結果が出た頃にまたフォローアップのアポを入れておき、その日の診察を終えたのでした。
[PR]
by racity | 2011-10-06 20:49 | リウマチ
<< 検査結果 婦人科医とのアポ >>