過去のコメントその1
過去のコメントその1(8/3/2006~8/13)

コメントされる場合はこのコメント欄ではなく、ブログトップにある「RAリポートご覧の皆様へ」の記事にあるコメント欄へとお願いします。
[PR]
by racity | 2001-01-01 01:01 | 過去コメント | Comments(30)
Commented by やっさん at 2006-08-03 02:45 x
けんけんさん、初めまして!
私は今年の1月末からアメリカ(カリフォルニア州)に住み始めました。
アメリカ引っ越しが決まった直後から、ネットでアメリカの治療のことを探していたところ、RA CITYでけんけんさんのこのページと出会いました。

アメリカの医療のことを全く知らなかった私にとって、保険のこと、ドクターとのアポのことなど、とても参考になり、本当に助けられました。
今日、コメントを書ける欄を見つけたので、やっとお礼が言えます。
けんけんさん、本当にありがとうございます!!!

私は4月から本格的にアメリカでの治療を開始し、ドクターと相談してヒュミラに決めました。
それから約4ヶ月経ちましたが、乾燥した気候にも助けられ、今は体調が安定しています。


私はアメリカ引っ越しにあたり、相当無理をしてしまった為、渡米当初は部屋の中を歩くことも困難になっていましたが、今では一人で買い物にも行けるようになっています。
それでは、また。感謝を込めて。。。
Commented by racity at 2006-08-03 12:19
やっさん、はじめましてっ。ひっそりブログ運営をしております(笑)、けんけんです。(コメント欄、見つけにくくてスミマセン!)はじめまして・・・と言いつつ、もしかして「にこさんの掲示板」でお話した方でしょうか?(違っていたらスルーしてくださいませ。)

それはともかく、このサイトが少しはお役に立てたようで嬉しいです。自分で記事を書きながら、使える情報を発信できているのかどうかよく分からなかったので、ちょっと安心しました。

カリフォルニアと言えば、「ふーこさん」というリウマチャーがいらっしゃるの、ご存知でしょうか?あと、ヒュミラと言えば、フランス在住リウマチャーの「あいあい」さんが使われてます。リンクはっておきますので、まだご存じないようでしたらチェックしてみるとよいかもしれません。
Commented by racity at 2006-08-03 12:22
最後に、、、もし、こちらで何かシェアできるアメリカでのリウマチ治療情報や体験談などありましたら(もしくは私の書いている記事とは違ってカリフォルニアでは、こうだった、みたいな話がありましたら)またまたコメントいただけると助かります。ここでコメントしにくいようでしたら、ふーこさんのところででもお願いします。あちらはもっと和気藹々とした雰囲気で話しやすいかも(爆)。

(↑ふーこさん、スミマセンっ。勝手に場所、お借りしてますっ。)

ヒュミラで体調が良さそうとのこと、なによりです。アメリカ生活、楽しんでくださいね!
Commented by やっさん at 2006-08-04 14:28 x
けんけんさん、そうです!  にこさんちでお話した者です!!
あの時はとても焦っていて、以前からRA CITYは知っていたんですが、
にこさんちであらためて教えていただいて、我に返った感じでした(笑)
あのときみなさんが「リウマチは日本でもドクターに解ってもらい難い病気だから、言葉が違うならなおさらだ、ぐらいの気持ちで」と言っていただいて、本当に肩の力が抜けました。
ほんまに、その通りやな〜って。

やっとけんけんさんに直接お礼を言えて、お話ができるようになり、とってもうれしいです!

それに、けんけんさんがブログで「ヒュミラ ペン」というのが出ると書いててくださったので、次回の診察の時にドクターに相談してみようと思っています。ネットでも確認したので、これが使えると、注射の怖さが和らぎそうです。

カリフォルニアの治療がどんな感じか、こちらでシェアできることがあればまた書かせていただきますね!
私のように、不安な気持ちで渡米される方が他にもいらっしゃるかもしれませんものね。
それでは、またね!
Commented by みみ at 2006-08-05 03:52 x
けんけんさん、こんにちわ。私のブログにコメントしてくださって、ありがとうございます!
私もちょくちょく、けんけんさんのブログにお邪魔しているのですが、コメント欄を見つけられず、そのまま立ち去っていました。今日やっと発見したので、早速書かせていただきました。
けんけんさんは、リウマチのことだけでなく、アメリカの医療のことについても詳しく調べられているので、勉強になります!
私はホント勉強不足で…よく周りから、もっとリウマチャーとしての自覚を持ちなさい!と言われます。
こんな私のブログなのに、リンクしてくださるとのこと。ぜひお願いします。また、けんけんさんのブログも、私のブログで紹介させていただいてもいいですか?
よろしくお願いします。
Commented by racity at 2006-08-06 06:47
やっさん、にこさんのところで話をした方でしたかっ。
どうされているのかなぁ、と思っていたので、コメントいただけて安心しました。私、あの時のやっさんの書き込みを見て、放置していたブログに手を加える事にしたんです。(やっさんもご存知の通り、放置されていた時には記事が一つしかなかったもので(爆)。)

それでヒュミラ・ペンに挑戦されるかもしれないんですね。確か、今迄支払っていたのと同金額のco-payで購入できる筈です。(←一応、薬局や保険会社に確認してみてください。)金額が同じだったら断然、ペンタイプのほうが使いやすくて良さそうですよね。持ち運びも便利そうで旅行にバッチリみたいな。使った感想、お待ちしておりますっ。
Commented by racity at 2006-08-06 06:48
> カリフォルニアの治療がどんな感じか、こちらでシェアできることがあればまた書かせていただきますね!

ありがとう~やっさん!書かれた記事をこちらでアップしてもよいですし、やっさんがご自分でブログを開設されて、そちらで公開されてもいいですし(そうしたらリンクをはらせてください!)、お好きな方法でお願いします。(←あまりプレッシャーに感じないように、時間があったら、ということでお願いします。せっかくこちらにいらっしゃるのだから、こちらでの生活、楽しみたいですよね。)

カリフォルニア、気候もよくて日本人コミュニティーもあって(観光スポットもアリ!で)、アメリカの中でも生活するにはよさそうな所ですね。いつか遊びに行ってみたいですっ。
Commented by racity at 2006-08-06 06:48
みみさん、リンクの件、ありがとうございますっ。早速、リンクさせていただきました。私の方こそブログ紹介の件、よろしくお願いしますっ。みみさんのブログは情報満載で、アメリカで治療を受ける事になったリウマチャーだけでなく、日本にいらっしゃる若いリウマチャーにも参考になることが沢山あると思います。

話は変わりますが、みみさん、勉強頑張ってますね。私もこの秋からパートタイムですが学校に戻ります。1年休んでいたから調子が戻るか、ちと心配ですが(笑)、お互い、頑張っていきましょ!(・・・って言いつつ、まだ取る授業も決めていなかったりして(爆)。)
Commented by やっさん at 2006-08-06 09:12 x
>ヒュミラ ペン の保険適用金額

先日、けんけんさんのブログで始めてヒュミラ ペンの存在を知った日にすぐ、保険適用されるかなど調べました。
けんけんさんもおっしゃられた通り、今までの注射タイプと同じ金額でペンタイプが使用できます!
こうなったら、絶対注射よりペンタイプですよね〜!

薬を体内に押し込む時のあの痛みがなんとも言えず、私はゆっくりゆっくり時間をかけて打っています。
なのにヒュミラ ペンは、なんと10秒ほどで打ち終わるとかで、今は1分以上かけているので、その差は大きい!
8/7(月)に病院に行くので、ペンタイプにしたいことをドクターに話してきま〜す。

今月はあと1本注射が残っているので、ペンタイプに切り替えできても初体験は来月になりますが、感想を書きますね!
Commented by ボルボ at 2006-08-07 12:52 x
けんけんさん、こんにちは。そして、やっさん、みみさん、初めまして!
アメリカではなく、沖縄在住のボルボです。(笑)
お話、弾んできましたねっ!

けんけんさんのMTX20mgVS抗サイトカイン剤のお話、いつも興味深く読んでいます。けんけんさんの主治医の意見、ごもっとも!とうなずけることも多く。

そこで質問なんですが、MTX20mgを注射で入れない場合、錠剤だとどういう間隔と量で飲むのでしょうか? 日本でMTX20mgを摂取するとしたら注射は無理だと思うので、経口になると思うのです。MTX8錠を2,2,2,2でしょうか? もし情報があったら、お願いします。

ペンタイプのヒューミラ、楽しみですねぇ。>やっさん
Commented by racity at 2006-08-08 02:09
やっさん、金額、既に調べ済みですかっ。(やっさん、仕事が早い!)で、同金額なんですね。

> 薬を体内に押し込む時のあの痛みがなんとも言えず

ヒュミラはエンに比べて、やや痛みがあるらしいことを聞いていましたが、、、時間をかけて打たれているあたりの描写から、なんとなくその痛さが想像つくような・・・。ペンの方が従来の注射よりも痛みが軽い、とペンを試したユーザーが言っているようなので、その通り、痛みが軽くなるとよいですね。

> ペンタイプに切り替えできても初体験は来月になりますが、感想を書きますね!

ありがとう、やっさんっ。ご報告、のんびり待ってますね。
Commented by racity at 2006-08-08 02:37
ボルボさん、

こちらではMTX15mgまでなら経口で一気に服用します。ちなみに私も(現在12.5mg服用してますが)一度に摂ってます。(分割して服用している人って、そう、いないような。)

20mg以上の場合も、胃に問題がなければ、やはり経口で一度に服用、胃痛や副作用がツライなら注射に変えるとあったので、こちらでは経口の分割方法はとらないのかも。。。(ふーこさんならご存知かもしれません。)
Commented by borubokun11 at 2006-08-08 19:46
けんけんさん、早速の返事、ありがとうございました。

そうなんですか!! 1度にですか!!(そういえば、そんなことを読んだ覚えがあるなあと思い出しました) さすが、アメリカ!! けんけんさんは12.5mgを一気に服用しても何の問題もないのですね。胃とか。

そうですね。ふーこさんは日本でMTXを服用していましたね。聞いてみましょう。
Commented at 2006-08-08 19:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by racity at 2006-08-09 10:10
ボルボさん、

私は12.5mg一気服用していて胃がちょっとツライです。でもドクターからは分けて摂るようにとの指示はでません。(アメリカでは日本のように胃薬が処方されないので、)まずは処方箋無しで買える胃薬を服用しなさい、とドクターからは言われています。(・・・でも胃薬、まだ買ってないという。。。)

その昔、元・主治医に、日本でのMTX分割服用の話をしたらば、「う~~ん、そういう摂り方もあるかもしれないけどね、一気でもいいんじゃない?」とかわされ(!?)ました。で、胃痛がするならやはり胃薬を、と言われました。←そんな昔から胃痛を訴えて胃薬を勧められているのなら、はよ胃薬飲め!って感じですね。
Commented by ふーこ at 2006-08-09 18:42 x
けんけんさん、コメント方法、やっと知りました。なので盛り上がってきましたね~。私もけんけんさんのMTXVS.抗サイトカインを読み、うーん、同感!と唸っていました。
ボルボさん、MTXの飲み方私のブログにコメントしました。
やっさんさんはHumiraペンに挑戦ですか。10秒だったらあの痛み、耐えられますよね。
Commented by やっさん at 2006-08-10 06:21 x
ボルボさん、はじめまして! と言っても、私の方は勝手に存じ上げておりました(笑)

けんけんさん、みなさん、私は 先日、3ヶ月に1度の診察日だったので、ヒュミラペンのことを主治医に話して、処方箋をだしてもらいました。

今までは近所の薬局に行って注文していましたが、今回からメールオーダーしてみることにしました。
こっちの方が安上がりだし♪
でも、けんけんさんのお話でメールオーダーはなにかと気をつけた方がいいと教えてもらったので、その点注意しなきゃいけませんね。
なんせここはアメリカだから、無事届くことを祈っています。

Commented by やっさん at 2006-08-10 06:34 x
手のリハビリ専門医から「右肩の骨がだいぶ悪いみたいだから、レントゲン撮ってもらってね」と言われてたので、先日の診察日にその旨伝えて撮影しました。

私、リウマチが確定してから7年ほど経つんですけど、肩のレントゲン撮影したのって初めてなんです。
日本の主治医はリウマチ専門医だけど内科の個人病院だったからか、あまりレントゲンは撮りませんでした。
2年に1回ぐらい、自分から頼んで撮影したぐらいです。

そして、レントゲンの結果、相当肩の骨の状態が悪いことがわかり、このままリハビリを続けても効果が薄いと言われました。
今後、人工関節の手術を視野に入れた治療を相談して行くことになりました。

「肩のレントゲンを撮ったことがない」ことにだいぶ落ち込みましたが、すぐにMRIを撮ってきました。

私が行ったところは、MRIやCTを専門に撮影するセンターで、病院ではありません。
あと、好きなCDを聞きながら受けられるんですよ〜!
場合によっちゃ、麻酔(安定剤みたいなもの?)も使って撮影するそうです。私は麻酔ナシでしたけど。

こうして一つひとつ、日本とは違う経験をしています。
Commented by やっさん at 2006-08-10 06:39 x
あ、そうそう!
けんけんさん、私は胃薬をファミリードクターに処方箋だしてもらってます。NEXIUM 40MG というものです。
初めは別の胃薬を処方されてましたが、薬局に取りにいったとき、薬剤師さんが「この薬はあなたの保険ではカバーされないよ。1ヶ月分で$150もするから、保険適用される別の胃薬に変更してもらうようにファミリードクターに連絡してあげるから、待ってて。」と言ってくれました。

調べた結果、アメリカの薬剤師には「処方権」というのがあって、医師が処方したものに意義を言えるとのこと。
アメリカにはそんな制度があるんですね〜。
事故のないよう、こういうシステムでお互いをチェックしていくんでしょうか。

日本では当然のように胃薬が処方されますが、アメリカ(カリフォルニア)では胃薬はファミリードクターの管轄とかで、電話で頼んだら即OKでした。

私が飲んでる胃薬は1日1錠服用するもので、朝1番に服用し、食事はそれから1時間以上空けて取るようになっています。
日本で処方されていた胃薬では私の胃は辛かったけど、これに変えてからは調子が落ち着いてきました。

Commented by ボルボ at 2006-08-10 23:17 x
けんけんさん、MTX12.5mgの一気飲みはちょっと胃に来るのですか。でも、胃薬は処方されない。。。オーストラリアでのことを思い出しました。痛み止めで胃がやられ、胃薬が欲しいと言ったら「痛み止めを飲めば胃が痛くなるのは当たり前。(我慢しろ!)」みたいな反応でした。(苦笑)アメリカも似ていますね。

アメリカは一気飲みなのに、なぜに日本では「少量の分割飲み」」が普及したんでしょうね。非常に興味があるので、医師に今度聞いてみます。日本で一気飲みしている人、聞いたことがないような・・・

やっさん、手のリハビリ専門医という人がいるのですね。(羨) 私は沖縄でリウマチのリハビリをちゃんとやってくれる病院を探しているのですが、このたび断念しました。ないみたいです。

肩の関節、だいぶんダメージが大きいみたいですが、腕の動きはどうですか? 私も先日、実家地方の整形の医師に「最近は肩もいい人工ができてるよ」と暗に人工への道?もほのめかされました。(泣) 日本の内科医はなかなかX線、撮りませんよね。で、撮った時には相当進行している・・・みたいな結果に。また、肩の話も教えてください。
Commented by けんけん at 2006-08-11 09:28 x
ふーこさん、

MTXと抗サイトカインの話、ふーこさんの主治医も同じ見解ですよね?日米双方で方針の違いがでている場合、私達日本人仕様の身体は一体どちらに合わせたらよいものなのか・・・悩んじゃいますよね。あと、MTXの摂り方とか、胃薬のこととか。(←ふーこさんのブログのでのコメント、読みました。こちらは大雑把ですよね、ホントに(笑)。)

ところでそろそろ子供達、学校始まりますね。私は先週だったかに子供達の学用品の買い出しを済ませ、今週、やーっと宿題の見直しを終えることが出来ました。(←うちの子供の学校は宿題の間違いを直させた上で、親が全てのページにサインをしなければならないのです!)これでもう、彼らはいつでも学校行ってよーし状態です(爆)。ふーこさんの方はまだまだ生活、変動がありそうですが、お子さん達は同じ学校へそのまま通われるのかな?お子さん達の学校が始まったら、夏に溜まった疲れ、少しずつ癒していってくださいね。
Commented by けんけん at 2006-08-11 09:47 x
やっさん、

ヒュミラ・ペンの処方箋ゲットしましたか!これで注射時の痛みが少しでも和らぎますようにっ。

でもって、メイル・オーダーにもチャレンジですか!(チャレンジャーですな~、やっさんは。)トラブル回避するには、処方箋を送る前に、その内容をしっかり確認する(薬が3ヵ月分処方されているか)、これにつきます。あとは必要なペーパーをちゃんと用意すれば大丈夫。無事に届きますよっ。(←記事で散々脅しておいてなんですが(爆)。)

話は変わりまして肩の件ですが、、、日本では内科系リウマチ医だとレントゲンをあまり撮ってもらえないんですね。意外な感じがしました。日本ってとてもケアが行き届いているような印象があったので。ちなみにレントゲンに関してはアメリカも似たようなものかも。。。強く痛みを訴えれば撮ってくれるのかもしれませんが(私は一度だけ、首の痛みが強烈だった時に特別に撮ってもらえましたが)、こちらでは保険会社との絡みがあるようで、私はほとんどレントゲンを撮った事がありません。せいぜい2年に一度、手指と足の甲を撮るだけなんです。(←これって私だけ?でも、現・主治医も元・主治医も、ともにそういう方針でした。)
Commented by けんけん at 2006-08-11 09:53 x
骨って強い痛みがなくても静かに壊れていく事、ありますよね。だから全身のレントゲン、せめて2年に1度くらいは撮影必要なんじゃないのかなぁと思いつつ、ドクターにはドクターの都合もあるだろうということで、私はレントゲンを撮りたくなったら日本の主治医の元へ行き、撮る事にしています。(私には日本にも主治医がいるのです。彼はアメリカでリウマチの診断がつかなかった私を助けてくれた恩人です。)

やっさんの肩の件は、本当に残念です。でも、ヒュミラを使いながら骨破壊の進行をしっかり抑え、整った治療環境の中(やっさんの話を聞いていて感じたのですが、今、やっさんが受けられている治療はアメリカにおいても非常に恵まれた、良い環境にあるように思います。)、やっさんご自身前向きに頑張られているようなので、きっと良い方向へすすんでいくだろうと私は思っています。愚痴りたい時にはこちらで吐き出しながら、、、頑張るのだ~やっさん!

あと胃腸薬のNEXIUM情報、ありがとうございますっ。私はまずはOTCドラッグ(処方箋を必要としない薬)を試すように言われているので、それがダメならやっさんお勧めの薬、かかりつけ医に処方お願いしてみますね。
Commented by けんけん at 2006-08-11 10:12 x
薬剤師さんには私もお世話になっています。一度なぞ、リウマチではなく、他の自己免疫疾患の病気に処方されていた薬の服用量が規定よりも多かったことがあったんです。薬剤師さんが心配して「1日の服用量が規定の倍量になっているから、ドクターに確認したほうがいいよ」と教えてくれました。←こういう医者もいたりするので要注意です。

しかし、ちょっと困ったこともあったりして。

薬剤師さんは安いジェネリックの薬に勝手に変えてしまうことも可能なので、欲しかった薬が手に入らなかったこともあります。(私の保険は、薬はどんなものでも一定の料金に金額設定されているので、出来ればドクターの処方に忠実であってほしい時もあるのですが断りもなく変えられてしまうのです。)ま、服用量倍にして薬を処方するドクターに比べれば、全然、大した問題じゃないですね。ははは。。。

・・・と話はずれてしまいましたが、やっさんは勉強をよくされていて、しかも積極的に動かれているようで、私も見習わなくっちゃ!と思ってます。やっさんの話、とても勉強になるのでこれからも色々お話聞かせてくださいねっ。
Commented by やっさん at 2006-08-11 14:05 x
けんけんさん、ボルボさん、みなさん、こんにちは。

ボルボさん、
>>手のリハビリ専門医という人がいるんですね

そうなんです。私もそんなリハビリ医がいるんだと、アメリカに来て驚きました。日本では、リウマチ患者を見てくれるリハビリ医に会えなかったのでうれしかったです。

で、治療を受けてみると、リハビリの内容は日本のリハビリ医と大差ないと思いますが、それでも驚いたのは、ステロイド系の薬を含んでるシート(電極が着いてます)を痛みのある関節の皮膚の上に張って、電気を通しながらゆっくり浸透させ、痛みを和らげる薬をよく使ってくれました。

これは「関節注射ほど効果はないけど、その分安全で、腱を痛めないで使用できるし、効果もある」というものです。

アメリカのリハビリ医は薬をうまく使用しながら、リハビリを進めて行くんだな〜と実感しました。

Commented by やっさん at 2006-08-11 14:13 x
アメリカでリハビリするためにはリウマチ専門医が処方箋を出し、その処方箋に従ってリハビリ医の指導のもとに取り組んでいきます。
私は「自宅でできるリハビリのやり方を指導する」ことにポイントをおいた週2回×1ヶ月間の処方箋だったのですが、実際には1ヶ月間では装具の制作やリハビリのアップ程度で終わってしまい、もう1ヶ月処方箋を追加してもらいました。

自宅では1回1時間かかるメニューを1日×2セットと、手指のリハビリもやってます。今は関節注射打ったため、休憩中。

あと、カリフォルニア(アメリカ全土?)には関節炎支援団体というのがあり、そこが経営する温水プールがあって、1年中、1回$10で使用できます。そこには「関節炎・リウマチ専門のプールでのリハビリ」というコースがあり、1回$35です。
ちなみにここのトレーナーは、(たぶん)リハビリ医がボランティアで請け負ってくれているようです。
$35という費用は、このセンターの運営費に当てられるみたいですね〜。私はまだここを利用していませんが、下見した時に説明してくれました。受付にいたステキな女性も、装具を着用した関節炎患者さんで、ボランティアでやってると話してくれました。

Commented by racity at 2006-08-11 21:53
ボルボさん、

日本ではMTX、一気飲みしている人いないのですか。ちょっと驚きました。(8mg以下をわざわざ分けて飲んでいるんですね。)日本人の胃は繊細だから、わざわざ分割させているのかな?(アメリカ人、狩猟民族の肉食だしっ。)確か、一気に服用するほうが分割よりは効果的、みたいな話、聞いたことあります。

ところでもし、ボルボさんがMTX20mg服用を考えているのならば・・・もう少し身体を整えられてからの方がいいような。今までの積み重ねで身体が相当、参っていると思います。(ところでMTX20mgまでいくなら、イムランはどうするんですか?)
Commented by racity at 2006-08-11 21:54
やっさん、

私は首のリハを受けたことがありましたが、「ステロイド系の薬を含んでるシート」って初めて聞きました。そんなものがあるんですね。

> カリフォルニア(アメリカ全土?)には関節炎支援団体というのがあり、そこが経営する温水プールがあって、1年中、1回$10で使用できます。そこには「関節炎・リウマチ専門のプールでのリハビリ」というコースがあり、1回$35です。

東にはありませーん。カリフォルニア、すげー!こちらにあるのは、せいぜい、Arthritis Foundation がYMCAと提携して持っている関節炎患者の為のエクササイズのクラスくらいです。ちなみにそのクラスにはリウマチ患者はほとんどいなくて、変形関節症(OA)のご高齢の方達で占められていました。

下見に行かれたとういことは、そのコース受けられるのかも?そういうコースで関節をリハしながら、地元のリウマチャーと知り合いになる、、、楽しそうですなぁ。

やっさんの所、やっぱり環境、整ってますよ。メチャ、羨ましい~。私もカリフォルニア、行きたいぞ!!!
Commented by ボルボ at 2006-08-12 20:31 x
けんけんさんの言うとおり、やっさんの環境、めちゃ羨ましいですね~~。特にプールの件。プールでのリハビリコース、ぜひ参加してみたい!!

けんけんさん、そうなんですよ。日本とアメリカの違い、感じますね。やはり国土の大きさの違い? 日本では少量のMTXを分けて飲み、アメリカでは大量?のMTXを一気飲み。この対象が面白いですね!!

一気飲みのほうが分割飲みより、効果も大きく、副作用も大きいということでしょうか?

けんけんさん、いつも心配ありがとう。ま、いくら無謀な私でも(笑)今すぐMTX20mgには行かないと思います。まだ貧血も完全に回復していないし、このところ新しい治療にトライすると必ず何かよくないことが起こるし。。。これまでのイケイケ治療の反動で体も疲れてきているのかなあと思っています。MTX20mgにしたら多分イムランは中止でしょうね。
Commented by やっさん at 2006-08-13 08:01 x
>>プールのリハビリコース

みなさんもおっしゃるとおり、私も主人がこの施設とコースを見つけてくれたとき、驚きとうれしさで一杯でした。日本でプールのリハビリコースを受けられるのは、大学病院で手術した人だけでしょうか。それも、全部の大学病院にこういう施設があるとは限らないしね。

もう少し生活が落ち着いてきたら、是非このプールのリハビリを受けてみたいと思ってます!
このリハビリは1回30分で、トレーナーとマンツーマンです。
数回通ってやり方を覚えたら、アパートのプール(いわゆる砂漠地帯なので、アパートにも住民用のプールがあります)でできるかな〜と思っています。今は他の人の隙間をねらってウォーキングしたり、ジャグジーで体操しています。

あと、手のリハビリ専門医の費用は、私の保険で適用を受けた場合、1ヶ月8回で自己負担額は約$400です。
もっともっと続けたかったけど、処方箋が切れると全額自己負担になって月額$1,800(20万円以上)はかかるので、無理です。
私は、保険制度は日本が世界一だと思っています。


<< 過去のコメントその2