薬の購入方法
処方箋薬を買う場合、アメリカでは(私が知っているかぎり)二つの方法があります。

一つは近所の薬局に直接処方箋をおとし購入する方法(通常の購入方法)。もう一つはメイル・オーダーといって、処方箋をメイル・オーダー薬局に送り、購入する方法です。それぞれ長所・短所があるのその時の状況により、使い分けられるとよいと思います。


<通常購入の場合>

アメリカに住んでいる方なら既にご存知の方法で説明するまでもないかと思いますが、自分で直接薬局に出向き、購入する方法です。薬局の在庫状況や込み具合にもよりますが、大抵、処方箋をおとした30分後には薬を手にすることが出来ます。

(長所)

・薬がすぐに手に入るので便利。

・その場で購入した薬が正しいものかどうかチェックできる。
(ドクターの勘違いで違った薬を処方されたり、処方量を間違われたり(←これは事前に処方箋をチェックすることで回避出来るミスですが・・・)、または薬局側のミスも起こりうるので薬を購入したその場で確認したほうがいいです。その場で間違いに気づけば面倒なことにならず、薬の払い戻しもききます。←この手のミス、よくあります。)

・1ヶ月分ごとの購入になるので、薬が身体に合わなかった場合はお金を無駄にすることなく済んでよい。


(短所)

・1ヶ月ごとに refill しなければならず面倒。

・自分で薬局に出向かなければならない。(最近、 refill はネットや電話で、そして薬も配達をしてくれる薬局が多いようですが。)

・メイル・オーダーと比較するとコストが高くつく。



<メイル・オーダーの場合>

メイル・オーダーは主に慢性疾患の薬の購入のために使われます。自由が利く通常購入と違い、メイル・オーダーは手続きが面倒で、薬を手にするまでに時間がかかります。が、コストは断然、お得です。しかも、3ヶ月分まとめての購入になるので、しょっちゅう refill をしなければいけない通常購入と違い煩わしくありません。メイル・オーダーのながれとしては

1. 処方箋(必ず3ヶ月分の処方量をドクターに書いてもらう)をメイル・オーダー薬局に送る。
2. 処方箋が薬局に届き次第、薬剤師が薬の飲み合わせなどについて調べたり、ドクターに確認を入れたりする。
3. 薬の処方に問題がないこと確認後、薬が自宅(もしくは自分の仕事場など、場所を指定できる)に郵送される。(急ぎの場合、速達(有料)、急がない場合、普通配達(無料)と選ぶことが出来る。)

このながれで、処方箋送付から薬が自宅に届くまで、2週間前後かかると思ってください。つまり緊急の場合には使えません。そして時間的に余裕がない場合も活用しないほうがよいでしょう。(但し、refill の場合は既に情報が登録されているので2週間かからずに薬を購入できます。私の経験では手続きとってから1週間以内には届いていますが、どのくらいの日数かかりそうか、メイル・オーダー元に問い合わせてみるとよいですね。)

まとめとして長所短所をあげますと・・・

(長所)

・安い!

・3ヵ月分まとめて送られてくるので refill が煩わしくない。

・ refillが非常に便利(ネット、電話で手続きを行い、薬は自宅へ郵送されてくるので。)。

(短所)

・処方箋(&それに伴う書類)を薬局に送らないといけないので面倒。

・薬購入の手続きをはじめてから実際手にするまでに日数がかかり不便。

・3ヵ月分単位で薬が届くので、身体に合わなかったりして服用を中止する場合、残りの薬が全て無駄になる。(払い戻しはよほどのことでない限り不可。)

・送られてきた薬が間違っていた場合、非常~に面倒なことになるか、泣き寝入りになる。
(薬局側のミスは返品ききますが、ドクターが処方量を間違えたり、微妙に薬の名前を間違えていたりした場合・・・返品ききません。←なのでドクターから処方箋を受け取ったら、郵送する前にしっかり確認し、ミスの予防に努めます。)

・最後に処方箋を郵送する際、紛失してしまうこともあるので気が抜けない、ということも付け加えておきたいとおもいます。(実際、こういうことが過去にありました。)



メイル・オーダーの薬局については、ご自分の保険会社に問い合わせてどの薬局が使用可能か(提携しているか)を確認してみてください。


<追加情報>

refillとは・・・薬の追加(というか補充?)注文がこれで出来ます。1回分の薬(1ヶ月分なり3ヶ月分なり)を購入後、次の分の薬が欲しい場合、わざわざ処方箋をドクターに書いてもらわなくても、このrefillが指定されていると、そのrefillの回数分、薬の補充ができます。
[PR]
by racity | 2006-03-17 23:53 | リウマチ
<< アメリカとほほ話(メイル・オー... Celiac Disease ... >>