アメリカとほほ話(メイル・オーダー編)
メイル・オーダーは値段が安くて refiil も楽でよいんですが・・・私とこのシステムは相性が悪いようでトラブルが結構あったりします。

トラブルの話は愚痴っぽくなってしまうので書かずに済むならそうしたいところなのですが、こういうことが起こる場合があるから気をつけて!という喚起を促す意味で、敢えてここに書くことにしました。

愉快な話ではないのでアメリカのこういった事情を知りたい方のみ、どうぞ先へおすすみください。



私は今年に入って保険会社が変わり、今迄使っていたメイル・オーダーが使えなくなった為、新しい保険会社と提携しているメイル・オーダー薬局にリウマチ薬5種の処方箋を規定の書類とともに送りました。

3日後にメイル・オーダー薬局から「処方箋と書類を受け取りました」との連絡が入り、いつになくスムーズにことがすすんでいるぞ!と喜んでいたのもつかの間・・・その後1週間たっても薬局側からはなんの連絡も入らず(普通ならその3日後くらいには薬を発送した旨の連絡が入る筈なのに)、これはおかしいと電話で問い合わせをしてみました。

すると「現在、リウマチ医に問い合わせていることがあって、その連絡待ちになり手続きが止まっている。」とのこと。「そういうことならドクターのオフィスに電話するより、ドクターの秘書に直接電話したほうが早いから、そちらに電話してみて!番号教えます!で、手続き再開してくださいっ。」と私がお願いしたところ、「あ、今、記録を調べてみたらドクターから連絡、きていたようです。手続き再開しました。」とのお答えがかえってきました。(←もしかして私が電話しなかったら、手続きしばらく止まっていた!?)

このような、いかにもアメリカらしい(?)やりとりが行われた翌日、「薬、発送しました。1週間から10日以内にはそちらに到着予定です。」との連絡が薬局から入りました。

そして1週間後、薬は無事に私の手元へと届きました。が、なぜかアザルフィジンだけ処方量が1ヶ月分(他は全て3ヵ月分届いているのに)。確かに処方箋は全て3ヵ月分書かれている事をチェックした筈なのにどうして!?・・・ということで、再び、薬局に問い合わせをしてみることにしました。

========================

私 「アザルだけ1ヵ月分しかこなかったんですが、どうしてですか?薬、3ヵ月分送られてくる筈ですよね?」

オペレーター 「え?1ヶ月分しか届かなかったんですか?おかしいですね。ちょっと調べてみますね。(数分経過して)こちらの記録によると、あなたのドクターが120錠(この120錠とは私の服用量の1ヵ月分にあたります。私はアザルを一日4錠服用しているので。)、と服用量を指定してきたので、そのような処方になりました。」

私 「え?でも私、ドクターの処方箋を確認した時にはアザルのトータルの服用量、3ヵ月分の360錠と書かれていたようにおもったんですが。仮に、そこのトータルが120錠となっていたとしても、一日の服用量、そちらから送られてきた薬のラベルにもちゃんと「1日4錠」って明記されてますよね?つまり、ドクターはちゃんと「1日4錠」と書いていたのは確かなのに、どうして一日4錠服用する薬の3ヶ月分トータルが120錠になるんですか?メイル・オーダーって3ヵ月分が基本ですよね?他の薬は全て3ヵ月分で届いているし。トータル量がおかしかったら、薬を私に発送する前に確認するべきじゃなかったんですか?」

オペレーター 「それは規則に反します。」

私 「一日の服用量と3ヶ月トータルの服用量があわなくてもそのまま薬、処方しちゃうんですか?それ、問題じゃないかと思うんですが。それで、それについて本人やドクターに質問するのが規則に反しちゃうんですか?」

オペレーター 「はい。規則に反します。」

私 「じゃあこちらから質問なんですけれど、この1ヵ月分のアザル、本当は3ヵ月分の筈だったんですが、どうしたら3ヵ月分に変更できますか?ドクターがあらたにそちらに連絡入れたら、あと2ヶ月分、追加でこちらに送ること、出来ますか?」

オペレーター 「一度受理され、手続きとられた処方箋の内容変更は出来ません。そして発送された薬の返品も不可能です。その1ヶ月分のアザルはそのまま手元においておいて、あらたに3ヶ月分のアザルの処方箋をこちらに送るしか、方法はありません。」

===========================

・・・と、このような、またまたアメリカらしい(?)やりとりを経て、割高についてしまったアザル1ヵ月分を購入し(1ヵ月分だけメイル・オーダーで薬を購入すると割高になる。っていうか、1ヶ月分と3ヵ月分の値段が同じになってしまう。普通の薬局で1ヶ月分買ったほうがよっぽど安い。)、再度、3ヵ月分のアザルを購入しなければならないことになりました。

もしかしたらドクターと薬局とのやりとりの最中、手違いが生じたのかも!?・・・と、ドクターに服用量の件、確認しようとも思いましたが、確認とったところで状況が変わるわけでもなさそうだし、私の時間と体力をこれ以上無駄に消耗したくないし、ということで、この件に関してはこれ以上深入りせず、忘れることにしました。



ということで教訓です。

事がスムーズに運んでいないようだったら(相手がちゃんと仕事してるかどうか)チェックを入れてみよう!

処方箋はあらかじめ、しっかりチェックしておこう!

受け取った薬も自分でしっかりチェックしよう!




・・・皆さんはこのようなトラブルなく、メイル・オーダーの購入が出来ますように。
[PR]
by racity | 2006-03-25 02:46 | リウマチ
<< 血液検査 薬の購入方法 >>