全てのリウマチ患者が、食事療法により治るわけではありませーーーん!
宿題の合間に、アメリカのリウマチ患者が集う掲示板を見ていたところ。。。

こんなニュース↓が話題になっていました。

Food Cures (NBC Today Show)←動画(というんですか?)になってます

内容は、、、

JRAの女性(高齢のドクターのコメントに続き、番組中に2番目にあわられコメントをしている、Rose Meade Hartという名の若い女性。)がある食べ物(アメリカの代表的な脂っこい食べ物)を食すと関節炎が悪化することに気づきました。そこで、その痛みに関係しているらしい食べ物を除去してみたところ、体調が改善したそうです。

そしてリウマチ患者の彼女の短いコメントに続いて、「Food Cures」という本の著者がでてきて、どの食べ物が関節炎患者にとって良いのか、悪いのかを説明していきます。

英語を聞くのは苦手でも、記事は読んでみたい、という方がいらっしゃるようでしたら、活字バージョンはこちらにあります。

このニュースが話題にあがったこちらの掲示板では大きな反響をよんでいて、これについて、ものスゴイ数のコメントがついていました。はじめの30レスを読んでみましたが、コメント内容は「食事療法でリウマチが治るのは極々、一握りのリウマチ患者である。」ということを皆さん、強調されているようです。

私のリウマチと食事療法に対するスタンスですが、

「極々一部の人達には、ある種の食べ物に含まれている物質により炎症が悪化する場合もあるかもしれない。極端な食事療法でないかぎり、それらを試し、自分の身体がどう反応するのかを確認してみるのもよいかも。」

というものです。

ちなみに私自身は、このTV番組にでてくる本の著者が提示した「避けるべき食べ物」を徹底回避し、「関節炎に良いという食べ物のみを摂取する」、というダイエットを1ヶ月半ほど続けましたが、なんの効果もありませんでした。食べ物が全く炎症に関係しないタイプのリウマチ患者のようです。←こういう人がリウマチ患者の大半だと思うんですが。

最後にもう一言。

関節炎に良い、とされている食べ物を摂取するにしても、それにばかり偏らないほうが良いかと思います。例えば魚のオイルなど、摂取しすぎるとよくない、というリポートもあるようですし、また、魚は水銀の問題もあるとか、ないとか言われているし。

また、ビタミンも薬との飲み合わせの問題があったり、ある種のビタミンの大量摂取は、非常に危険なものであったりもするようです。摂取量によっては関節炎を引き起こしてしまうビタミンもあったりして。

つまり、いくら身体にいいとか関節炎に良いといわれるモノであっても、摂取はほどほどに、ということですね。

・・・アメリカでこんな感じでリウマチが取り上げられていました、という一つの例として、紹介させていただきました。
[PR]
by racity | 2007-04-16 12:03 | リウマチ
<< またですか~っ 長男のIEP (自閉症の彼の為... >>