リウマチ医との診察
先日(7/21)、リウマチ医とのアポがありました。

そこで疑問に思っていた「私は本当にライム病だったのか?」と「(ライム病と診断下した看護婦さんから勧められた)感染病のスペシャリストとの診察は必要か?」について質問してみました。

ファイナル・リポートとして出された血液検査結果を先生に見せながら尋ねてみたところ、主治医の見解は

「ライム病の可能性はかなり低かったでしょう。」

とのこと。

理由は私の症状が典型的なライム病のものとは違っていたということと、血液検査結果がライム病と確定診断するには十分でなかったこと、などからでした。

具体的にどう典型的症状と違っていたかというと、、、

ドクターの話ではライム病からくる関節炎の場合、局所的に関節がパンパンに腫れ、その周りに発疹がでたりするそうですが、私の関節炎は身体全体的に痛だるいように現れ、発疹もでませんでした。

また、私が発見したダニっちーのサイズを聞かれたので「米粒よりも、もうちょっと大きめなサイズ」と答えたところ、ライム病の原因になるダニは「点ほどの小さな小さなもの」で、そんなに(私が目撃したもののように)大きくないことも指摘されました。(・・・でも、もともと小さかったのが沢山ご馳走を食べて米粒大に育ったかもしれない?そんな可能性、ない?ということを後から思ったりしましたが、聞けずに終わりました。)

ちなみに下記が検査結果です。

=======================================

<<血液検査結果>>

Lyme IgG/IgM Ab ***1.43 High (Positive)
 Lyme Ab Interp. , EIA ***Positive Abnormal

Lyme Ab IgG by WB: (↓これらの細かい項目で5つ、陽性がでていないとライム病とは診断できない、とのこと。)
 IgG P93 Ab. ***Absent
 IgG P66 Ab. ***Absent
 IgG P58 Ab. ***Absent
 IgG P45 Ab. ***Absent
 IgG P41 Ab. ***Absent
 IgG P39 Ab. ***Absent
 IgG P30 Ab. ***Absent
  IgG P28 Ab. ***Absent
 IgG P23 Ab. ***Absent
 IgG P18 Ab. ***Absent 
Lyme IgG WB Interp. ***Negative

Lyme Ab IgM by WB: (↓これらの細かい項目で2つ、陽性がでていないとライム病とは診断できない、とのこと。)
  IgM P41 Ab. ***Present Abnormal
  IgM P39 Ab. ***Absent
  IgM P23 Ab. ***Absent
 Lyme IgM WB Interap. *** Negative

Lyme Disease Ab, Quant, IgM ***<0.91 (Negative)

=======================================

上にも書いたように、陽性(Abnormal/Positive)とでている項目もありますが、細かい検査項目での陰性(Absent/Negative)が目立っており、これらがしっかりと陽性にならないと「ライム病」と確定診断するわけにはいかないそうで、よって(発病当時、そうだったように)私はライム病を持っていなくても、ライム病検査項目によっては陽性とでてしまう、そんな体質だったみたいです。


そういうわけで聞くまでもなかったんですが、一応「感染症のスペシャリストに会う必要は?」について問うた私に、

「スペシャリストに会う必要?ライム病じゃなかったみたいだしね、必要、ナイ、ナイっ。例えライム病に罹っていたとしても、もう抗生剤を3週間も服用したことだし、治療もすんじゃってるし(笑)。」

と、笑って(!)答えた主治医なのでした。

・・・ちっ、ライム病でもないのに余計な抗生物質、服用してしまったじゃないか!薬は胃とか肝臓にくるから(←以前、肝臓に異常がでて抗リウマチ薬をストップしなければならなかった事があったので)出来るだけ、不必要な薬はとらないようにしていたというのにっ。・・・っと思ったところで疑問が。

なぜにライム病でない自分に関節炎悪化がみられ、その関節炎に抗生物質の効果があったのか???

「自分はライム病」っていう思い込みが激しかったから?いろいろな意味で、プラシーボ効果?

・・・長くなったので続きます。
[PR]
by racity | 2008-07-22 09:29 | リウマチ
<< リウマチ医との診察 その2 時差ぼけ >>