<   2005年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
        
リウマチ医に会うまでの道のり
アメリカでリウマチ医などの専門医とアポをとりたい場合、かかりつけ医(こちらでは「family doctor」とか「Primary care physician」と言います。)の紹介が必要になります。

*保険によっては、もしくは専門医によっては紹介がなくてもアポが取れる場合もあるかと思いますが、一般的なながれとして、そうなっています。


もしご自分のかかりつけ医が決まっていないようならば、加入している保険会社に「保険会社と提携しているドクター・リスト」を請求してみてください。そのリストの中から自分でよさそうなドクターを選びます。リスト外からドクターを選ぶことも可能ですが、保険会社は支払いを拒む場合がありますので、その場合は自腹をきる覚悟をして下さい。

良さそうなかかりつけ医ってどうやったら分かるんだ、という感じですが・・・一番良い方法は近所の人や知り合いに評判の良い人を教えてもらうことです。評判の良い人がリストにいない場合は、家から近い場所にオフィスを持っているドクターを選ばれるのもよいかと思います。私のかかりつけ医も家の近くにいるのですが、病気の時に近い場所にドクターがいるってとても助かります。(体調の悪い時にはとてもじゃありませんが遠出出来ませんよね。例え誰かに車をだしてもらったとしても身体に堪えます。)・・・それでもし、選んだドクターとどうしてもウマが合わいようなら、次のドクターにあたってみればいいでしょう。

かかりつけ医があなたの症状を診て「専門医との診察が必要」と判断すると、専門医(スペシャリスト)を紹介してくれます。この際、保険によっては紹介状が必要になることもあるので、かならず紹介状必要の有無を保険会社に確認しておいて下さい。せっかくリウマチ医とのアポがとれたというのに、診察当日に紹介状をかかりつけ医から貰い忘れた為に門前払いを受けてしまうというケースを、私自身、何度も目にしています。

専門医とのアポはなかなかとれません(←特にリウマチ医は)。・・・ということで、1、2ヵ月先までアポがとれないということがざらです。痛みが激しくてそんなに我慢出来ないぞ!という場合には・・・

・専門医の受け付けの人にその旨、伝えてみてください。そしてキャンセルなどで空きがでた場合に連絡をもらえるようお願いするか、もしくはウェイティングリストがあるようならば、そこに名前を残してもらうようにしてください。

・かかりつけ医(ファミリードクター)にも専門医とのアポまで待てそうにない旨を伝えてみてください。あなたのかかりつけ医が親切な人だと、リウマチ医に連絡をつけてくれます。そうするとリウマチ医が特別にアポを設定してくれる場合もあるようです。そうならなかった場合でも、かかりつけ医が症状が楽になるように、なんらかの薬を処方してくれる場合もあります。


あなたが既にリウマチと診断を受けていて、保険上もかかりつけ医の紹介が必要なく、リウマチ医に直接アポをとりつけられる場合はアメリカの関節炎友の会「Arthritis Foundation」(日本でいうリウマチ友の会のようなものですね。ただ、アメリカの場合はリウマチに限らず、他の膠原病患者も対象になっています。)にリウマチ医のリストを請求してみてください。電話帳で調べるよりも楽にリウマチ医を見つけられると思います。(そして選んだドクターが保険会社と提携をしているかどうかをチェックすることもお忘れなく。)

下にアメリカリウマチ友の会のリンクを貼っておきます。(この会に入会すると「Arthritis Today」という雑誌も隔月で送られてきます。)

Arthritis Foundation


リウマチ専門医を地域別に探されたい場合、こちらの記事をご参考までにどうぞ。
[PR]
by racity | 2005-12-03 08:09 | リウマチ