<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
        
ナゼ子供は旅行直前に、狙ったように熱出したり、怪我したりするんでしょうか。
旅行に行ってきまーす、とこちらに報告し、ウキウキと旅支度をしていたけんけん一家に問題発生!

この旅の直前にですね。うちの次男、膝にちょっとばかし深い切り傷を作ってしまい(危ないからやめろ!という親の注意を聞かず、おばかなことをし続けて傷、作りました。)、今日の夕方、ERに行ってきました。←またERですよ。。。すっかりお得意様状態ですよ。。。

傷自体は2針縫っただけの大したものじゃないんですが、場所が膝ということで、足の曲げ伸ばしの際に傷口が開かないようにと、なんともオーバーにギブスもどきを足につけてます。これ、10日間、とっちゃいけないそうです!

お風呂とか、飛行機内とか、歩いて移動する時とか、、、この曲げられない足、一体どうするんでしょうか(しかも10日間もだよっ)。ど~して旅行前にこういうことになるんでしょーか、ねぇぇぇ。(勘弁してほしいです。)
[PR]
by racity | 2007-06-17 09:54 | その他
        
卒業式
昨日、長男の卒業式に出席してきました。

去年、卒業式のお手伝いボランティアをした時に、卒業生の父兄たちが口々に「ティッシュ、持ってきた?泣いてもいいように、ちゃんと準備しとかなきゃねっ。」と交わしていた会話を耳にしていたもので、「そっかぁー、卒業式の時、父兄は泣いちゃうかもしれないんだぁ。じゃあ、私なんて、今迄の出来事が走馬灯のように頭の中を駆け巡っちゃって、他の誰よりも泣いちゃう可能性高いよなぁ。」と張り切ってハンカチ持参で望んだんですが、、、式の最前列に座っていた(*)長男の様子が気になって、気になって、、、(口、開けっ放しにするなぁ~!とか、ソワソワせずにちゃんと席についてろ~!とか、余所見せずに人の話、聞け~!とか)、、、感傷にひたる暇もありませんでした(笑)。

*卒業生は講堂正面のステージに席が設けられていて、父兄や先生達と向かい合わせのようなカタチで座っていたのです。彼らはそこで席につきながら、出番には歌を歌ってお披露目したり、ということをしていたのでした。

しっかし、うちの長男、背が低いっ。低すぎです。他の子供達と頭、1つか2つ分、違っていました(泣)。背の低さに加え、顔も童顔、行動も幼いし(クラスで一番年が若い、っていうのもあるでしょうけど)、お兄ちゃんとお姉ちゃんのグループに間違って入っちゃった?状態。特に女の子はお化粧してドレスを着ると、とーーーっても大人っぽくなっていてビックリでした。

さて。 この式でもう一つ、気づいたことが。

長男は音感が人よりあるみたいなんですが(・・・私もダンナも、ピアノのコードとか、3つも4つも音が重なってくると聞いただけでは何の音が入ってきているのか分からないんですが、彼にはそれが分かるそうで、こういう課題についてピアノの先生と対等に話し合えるんですね。親の私達は彼らの話しについていけず、この話題になるとすっかり蚊帳の外状態になっちゃうんですが。。。)、リズム感が全く無し!絶望的なくらい無し!ということがよーく分かりました。

式中に、卒業生が歌を歌いながら手拍子をするという部分があったんですが、「なんじゃそりゃ~~~っ」、とダンナと笑っちゃうくらい手拍子とリズムがメチャメチャでした。あそこまで音楽と手拍子バラバラに出来るって、ある種の才能なんじゃないかと思ってしまうほど。音楽というのは、音感とリズム感とそれらをどう身体を使って表現するのかの技術(演奏)がそれぞれが独立した要素としてあるのだということ。それでもって、それらの要素のうちの一つが大きく欠如していても、そこそこ楽器を演奏できちゃうものなんだ、としみじみ感じました。

・・・と、式の最中にメインの卒業というテーマからはずれ、余計なことに自分の神経が集中していたもので、湿っぽくもならず、あっという間に終了した卒業式でした。彼、この8月の終わりに中学生になりますっ。親子ともに闘いの日々が待っていることでしょう。闘いってオーバーじゃない?って感じですが、、、この学年末、ガンガン、問題が起こって、学校から電話かかってくるわ、私が学校に赴くわ、と実に色々あったんですよぉ。

学校は来週の中頃までありますが、けんけん一家は一足早く、夏休みに入る予定です。もう少ししたら旅にでます。旅先では今迄のストレス解消してノーンビリ過ごし、来るバトルへの鋭気をやしなってきます。皆様もよい夏をお過ごし下さいませ。
[PR]
by racity | 2007-06-15 06:06 | 自閉症&子育て
        
bareMinerals とかアザルとか
先日、巷で話題になっている(←もしかして現在形じゃなくて、もう既に過去形?)、bareMineralsなる化粧品を初めて使ってみました。

最近TVでもこの宣伝をよく見かけるし、ネットでも口コミで広がっているようで、とーっても気になっていました。ファンデーションはただの粉なんですが、そのカヴァー効果、自然な仕上がり、手軽さが人気なんだそう。

私が惹かれた点は、そのカヴァー効果。顔に痣かシミのある女性がこの化粧品を使ってみると・・・あ~ら不思議っ。それが跡形もなく消えてしまいましたっ。。。というTVでの実演(というの?)を見てから、とにかく気になっていました。←すっかり宣伝に踊らされてます。

bMはネットでも購入可能ですが、このカヴァー効果が本当なのか、まずはこの目で効果のほどを確かめてみたい!(ただの粉ファンデで、シミとか痣とか消えちゃうわけ???)と、直接購入できる店を探していたところ、、、先日、やっと見つかりまして、自分の顔に試してみることができました。

「すっごいカヴァー効果!」とまではいきませんが、たかが粉なのに、そこそこカヴァー効果があるようです。私の顔に大きくあったシミも、私がいつもコンシーラーとファンデを使用したのと同じくらい、カヴァーすることが出来ました。

なもので、お試しセットを買ってみて、うちで早速自分の好きなように使ってみました。仕上がりも「ファンデぬったくり!」というのとは違う、自然な仕上がりです。長時間つけていても、以前、私が使っていた製品のものよりもよれない、という部分も気に入りました。

しかし、あまりにも自然な仕上がり。。。本当に顔にファンデ、ついているんだろうか・・・と不安になりつつ、でも化粧をコットンで落としてみると確かにファンデはついているようだし、、、ま、もう少し様子を見て、この先も使い続けるかどうか、考えてみたいです。

ところでナゼ、私がこんなに熱心に化粧品探しをしているのかというと・・・奥さん!シミですよ、シミっ。私、アザルとMTXを日本の上限の倍、服用しているんですが、このアザルを使い出してから、ビーックリするくらいシミが出始めたんです。(いえ、もしかしたら加齢からきているのかもしれませんが(笑)。でも服用前なんて全然、気にならなかったというのにっ。) 「あれ、シミ???この年で???ちょっと早くない???しかも日焼け止めちゃんと使っていて???」なんて思っていたら、あれよあれよという間に、手の指にもポツポツ出始めて本っ気で驚きました。

もしかしたら私がこういう体質なのかもしれないし、それ相応の歳だからなのかもしれないけれど、アザルを2g前後使っている方は、日焼け対策、きちんとされた方がいいかもしれません。

皮膚科の先生からはSPF55くらい使いなさい(私はそれまでSPF20前後を使っていたんですが全く効果なしだった)。で、あまり気になるようなら、秋になったら処置してあげるわよ、と言われているので、いざとなったら先生にお願いしちゃおうかなぁ。

でも、たかがシミだからね、これ以上増えなくて、ファンデでそこそこ隠れるのなら放っておいておこうかな。。。bM使って、これから一体どうなるか!?実験&観察に入りたいと思います。
[PR]
by racity | 2007-06-07 06:29 | その他
        
麻疹
今、日本では麻疹が流行っていて大学が次々と休校になっているだの、日本からカナダに修学旅行に来ていた学生達の中で発病者がでて大変だった、なんて話を耳にするのですが、、、この麻疹騒動、そろそろ終息にむかっているのでしょうか。リウマチャーで免疫抑制剤や抗TNF剤を使っている人達にはこういう流行りモノ、直接命に関わってきそうで不安になりますよね。

この夏、日本に里帰りを考えられているリウマチャーもいらっしゃるかもしれないので、私が聞いた話をちょこっと記しておきます。

私が地元の疫病センターや主治医から聞いた話ですと・・・アメリカにいる学童期の子供の場合、こちらでの法律により(州によっては例外もあるかもしれませんが)、麻疹の予防接種は2回することが義務付けられており、これを行っているのなら、まず、かかる心配はないそうです。

しかし、2回目の接種を受けてから10年以上経つ場合は効果が薄れている事もあるかもしれず、その辺りが心配ならば身体に抗体が残っているかどうかを血液検査によって確認できるので、それをされると良いとの事。この検査により抗体が無いことが分かったら、再度、予防接種を受けるとよいそうです。

また、既に麻疹にかかっている人達はおそらく、この先かかることは無いとの事。

予防接種のみで麻疹にかからずに今に至っているリウマチャーで、免疫抑制剤や抗TNF剤を使っている人達の場合・・・ちょーっと事情が複雑になるようです。まずは、抗体を調べてみます。それでその結果、抗体がないことが分かったら・・・残念ながら打つ手はないそうです。アメリカの麻疹に対する予防接種は2種類あり、一つは単品で、もう一つは混合なんですが、どちらも生ワクチンなので接種を受けることが出来ないそうなので。

こういう場合、麻疹の流行が落ち着くまで里帰りを延期するか、もしくは人ごみを避けるとかくらいしか対処法がなさそうな。。。でももしかしたら主治医が良い知恵を持っているかもしれないので相談されること、おすすめします。
[PR]
by racity | 2007-06-01 10:50 | リウマチ