<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
        
日本の主治医との診察<その1>
こちらに戻ってきて2週間。ようやく時差ぼけも解消したようです。(こちらから日本へ向かう時はさほど時差ぼけ辛くないんですが、日本→アメリカは強烈で、毎回、苦しんでます。)

さて、その日本帰国。今回の帰国は荷物整理や子供の日本語学習だけでなく、もう一つ目的がありました。それは身体全体のレントゲンを撮る事と、以前、アメリカではかった抗CCPの値をもう一度チェックすること。ついでにMMP-3もどうなっているのか確認したく、それらを調べてきました。

なぜ日本でレントゲンかというと・・・こちらでは(というか私のアメリカのリウマチ医達は)ほとんど、レントゲンを撮らないのです。

昔の主治医からは発病当初にレントゲンを撮る指示がでたのみで、あとはこちらからレントゲンの話を持ち出さない限りしてくれませんでした。(お願いしても渋々、というか、じゃぁカタチだけ撮ってみるか、みたいな感じで。)

今の主治医もレントゲン、ほとんど撮りません。撮っても、1、2年に一度、両足首から指先までと両手首から指先までのレントゲンのみです。それも、これは私がリウマチ患者のデータ採取のリサーチに参加しているからであって、私個人の病気の進行を調べる為のもの、というわけではなさそうです。

本来ならば1年に一度は身体の主要な部分の骨の状態を見て、病状のすすみ具合をチェックした方がいいんじゃないかなぁ、と思ったりするんですが。だって、骨って痛みがなくても壊れていきますよね!?でもって私の場合、腫れが年単位で続いている場所とかも複数あったりするんです。そういう場所、一応、関節として機能はしていますが、現在どういう状態になっているのかな、とか気になりますよね!?

で、もし、病状がおもったよりも進行してしまっているようなら、手遅れになる前の段階で薬の増量や変更を考慮することが出来るじゃないですかっ・・・と私は思うんですけれど、ね・・・な~んか、ここではそういうふうにはいかないようで。。。(ちゃんとレントゲンを定期的に撮ってくれる病院を探せばいんですが、、、ど~頑張っても今の病院以上のクオリティーのところ、見つけられないのです。それにね、仮にレントゲンを毎年撮ってくれる病院を見つけたからといって、そこにいるドクターに力量があるかどうかはまた別の話になるし、で。)

なので、身体全体のレントゲンを見たかったら日本に帰って、日本の主治医にお願いするようにしています。

前回の帰国は2年前でした。その時はほとんどの骨に目立った異常はありませんでした。(除く、首。首は発病してすぐに4mm前後のずれが起こっているので。)

そして今回。今回は結構、病気すすんじゃってるんだろうなぁ、と思った通り、指の関節の位置がずれてしまっていたり、腱が緩んでいたり、骨が極度に薄くなっていたり、虫食いにあったかのように欠けていたり・・・目に見える変化がボロボロでてきていました。

特に左の人差し指。春辺りからタイプをしていると引っかかってくるようになりました。一時的なものかな、と思っていたら、夏の日本帰国が迫った頃にはタイプだけでなく、他の動作をするにもこの指、一々引っかかるようになってしまって。この状態どうかなぁ、こうなると、もう手術しかないのかな・・・いやいや、もしかしたらまだ関注効いたりして!?と淡い期待を抱きつつ、日本の主治医に関注うってもらったんですが、どうやら手遅れだったようで効果ありませんでした。

(この指、アメリカの主治医とは「次回のアポにどうするか決めよう」ということになっていて、その「次回のアポ」というのが明日あります。オカシイと気づいた時に、診察日を待たずに飛び込みで診てもらえばよかったんですが、日本帰国をはさんでしまった為、ずるずると今日に至ってしまいました。何か解決策がありそうか(もう、なさそうな気もするんですが)明日、こちらのリウマチ医と今後の事、話してきたいとおもいます。)


それでもって抗CCPですが、「正常値が4.5未満」となっている中、私の値は「46.3」でした。

アメリカではかったものは、読み方が日本のものと違っているようで、

「20以下は正常」
「20-39はうっすら陽性」
「40-59は普通に陽性」
「40-59はかなり陽性」
「60以上は非常に陽性」

というように数値を読む中、私の値は「89」で「非常に陽性」、という結果になっていました。<2003年12月>

抗CCPはRAかどうかを判定する検査という以外に、その人のRAのコースを予測できる検査であるということも言われており、本当にこれでRAの将来性が分かるのか興味あったので日米の検査結果を比較したかったんですが(比較しても将来性の真偽のほどは分からないでしょうが、なんとなく調べてみたかったんです!)読み方が違うということで比較が出来ず、残念でした。

その他にも、抗CCPの値は本当に変動がないものなのか(この検査はRAかどうかを調べるものであり、RAの活動性を調べる検査ではないと言われていて、それが本当かどうかも)知りたかったのですが、検査結果比較をすることが出来ず、こちらも分からずじまいとなってしまいました。


そして、MMP-3。

前回は確か、「60」辺りだったように記憶しているんですが、今回は「69.2」でした。

すーっごく悪いわけではないけれど、じりじりと数値があがってますね。今回この検査をした時、私は寛解状態ではなかったので正常値に入っていないのは当たり前なんですが、いつか私が寛解に入った時にこの値が正常に入るのかどうか、興味あるところです。

=========================

<8/6/07 追記>

2年前のMMP-3の値、「60」ではなく、「50.5」でした。おもいっきり正常値に入っとりました!で、今回は2年前に比べて悪化してるじゃないか~っ。2年前も今年も、同じような体調だったように思ったのですが実際、どうだったのか。検査結果がちゃんと炎症の状態にリンクしているのか確認いれてみようとおもいます。
[PR]
by racity | 2007-07-29 07:05 | リウマチ
        
夏のイベント一つ終了&昔話したがるのは年食った証拠&懺悔
3週間の日本帰国を終え、一昨昨日、無事に我が家へと帰宅しました。

今回、日本へ行った大きな目的は2つ。

一つは私が実家に残していた荷物の整理をすること。もう一つは日本語学習を始めた長男を日本語の環境におくこと、でした。

この荷物整理をしながらしみじみ感じたのは、日本はゴミ処理が徹底しているなぁ、ということ。

私の実家がある居住区は特に厳しい(らしい)そうで、可能な限りリサイクル出来るものとゴミとに分別し、それらを透明な袋に入れて捨てなければなりません。アメリカで物を捨てるのとは大きな違いです。

こちらでも、一応、リサイクル出来るものはしていますが、日本ほど細かく分別されていず、バサバサと大胆に捨てていきます。そう言えば日本から来ている人が「これもゴミ箱に捨てていいの?え~これも一緒に捨てちゃっていいの?」と驚いていたこと、思い出しました。

また家具などの大きな不用品も捨てられるようにと、こちらでは定期的に大きなコンテイナーも用意されるんです。アメリカ人はそこに豪快に壊れた自転車とか必要なくなったソファーとかを捨てていきます。日本だと、家庭ゴミとして捨てられない大きさの物はわざわざ業者を呼んで、お金を払って引き取ってもらうんですよね。日本は地球にやさしい国ですよね。

地球にやさしいと言えばゴミ捨て以外にも、日本には弱冷房車とかありますね。アメリカでは夏は冷房ガンガンにきかせ(セーターを用意しなければいけないほど室内を寒くし)、冬は冬で暖房をきかせて室内では薄着で過ごす、、、こんな資源の無駄使いをしているんです。日本人は真面目に省エネに取り組んでいて、アメリカ人はそういうところ、見習わなければいけないんじゃないかなぁ、なんて思ったりしました。

・・・で、話は私の荷物整理に戻るんですが、その荷物の中には本と写真に混じって、手紙もいくつかありました。ほとんどの手紙が処分され済みで、高校卒業以降に受け取った十数通くらいが残されていたんですけど、、、これを読んでみると、当時の自分を取り囲む状況がハッキリと思い起こされてきて、結構面白かった、というか、自分に呆れたというか。

高校卒業間近の頃の手紙なんて話題がファミコンのドラクエ一色だったのには我ながら唖然としましたね。Wiiとかプレステ、DSの時代にファミコンの話されてもこちらご覧の若い方には分からないかと思いますが、私が中高の頃にはファミコンというゲーム機がありまして、ドラクエはもちろん、ポートピア殺人事件とかMOTHERなどなど、話題作がでていたんですよ。私、「ファミ通」も買ってたし、ドラクエ発売日には早朝にヨドバシとかに並んでソフト手に入れてたし、なんか青春だったなぁ。←なんちゅー青春だ。

と、こんなふうにですね、私は自分の青春をファミコン(厳しい親の監視の目を逃れながら)に捧げていたことを思い出しました。ゲーマーなんて根暗~って感じですが、私はただのゲーマーだったわけではなく、6年間テニス部にも所属していて、こちらにもちゃんと青春かけてたんで自称・健康的なゲーマーだったというかファミコン・オタクだったというところでしょうか。←なにか自慢げ!?

しかし、そんな青春をおくっていると、ろくな人間になりません。というわけで今の私があり、現在、昔勉強しなかった分を取り戻すかのごとく、せこせこ勉強しているわけです。

ゲームの話題ついでに書いちゃいますが、話題のWii、日本でやってきました!アメリカでは探してもなかなか見つからないWiiをっ。日本でもタイミングによってなかなか買えない(らしい?)というWiiをっ。偶然、ヨドバシカメラに出向いた際に発見!(←商品を持たずに並ぶ長蛇の客の列を不信に思ったダンナが探りいれたところ、レジにWiiが入荷されていたのを発見した次第。)>よくやったダンナ!

いそいそと列に並んで買っちゃいましたよ。でもって、Wiiの基本のスポーツソフトも購入し、やってきましたよ。なかなか楽しかったです。(今の私の関節状態にはちょいと負担かかったようでしたが。)

それでもって、このWiiでドラクエのなんとかがでるとか!?やりたいぃ~っっ。日本のWii持ってる元気な皆さんが羨ますぃ~っっ。

・・・あ、なんかゲームについての思い入れが強いため、興奮していろいろ語ってしまいました。お目汚し失礼いたしました。



さて、最後に一つお詫びが。

せっかく日本に帰ったのでリウマチ科存続を希望する署名運動に参加しようと、紙をプリントアウトまでして用意していたのに・・・時差ぼけと日々のスケジュールにおされ、一息ついて署名を郵送しようとした時には締め切り当日となり、投函することが出来ませんでした。日本のリウマチャーの皆様、ゴメンナサイ!

だ、大丈夫ですよね?廃止なんてこと、なりませんよね!?だって、科を廃止してもなんの解決にもなりませんよね?かえって混乱しちゃうような気がするんですが。大学病院の専門の科へ、直接患者がながれることを防ごうと思うのなら、いっそアメリカのようにファミリードクター制度にしてしまったほうが確実な解決に繋がらない!?(←その制度を軌道に乗せるのがまた大変だとは思いますが。)まさかリウマチ科廃止、なんてことにはならないと思いますが、、、本当に本当に力になる事が出来ず、スミマセンでした。

=================================

<7月25日追記>

昨晩、署名運動が7月末まで延期になったことと、海外からも署名受け付けるという情報を入手。なわけで今朝早朝に署名、日本へ郵送しました!

速達でメールすれば確実に末までに届くのですが、速達の費用はなんと$40!・・・ゴメン、署名にここまではかけられませんっ、というわけで通常エア・メイルとして郵送し、あとは運を天に任せることに。届くとよいな♪
[PR]
by racity | 2007-07-14 04:37 | その他