<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
        
アザル
コメント欄にも書いたように、抗リウマチ薬のアザルフィジンは葉酸の吸収を低下させるそうで、葉酸欠乏症が副作用の一つにあげられています。

ただMTXと違い、アザル服用時に葉酸が必要かというと、そうでもないようです。

私が見たり聞いたりした限りでは(日米の病院でだしている抗リウマチ薬の説明記事やリウマチ本など)、アザルと一緒に葉酸を処方するドクターはあまりいないように思いました。私がリウマチ医にアザルを処方された時も、特に葉酸が必要ということは言われず、私はアザルの服用を始めた当初は葉酸を摂っていませんでした。

ではナゼ、アザルに絡み私が葉酸の服用をはじめたかと言いますと、、、アザル服用はじめて数ヶ月した頃、定期的に診察を受けていた肝臓のスペシャリストから(私はその頃、肝機能の調子が悪く、肝臓のスペシャリストと定期的にアポを持っていた。)、「アザルを摂っているのだったら葉酸を服用した方がいい。」ということを言われたからでした。

この葉酸欠乏症ですが、初期症状は疲労だそうで、詳しくはこちら(メルクマニュアル)をどうぞ。アザル(スルファサラジン)についてもチョッピリですが記述がでています。


ちなみにアザルの服用量ですが(これもコメント欄に書きましたが)、日本での服用量は一日1g以下。アメリカでは 2~3g/日となっています。

日本での上限がアメリカと大きく違うのは、日本では「1gと2gでは副作用の発現率が有意に高かった。」(医薬品医療機器情報提供ホームページ の「アザルフィジンEN錠」の項目より)というデータがでたからだそうです。

私はアザル1錠の500mgからスタート。少量で身体(特に胃)を慣らしていき、服用はじめてから2週間後に1錠追加の1g/日服用に。2~3ヶ月くらいして効果を感じられるようになりました。

その後、ステロイドの減量の為に更に1錠(500mg)追加し、体がなれた頃にまた1錠追加し、と最終的に2g/日まで服用量をあげました。

それで私の場合、日本での「服用量1gと2gでは、効果にあまり違いがみられなかった。」というデータ(←岐阜県薬剤師会のサイトにでていました。他でも同じ情報、目にしましたが出所、見失いました。)に反し、1錠追加する度に、効果がしっかり感じられました。このアザルの増量でステロイドの減量を1~2mgできました。

今は日本でも抗サイトカイン剤やその他の新しい治療が受けられるので、日本の基準値を超えて従来の抗リウマチ薬使うよりは、新しい薬剤を使うほうが短期で良い結果に繋がるかもしれません。

でも、経済的事情で新薬を使えない場合や、新しい薬剤が副作用によって使えない場合には、私のように多めに従来の抗リウマチ薬を使うという方法もありかもしれません。・・・とは言え、私は今の所、薬との相性がそこそこ良いようで増量することにより結果を得られていますが、これは人によりそれぞれなので、私の記事を読んで増量を考えられた方は是非、ドクターと話し合ってみてください。
[PR]
by racity | 2008-02-16 09:50 | リウマチ
        
慣れ
昨日の早朝、久しぶりに血液検査に行ってきました。

待合室でボーっと自分の順番を待っていたらば、同じく検査の順番を待っていた、私よりやや年配らしい女性が、

「今日はバレンタインデーなのよね。そんな日に血液検査なんて、なんだかねぇ、ついてないわぁ。」

誰に言うともなく、話し出しました。

待合室には私とその女性のほかに、あと二人女性がいたのですが、話をきりだした女性と同年輩らしき一人が、

「ホントよね。ロマンも何もないわよねぇ。ここ(検査所)は、今日という日に、一番来るべきでない場所よね。なにが悲しくて、朝から検査なんて、ねぇ。」

と、相槌うってました。

私はと言えば、結婚記念日だろうが、自分の誕生日だろうが、血液検査を受けることに全く抵抗ないもので(リウマチ患者を長くやっているとそう、なりませんか?血液検査なんて日常生活の一部になってしまって。)彼女らの話には参加しませんでしたが、そんな待合室での会話を耳にしながら、世間とのズレを認識した、リウマチが自分の日常へと化していたことをなんとなく自覚した、バレンタインデーの朝だったのでした。
[PR]
by racity | 2008-02-15 21:24 | その他
        
ステ減量、再び
1月中旬からなんとな~く体調が(リウマチ的に)落ち着いていたので、2月に入ってステロイド減量してみました。

この、「なんとな~く体調が落ち着いた」状態というのは、、、朝のステロイドにプラスして夜には消炎鎮痛剤を常用していた私が、これを飲まなくてもこわばり&目立った腫れなく(軽い痛みはありつつも)生活出来る状態を指します。

服用量ですが、朝2mg一括服用から、朝1mgだけの服用へと減らしてみました。

そしてステ減量に伴い、服用することのなくなった消炎鎮痛剤を再び服用することに。消炎鎮痛剤を飲んでいても節々がさりげなく痛んだりしていますが、悪化、というほどのことはなく、朝のこわばりもないので、あと1~2週間様子をみて、元の服用量に戻すか、このままの量でいくか、決めたいと思います。
[PR]
by racity | 2008-02-11 13:50 | リウマチ