<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
        
注射4回目
前回の注射から15日後、4回目の注射をしました。

今回はコメント欄でアドバイスいただいたお腹に挑戦してみました。「お腹にするの、ちょー恐っっ」と怯えつつチャレンジしたのですが、これが今までのヒュミラ体験の中で一番痛みが軽くすんだのでした!注射自体もスムーズにいきました!内出血も無しです!

打った時、お腹にいつものような衝撃はありましたが(バネ仕掛けだから?針がでてくる際にちょっとした衝撃がある)、痛み自体はジ~ンと鈍いものですみました。これが大腿部だと、身悶えしてしまうほどズキズキと激しく痛むのです。アザもスゴイものが出来てしまうし、で。

こんなことならもっと早くに試しておけばよかったですっ。

とは言え、お腹だけに続けて注射することは勧められていないので、次回は反対側のお腹に注射し、その後はまたまた大腿部へ戻り、と注射部位を移していくことになります。(ヒュミラのサイトに、注射は一箇所だけに続けてせず、お腹と大腿部の部分をローテーションさせるように、とでていたので。)


それで副作用と効き目について、です。

今回は眩暈が少々強まりました。初ヒュミラの時のおっそろしい眩暈の出方に比べたらカワイイものですが、それでも時折、クラッと無視できない眩暈が起きるんですよね。(ちなみに足の痺れは相変わらず、途切れることなく初回時以降、強いものが続いています。)

ひさびさに副作用に変化が見られたので、これは効果も期待できるんじゃないか?などと思っていたのですが、残念なことに、こちらは全く感じられませんでした。

とは言え前回にも書きました通り、効果が全く感じられないとは言うものの、注射を始める前の状態に比べたら大分マシな状態をキープ出来ているので、そこそこ効いてはいるようです。ただ、初回の寛解突入か?的な効き目を感じた日から、徐々に下降気味路線を辿っている、そんな状態です。

具体的に言うと、今の不具合は右手親指の付け根部分と両足首に右の足先。

特に問題なのは右手親指。私がMSリスクを負ってでも(って、大げさですが)ヒュミラを受けようと思った大きな理由の一つに右親指の変形阻止がありました。大きな効果を早くに期待出来るということでリスクを覚悟で臨んだヒュミラなのに、これが1回目の注射以外にヒュミラの効果をしっかりと感じる事が出来ず、指が微妙~に曲がりつつあって(その上、怪しい副作用だけはしっかりと身体に出てきてしまっていて)、なんだかなぁ、という感じです。

あの初回の注射のミラクル・寛解感は何処へ行ってしまったのか・・・この注射の2日後に主治医とのアポがあったので副作用のこと、効果のこと、質問してみました。

・・・というわけで今年初めてのリウマチ医との診察へと記事は続きます。
[PR]
by racity | 2009-01-27 07:49 | リウマチ
        
三回目の注射(前回の注射日から18日後)
二回目の注射から18日経過し、三回目の注射をうちました。

本来ならば注射は14日間隔にするものなのですが、二回目の注射の効き目を全く感じられず、身体がヒュミラを欲している様子もなかったもので、気づいたら予定の2週間を過ぎてしまっていたのでした。

三度目の注射は、「二回目のような手ごたえの無い注射になっては困るゾ!」ということで初心に返り、Humira の製薬会社のホームページにある「ペン注射の打ち方」のビデオを確認するところからスタート。そこにでている説明文も熟読し、頭の中で注射を打つ様子をイメージしてから本番に挑んだのでした。

・・・結果、注射は前回に比べてスムーズに出来はしたのですが、注射跡を見てみたらば・・・直系10cmに渡る内出血が起こってしまっていました。深みのあるネイビーブルーと紺色の中間くらいの色で、なんともグロイことになってます。

ま、アザはいいんです、アザくらいは。問題なのは、この3回目の注射もまたまた効果を感じることが出来ずに終わってしまった、ということ。副作用も一回目の時に感じたようなひどい眩暈や針で刺されるような痛みも起こらず、ただただ、一回目の注射から続いている強い痺れだけが相変わらず続いている状態です。

あんなに真面目に注射したというのに、再び空振りに終わってしまった今回の注射。

1回目の注射が予想以上に効いたというのに(というか効き過ぎた?)、2&3回目の注射は、液は全て体内に収まったにも関わらず全く効果無し(しかも体調も徐々に下降気味。でも、まだまだヒュミラを始める前の最悪な状態よりはマシではありますが。)って・・・まさか、薬の抗体が1回で出来てしまったとか???いやいや、レミケイドじゃないのだから抗体は出来ませんよね???だいたい、MTXだって摂っているし、作ろうにも抗体出来ませんよね???

3回目の注射から2週間経っても、なんの効果も感じられぬまま、右親指の激悪化を筆頭に身体全体にモロモロの腫れを感じつつ、4回目の注射へと続きます。。。
[PR]
by racity | 2009-01-15 21:37
        
注射、二回目
一回目の注射からきっかり2週間経ったところで、二回目の注射を行いました。

ペンタイプの注射があまりにも簡単だったもので、二回目の注射も楽勝気分で臨んだのですが、この二回目の注射、一回目の時とはちょっと勝手が違ってしまったのでした。

ヒュミラペンには注射完了を確認する為の窓枠がついていて、ここをチェックしながら注射をします。窓枠内が透明な色から完全に黄色に変わった時点で注射完了となります。(黄色に変わるまでは注射は完了していないので、ペンを身体から放してはいけないことになっています。)

一回目の時にはこの手順通り事が運び、注射を完了することが出来たのですが、二回目の注射の時にはかなり長い時間、注射をし続けていたにも関わらず、窓枠内があともう一息で完全に黄色に変わるという所で停まってしまったような感じになり、微妙に中途半端な状態で注射を終えてしまいました。

もしかして液が漏れてしまった?と、おもわず注射部位を確認したのですが、漏れていた様子はなく。

その日の夜、注射した部分をチェックしたらば一回目の時にはでなかった、赤くポツポツとした発疹が直径10cmくらいの大きさにわたり出ているのを発見しました。(←痒みも凹凸も痛みもない、皮膚の内部で赤い発疹が起こっているような感じのものでした。)

この発疹以外にも二回目の注射は一回目のものとは違う!と思わされた理由の一つに、この注射、前回に比べて痛みがかなり軽くすんだのでした。前回は注射を打ち終わった後も、沁みるような痛さが続き、30秒くらい固まって動くことが出来なかったのですが、今回はそのようなことはありませんでした。

私はてっきり、看護婦さんのアドバイス通り、液を冷蔵庫から室温に30分おいてから打ったから?なんて思っていたのですが(それもあるのかもしれませんが)、これはもしかしたら、注射が上手くいかなかったから痛みが軽くすんでしまったのでしょうか。。。

もう一つ、アレ?っとおもった事が。

この二回目の注射、効き目を全く感じることが出来なかったのでした。一回目の注射の効果がスゴカッタもので、二回目もかなりの効果を期待していたのですが、空振りに終わってしまいました。

そして前回、注射後に激しく感じた副作用の眩暈も針で刺されるような痛みも、今回は全くでず。。。(一回目の注射後に出てきた激しい痺れ感だけは、あれから今も続いているので、この神経症状はおいておいて。)

もしかして今回の注射、液漏れまではしなかったものの、あまりにも皮膚の浅い部分に刺してしまい、このような不具合を起こしてしまったのでしょうか???

でも、皮下注射のものを皮膚の浅い部分に刺したからといって、失敗した(効き目が感じられない)、というのもオカシな話ですよね?液が漏れずに体内に入っていったのなら、皮下注射的には成功した、ということだとおもうのですが、そういうものじゃあないんでしょうか?

そんなこんなで二回目の注射後、体調はずーっとイマイチ状態(それでもヒュミラで治療を始める前よりは大変楽な状態)が続き、三回目の注射日を迎えたのでした。
[PR]
by racity | 2009-01-11 14:18 | リウマチ
        
その後の体調
ダラダラ記録を書いていたら、とうとう3回目の注射日を迎えてしまいました。。。そんなわけで、ここからは早足で、注射・その後の体調をご報告です。

<注射後、5日~10日後>

かなり激しい足の痺れ、針で刺されるような痛み&眩暈を抱えつつ、関節の調子は良好状態をキープしていました。

<11日後>

そろそろ次の注射日が近くなってきたこの日(注射の間隔は2週間)、だんだんと関節のあちこちに痛ダルさを感じだしました。それと同時に、眩暈が改善されていることに気づきました。

<12日以降~次の注射日まで>

関節の痛ダルイ箇所がジリジリと増えていき、特に痛みが強くでていた両手首、手指、足首、足先などに軽~く腫れが復活してきました。

でも、どんなに調子の悪い関節箇所が増えても、ヒュミラをスタートさせる前の最悪な状態よりはマシな状態を保ち続け、痛みで夜に目が覚めるということはありませんでした。(なので減らした消炎鎮痛剤も使用をやめた湿布も再び使用することなく、今に至っています。)

その痛みに反比例して、眩暈はすっかりよくなりました。チリチリ・ジンジンした足の痺れの方は依然として派手にあるものの、針で爪先をブスブスと刺されるような痛みも無くなりました。

こうしてリウマチ的には待ちきれない、二回目の注射日を迎えたのでした。
[PR]
by racity | 2009-01-08 13:13