<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
        
保険
ダンナが2月から仕事を変えたため、保険も新しいものに加入することとなりました。

普通(?)の職場の場合、「職場組織と契約している専属の保険会社がすでにあって、そこから自分の家庭の事情にあったプランを選ぶ」ようになっているとおもうのですが(←違う?)、今のダンナの職場では、複数の保険会社(カイザーやBCBS など)が用意されており、その中から一つ、自分の好きなプランを提示している会社を選べるようになっています。

幾つかある保険会社の中から自分の好きなものを選べるなんて贅沢~!、って感じするかもしれませんが、これがですね・・・ハッキリ言って、今度の職場は保険内容がよろしくありませんっ。(こういうのが普通で、今迄が恵まれすぎていただけなのかもしれませんが。)

結局馴染みの深い、紹介状が無くてもドクターを好きに選べるBCBS を選びましたが、このプランが「治療費用の総額20%をCo-pay として患者側が支払うこと」となっていて、戦々恐々としております。でも、ある額を超えると保険会社が全費用をカバーしてくれるそうなんですが(、、、と言っても、そのある額というのが一人の患者の医療費が5000ドルを超えた場合となっていて、有りがたいのか有り難くないのか、よく分からないプラン内容となっています)。

ちなみに私達が過去に使っていた保険も同じBCBS だったのですが、その時にはCo-pay は一律$10とか$20でした。ER 費用も、普通の病院通いと同じCo-pay $10ですんだときもあれば、ER 費用は一律$100支払わされた時もありました。同じ保険会社でも選ぶプランにより内容が変わってくるんですよね。


それで保険なんですが、2月の初めには書類を揃えて入会手続きをすませたというのに、2週間以上経った今もまだ、保険カードは勿論のこと、ID ナンバーすらも出来ていない状態。

いくらなんでも2月の中旬には保険を手にできるだろうと思っていたのに、どういうことなんでしょうか!!

この保険が空白の期間にさっそく、熱と咳で倒れて病院に行かざるをえなかった子供とかでてくるしっ。←子供にありがちなシチュエーションですよね。

私は私で事前に薬、用意はしておいたのですが、まさかID 取得にこれだけ時間がかかるとは思っていず、MTX とかフォサマックスの来週分が無くて泣きそうになってます(涙)。フォサマックスはまだしも、MTX はマズイですよね、MTX は。

待てど暮らせど保険についての連絡がこないので、今朝、痺れをきらして自ら総務に問い合わせをしたところ、、、「来週の水曜にはID 、決まりそう」だそうで。・・・でも、それでは間に合わないし!大体、彼らの「来週水曜」は下手をすると「2、3週間後の水曜」なんてことにもなりかねないですよね。

なのでこちらの事情(リウマチの薬がどうしても今週末には必要!とのこと)を説明し、今週末にはID くれ!もしくは何か解決法はあるのかを相談してみましたところ、「今日か明日にはなんとかするわ。それでID 取れ次第、連絡するわ。」とのお返事をいただけました。

「あ~ヨカッタ♪」なんてホッとしている場合ではありません。アメリカ在住歴が長い方ですともうお分かりになるかとおもいますが、こういう約束をしていても言った通りに事が運ぶなんてこと、まずないのがアメリカという国なのです。実際、今日は電話かかってこなかったしっ。在住歴が延びれば延びるほど、人を信じる事が出来なくなっていく自分のすれてしまった心を悲し~くおもいながらも、明日は朝一に担当にID ナンバー、問い合わせてみたいとおもいます。・・・果たして薬、無事にゲット出来るんでしょうか??
[PR]
by racity | 2009-02-27 06:57 | リウマチ
        
ヒュミラ・スタート後、初の主治医とのアポ
4回目の注射後、初のリウマチ医との診察がありました。

この診察で、問診・触診・血液検査の結果からヒュミラの効果を確認した主治医に、アザル服用をストップするように言われました。

なので1月末をもってアザルを中止しました。身体からアザルが抜けてくるのは1ヶ月くらいしてからだとおもうのですが(その1ヶ月がそろそろ、なんですが)、どうなんでしょうか。ヒュミラ、アザルが抜けた分をしっかりカバーして働いてくれるんでしょうか。

それで、診察時の内容は下記の通りです。

・初ヒュミラの注射後、3、4日しか経っていないというのに寛解に近い効き目を感じたのだけれど、ヒュミラとはそんなに早くに効果が出現するものなのか(それともこれは私の思い込みによるものなのか?)、について質問してみたところ・・・

人によっては注射の翌日に効果を感じることもあるのだそうです。なので私の場合も珍しいことではない、とのこと。実際、彼女の患者の中にはヒュミラの注射1回目で効果を実感している人達が多くいるそうです。しかし、注射の翌日に効果がでるなんて、ヒュミラ恐るべし!ですね。


・初回の注射に限り、次の注射日を待たないうちに(注射後11、2日目くらいで)効き目が落ちていくのが分かったことを報告したらば・・・

注射間隔を通常の2週間よりも短くしてヒュミラを打っていくやり方もあるのだけれど、私の場合は副作用らしきものがいろいろでているので慎重に使っていこうと、このままの頻度を保っていくという結論に落ち着きました。


・1回目のヒュミラ注射の時、寛解にも迫る勢いで効果を感じたのに、その後の注射はパッとせず、ほとんど効き目を感じられなかった。そればかりか徐々に悪化がみられているのだけれど、これはもうヒュミラの働きが限度にまで達してしまって、これ以上の効果はのぞめないからなのか。このまま使い続ける意味があるのか、について質問してみましたところ・・・

ヒュミラの効果は人により出方がそれぞれで、1回目の注射以降、著しい効果を感じたまま、その良い状態をキープ出来る人もいれば、初めてから数回の注射では効果を感じられず、3ヶ月くらい経った頃にすっと効き目を感じるという人もいるのだそうです。

また、ヒュミラのレスポンダーであっても、その時の体調によりグッと薬の効果を感じて調子がよくなる時もあれば、体調がおもわしくない状態になることも、またあること。大切なのは多少体調になみがあろうとも、それがヒュミラの注射をスタートする前に比べてどうなのか(ヒュミラ治療を始める前に比べて、症状に改善がみられているか)、がヒュミラを使い続ける意味があるかどうかを判断する際、目安になるのだそうです。←当たり前と言えば当たり前の話ですが。

私の場合、一回目の注射でしっかり効果を感じたものの、その後に徐々に下降路線を辿っている状態にあるわけですが、それでも、今の状態がヒュミラ治療をする前に比べると良い状態であることは確かなので、このまましばらく、ヒュミラを使い様子をみることになりました。
[PR]
by racity | 2009-02-14 11:09 | リウマチ