<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
        
ヒュミラ、7回目
前回の注射以降、私の体調は最悪でした。今までにでなかった朝の強張り(といってもかなり弱いものですが。むくみ、と言ってもいいくらいの)までもが軽くでてしまう始末で。この普段は起こらない強張りが起こると、「私の体調、かなりきてるなぁ。」と実感します。

そんな絶不調の中の7回目の注射。前回とは反対側(左)の大腿部へ行い、今回も大した内出血無く、注射を終えることが出来ました。注射の手際は確実によくなってきているようです。なんですが、今回も注射の効き目は感じられませんでした。

注射をうった翌日も、翌週も、全く変化無く、ひたすら調子が悪い状態のままです。

足の甲、足首、そして右手親指の付け根が相変わらず最悪で、特に親指!・・・親指は付け根が軽~く出っ張ってしまい、相変わらず痛みも強いので、今は車を運転する際にエンジンすらもかけられません。(なので出発する際は左手で鍵をまわしてエンジン、かけてます。)あまりに親指を含め、身体全体の調子が悪いので、とうとう消炎鎮痛剤を増量し、局所的に朝晩、湿布薬のお世話にもなっています。

この7回目の注射で、ヒュミラの効果を見極められる(であろう、と言われている)3ヶ月という期間を過ぎてしまったワケですが、結局、ヒュミラを使っても親指の変形は止められないわ、身体全体も調子悪いわ、と、ダメダメ状態に突入してしまっています。主治医が今のこの状態を診たら、どんな決断をヒュミラに対して下すのでしょうか、まだまだ効果が期待出来るということで使わせ続けるのか。それとも、そろそろ次のものを視野にいれていくのか。(彼女のことなので、まだまだ使わせるとはおもいますが。)

ちなみに私は、これがヒュミラの限界だ、とはおもっていません。身体全体については、これから後、2、3ヶ月は様子をみる価値があると踏んでいます。

それというのも、この不調はヒュミラが効かないから、というよりも、アザルを中止したことにより起こっている不具合だと考えているからです。ここ最近、再び効力を発揮しかけたヒュミラだったのに、この1、2週間で本格的にアザルが抜けたことによる不調が表面化し、今のヒュミラの効き具合ではそのアザルの穴を埋めるまでにはいかず、今のダメダメ状態を作り上げているのではないかなぁ、と。

・・・これから先、果たしてヒュミラ効果に変化があるのかないのか。ヒュミラ体験談は続きます。

==============================

余談ですが、指先にできていた赤い痛みのある発疹、またまたひいてしまったのでした。なのでまた、ドクターに診せ損ねてしまいました。次に発疹が現れるのは一体、何時!?
[PR]
by racity | 2009-03-24 07:58 | リウマチ
        
ヒュミラ、6回目
5回目の注射からきっかり2週間たったところで6回目の注射を行いました。

左右腹部の注射を前回までにしてしまった為、今回は恐怖の大腿部打ちをしました。

大腿部への注射は相っ変わらず痛かったものの、今回は内出血、起こりませんでした。(大腿部は血管がソコかしこにはしっているのが見えている部位なので、今日もまた血管突き破り決定だろうと大量内出血を覚悟していたのですが。)

それで効果の程ですが、、、

注射をうった翌日は調子が少ーしばかりよくなったのですが、子供にせがまれてDDR (ダンスのゲーム)にお付き合いしたり、近所の子供達とサッカーをさせられたりしていたら、注射後6日目にして、体調最悪の状態になってしまいました。

でも、こういう使い痛みのような状態は一時的なものだから、1、2日経てば体調も元に戻るだろうとたかをくくっていたのですが、これが注射の効果の切れる時期と重なった為なのか、もしくはアザルの効果切れがでてきてしまった為なのか、更に悪い状態へと陥ってしまったのでした。結局、次の注射日まで体調は最悪のままでした。

ところで最近、気づいたことが一つ。

私には、赤く膨れる潰瘍というか霜焼け?のような痛みを伴う発疹が指先にできる事があるのですが、これがここ1ヶ月ほど、消えずにずっと残っていて、しかも悪化しているようなのです。いつもなら、この痛みのある発疹は1、2週間おきくらいに出ては消え、出ては消えを繰り返すというのに。

その上、今までに無く発疹箇所が拡がっていて、いつもとは様子が違うように感じており、これはリウマチ医に診せたほうがいいのか、お世話になっている血管炎にも詳しい皮膚科のドクターにまずは診てもらった方がいいのか、もしくは放っておいた方がいいのか、で悩んでいます。あと1週間様子をみて、悪化していくようならば、何かしらの対策をとろうとおもいます。
[PR]
by racity | 2009-03-16 00:30 | リウマチ
        
ヒュミラ5回目
4回目の注射から3週間後、5回目のヒュミラを行いました。
(本来なら2週間おきにしなければならない注射なのですが、注射予定日近くで子供達が次々と熱で倒れ、私自身も発熱まではしなかったものの軽い風邪の症状があった為、1週間延期したのでした。)

体調が本調子でなかったからなのか、それともヒュミラを延期してしまったからなのか(・・・でも、ここのところヒュミラで効果を感じることが無かったので延期したところで何がどう変わるとも思えないのですが)、この3週間はリウマチ的に良いとは言えない状態でした。

この不調をなんとか払拭したいと臨んだ5回目の注射。予告していたように前回とは反対側の腹部へと注射してみました。前回の腹部への注射があまりにも滞りなく終了したもので(内出血しなかったし、痛みは大分軽かったし)、今回も問題なく終えられるだろうとおもいきや・・・痛みが大腿部よりは軽くすんだものの前回に比べて痛かった上、またも内出血してしまったのでした。

それで効果の程ですが、2回目以降のヒュミラ注射、打っても打ってもパッとした効果がみられず「ヒュミラ、終わったか。。。」などと思っていた私でしたが、この5回目の注射は少ーし効果を感じることが出来ました。

再び変形の危機を迎えて激しく痛んでいた親指も少しだけ痛みが和らいだし、足指&足首も気づいたら痛みが軽くなっていました。(残念なことに、この効果は1週間しか続かず、残りの1週間(次の注射までの1週間)は腫れや痛みが元に戻ってしまいましたが。)

また副作用症状についてですが、強い痺れが続いている足、フッと襲われる軽い眩暈は相変わらずで、あとは変化がありませんでした。

今回の注射の収穫は、副作用に動きが無いまま(不快な症状は続いているものの、新しい症状はでないまま)、久しぶりにヒュミラの効果を(わずかではありましたが)実感出来たことでした。この調子でなんとか治療が続けられたらよいなぁと思いつつ、6回目の注射の記録へと続きます。
[PR]
by racity | 2009-03-15 11:39 | リウマチ
        
(気を取り直して)お世話になっているドクター達
私は今のところ、定期的にリウマチ医、神経科医、眼科医、婦人科医の4人のドクターのお世話になっています。

リウマチ医にはリウマチと血管炎らしき症状を診てもらい、神経科医には末梢神経炎とMS もどき?を経過観察してもらっています。あとアメリカでは「25歳以上の女性は婦人科医の定期健診を受けること」が強く勧められているので、婦人科医の診察も欠かさず受けるようにしています。そしてかかりつけ医から「リウマチ治療にステロイドを使っているのなら、眼科医の診察を定期的に受けなさい」とアドバイスもらったもので、眼科医にも通っています。

・・・と、以上が現在お世話になっているドクター達なのですが、これについて記事を書きだしたところ、過去に通っていたスペシャリスト達(足のスペシャリスト、肝臓のスペシャリスト、泌尿器科医、耳鼻科医)にまで話が及び長い記事になってしまったので、ここで記事を折りたたむことにしました。続きに興味のある方はどうぞ青字部分をクリックし、残りの記事をご覧くださいませ。

続きを読んでみる。
[PR]
by racity | 2009-03-09 22:06 | リウマチ
        
保険、その後
今朝、無事に薬を手に入れることが出来ましたっ。

昨日、朝一に総務の担当者に連絡いれたところ「ID まだ来ていない。来週になるかも。」などと不吉な事を言われてしまったのですが、オフィスが閉まる4時ぎりぎりに彼女から電話がかかってきてID ナンバーを教えてもらえたのでした。

この保険で早いところMail-order の薬局にもアカウント作って、残りの薬の手筈をとっておかないと、ですね。(←特にヒュミラ。きれたら大変なことに。。。)

関係ないですが、3月に入りこれからどんどん暖かくなっていくのかとおもいきや、少々冬に逆戻りするらしいので、東海岸の皆様はお大事にどうぞ。
[PR]
by racity | 2009-03-01 02:06 | リウマチ