<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
        
リウマチ医とのアポ、続き
前回の記事で白血球の減少についてふれましたが、その他の血液検査異常について、です。

白血球減少が始まった頃、BUN (尿素窒素という?)とBUN / クレアチニン比率にもちょろちょろと異常が出始めました。異常といっても正常範囲を少し超えてくらいのものだったので問題はないんだろうなと思いつつ、一応、診察時に確認入れたところ、やはり気にする必要は無いとの事でした。

何が問題となって異常値がでるようになったのかや、どうして異常値がでているのに問題ないのかについては、診察時間が押せ押せで聞けなかったのですが、後でネットでチェックしたところ、脱水症状気味だったり、食べている食事の内容によっても検査結果に変化がでる、とのことなので神経質になる必要は無いようです。

しかし、ヒュミラを始めてから、このような「大したことの無い血液検査結果の異常」が上記の項目に限らず、ちょこちょこ出始めているのですよね。よく効く薬だから、それだけ体の内部に変化を起こしてしまう、ということなのでしょうか。


それで今後の治療方針についてですが、、、ヒュミラの効き具合について(再び効きを実感出来るようになったということを)報告したところ、ドクターから(白血球減少のこともあり)MTX を減らす案が出されたりもしたのですが、触診の結果、これはまた次回へと見送りになりました。前回の診察時には調子がいまいちで、ヒュミラの回数を増やす話もでていたくらいだったので(注射を週1でする、というもの)、私の場合、注射回数を重ねるごとにジリジリと効果があがってきているようです。

そして前述したように、この調子で体調が改善されていくようならば、次回にはMTX 減量を、ということになりました。このMTX 減量については、ヒュミラを使うと決めた時に、既に主治医から言われていたことだったのですが(「さあ、これでステロイドだけじゃなく、MTX もどんどん減らしていくからね!」というふうに)、ゆ~ったりしたペースではありますが、今のところ、主治医の思惑通り?に事が運んでいるようです。

ちなみに週一のヒュミラについてですが、アメリカでは薬の効果は実感出来ているのに次の注射まで効果がもたない場合、ヒュミラやエンブレルの注射間隔を調整してリウマチをコントロールすることがあります。既に効果がはっきりしている薬の投与間隔を短くし、更なる効果を狙います。(治療法を変えてしまうと、その新しい薬が身体に合うかどうか分からず、無駄に治療に時間やお金を費やすことになってしまうかもしれない事から。)

しかし、薬の投与間隔を短くすれば、それだけ患者がリスクを負うことになるのではという危惧から上記の方法を好まず、別の治療法へ切り替えさせるドクターもいます。


アポの話、もう少し続きますが一度ここで締めて、後程「神経症状に詳しいリウマチ医」について質問した件、追記をいれたいとおもいます。
[PR]
by racity | 2009-05-28 07:02 | リウマチ
        
ヒュミラ、9回目
・・・リウマチ医とのアポの様子を報告する前に、ヒュミラで体調がどのように変わってきているか、簡単にお知らせです。。。


8回目注射で久々に手応えを感じた後、ヒュミラ注射9回目を右腹部へ行いました。
この9回目の注射で、初回のガッツリした効果を再度感じることが出来ました。

初回注射でミラクルな効きを感じた後、悪化して、再び効果を感じて、アザル中止して、また悪化して、消炎鎮痛剤を増量する破目に陥って、またまた持ち直してくれて(←今ここ)・・・ここまで長い道のりでした。

次回、注射をする時までこの好調子が続くようならば、消炎鎮痛剤の減量をしようと決めました。
[PR]
by racity | 2009-05-26 11:09 | リウマチ
        
リウマチ医とのアポ
内視鏡検査から10日ほど経ちました。お腹の痛みはここにきてようやく、普段の痛みへと戻りました。
(検査後に悪化したお腹の痛みが消えたということで、もともとあったお腹の痛みはそのまま残っています。・・・と言っても、もともとのお腹の痛みは大した痛みではない上、出たり消えたりするモノなので、辛いものではありません。)

眼科医での検診ですが、これはVisual Field Test というもので、過去に抗マラリア薬をスタートする際に受けたテストと同じものでした。(←抗マラリア薬を始める前に、必ず受けておかなければいけない検査です。)

テスト内容ですが、片目を隠されて顕微鏡のようなものを覗き込みます。その覗き込んだ画面の中央に点があるのですが、そこに視線をおき、そこから目を逸らさぬようにしながら、視野内に黒点や光の点があらわれたら、手にあるマウスをクリックするという、ゲーム感覚で出来るテストでした。

テスト終了後、検査してくれた技師さんに

「私が今、リウマチ治療に使っている薬はMS を発病させるリスクがある。検査結果は通常、ドクターからしか知らせてもらえないことになっているのは分かっているけれど、この後すぐにリウマチ医とのアポがあるので、今の検査結果が異常有りか無しか分かる様なら教えてもらえると有り難い。異常がある場合、リウマチ医に検査結果を話して、原因となっている薬を即、中止したいので。」

と、ダメもとでお願いしてみたのですが、残念なことに、結果を聞くことは出来ませんでした。(技師さんは基本的に患者に結果を教えてはいけないことになっているようです。でも、技師さんによっては、そして検査結果内容によっては(異常が無い場合は)、ドクターとのアポを待たずに教えてもらえることもあったりします。)検査結果は嫌でも来週のアポで分かってしまうので、その時までのお楽しみ?ということになりました。


それでリウマチ医とのアポですが、私はこの日、主治医の最後の患者で、「これは1時間待ちはかたいな」などとおもっていたら、本当に予定時刻(午後4時)を1時間以上過ぎての診察となりました。私は待っていればいいだけなので楽なものですが、ドクターは大変ですよね、休む間もなく次から次へと患者の診察があって。しかも彼女、翌日は中国へ3日間出張とかで(彼女はよく、海外出張に行きます)、私の診察が終わったのが午後6時くらいだったんですが、出張準備もあるだろうし、身体を壊しやしないかと他人事ながら心配になってしまいます。。。

・・・と話を診察の話へと戻しますが、ここ最近、私の白血球値が下がり続けているのが気になっていたので(1月は3800。4月は3200。)、それについて質問したところ、

「今日の血液検査結果(←診察が始まる前に血液検査を受けた)によってはMTXを減らすか、一時的にストップしましょう。」

ということになりました。

私はてっきり、ヒュミラを止めるのだとばかり思っていたのですが、ヒュミラはそのままでよいそうです。検査結果は悪い場合だけ連絡来ることになりました。

・・・まだまだ続きますが、一度ここで区切っておきたいとおもいます。。。
[PR]
by racity | 2009-05-21 06:28 | リウマチ
        
アメリカで人間ドッグに入ろう計画
ここのところ、病院づいてます。

1ヶ月前にかかりつけ医の元で甲状腺関係の血液検査を受け(正常でした)、先日は内視鏡検査を受け、その数日後にはオマケでCT スキャンまで受けてしまいました。アメリカで人間ドッグに入ろう計画、順調に進んでいます。


それで明日は眼科医アポとリウマチ医アポが入っています。

この冬に新しい眼科医のもとで目の定期健診を受けた際、彼から「もしかしたら視神経に異常があるかも。きちんと調べましょう。」ということを言われました。その場で一つテストを受け、これはクリアしたのですが、もう一つの検査を明日、受けてきます。

視神経異常が全てがMS に繋がるわけではないけれど、もし異常があるようなら、ちょっと不気味ですよね。沢山あるMS 症状に加えて、検査結果クロによりMS であるという一つの物的証拠を突きつけられるような感じで。でもこういう検査。私の場合は大抵シロとでるので、今回もまたシロのような気がしています。(万が一異常とでてしまったら、、、その時はその時、ですね。)


それでそのアポの後、リウマチ医にも会ってきます。

今回の診察のメインはヒュミラの効果と神経科医について。

リウマチ医と同じ大学病院に「リウマチ、その他の膠原病&MS、そして、それらの疾患に伴う神経炎症状」に詳しいという、ちょっと変わったキャリアを持つ(リウマチ科と神経科の両方に精通し、所属はリウマチ科らしいのですが、診療は神経科で行う、という)ドクターがいるという情報をゲットしたもので、「今、私がお世話になっている神経科医とこのドクターは何が違うのか」ということ、。そして、「このドクターに私が会って、メリットがあるかどうか」ということ、質問してきたいと思います。
[PR]
by racity | 2009-05-18 11:45 | リウマチ
        
ちょー展開
昨日、久しぶりにドラマの「Lost 」を見ました。

放映始まったばかりの頃は「Alias (←最後がガッカリ展開で悲しかったドラマ)」の次に好きで楽しく見ていたんですが、2、3年まえから子供の勉強が忙しくて、夜にTV を見る時間がすっかりなくなってしまい、それっきりになっていました。

それが昨日、テレビをつけたら偶然「Lost 」がやっていて、久しぶりに見れたというワケですが、このドラマ、私が見ていない間にトンデモ展開があったんでしょうね。知らない人がいるわ、ワケ分からないシーンはあるわで話についていけず、すっかりおいてけぼり状態になりました。


・・・と前置きはこれくらいで、、、ちょー展開があったのはドラマだけではありませんでした。
私の方にもありました、ちょー展開。

内視鏡検査の後、お腹の痛みがあったことはお話したかとおもいますが、それが検査から4日経った今も続いている為、今朝、ドクターへと連絡入れました。

「今も痛みがあるのは変だ(生検しても普通、痛みはない)」ということで、飛び入りで診察を入れてもらい、問診&触診の結果、CTスキャンを受けることになりました。←せっかく内視鏡検査が終わったというのに、あらたな試練(バリウム大量飲み)を受けることになるとは・・・とほほ。。。

今日中に、なるべく早く検査を受けなさい、ということで診察を終えた後、まずは検査所(検査所は別の場所にある)によりバリウムをゲットっ。コレを、

・「Readi-cat 2 (バリウム)」450ml を検査の2時間前に飲む(バリウム摂取を始めたところから固形物の摂取、禁止)。

・検査1時間前に同じものを225ml 摂取。

・検査の30分前に更に225ml を摂取。

と、飲み干した後、検査所に向かい、部屋に通されてから最後の225ml を摂取し、いよいよ検査となりました。

造影剤を入れての撮影だったのですが(この検査を受けた事が無い方の為に解説しますと)、針から液が身体に入り込んだ途端、身体がカーっと熱くなり、焼けるような感覚に襲われます。強度のアルコールを一気に飲み干したような感じで。でも、この感覚は長くは続かず、検査が終わる頃には元の状態へと戻ります。

で、検査後。普通ならば即、解放されるのですが、今回は「Stat 」扱い(←こういうものがあることを、今回、初めて知りました。)ということで、結果を読んだ検査所専属のドクターから、今後の指示がある為、その場で待機させられました。

10分程待った後で出た指示は「家に帰ったらドクターへ連絡を」とのことで、帰宅後ドクターに電話をし、教えてもらった結果は「全て正常」でした。

それじゃあ、この痛みは一体、ナニ???という感じですが、痛み止めを飲んでいるうちに良くなってくるのでは、、、とのことで、またまた様子見の日々に入りました。

いや~痛みの原因は謎ですが、腸に穴があいていないことが分かってヨカッタ、ヨカッタ。ここまで検査して問題無いとのことだから、多少、痛みがあっても我慢したいとおもいます。

診察ついでに、胃薬のサンプルをドクターから貰ったので、今日からこれの服用も始めます。胃腸関係、あらたな動きがでたら、またお知らせしたいとおもいます。
[PR]
by racity | 2009-05-15 07:39 | リウマチ
        
無事帰宅
内視鏡検査を終え、帰宅しました。

10時に病院入りし、中に通されたのが10時10分頃。
着替えを済ませ、麻酔を打たれたのが10時20分頃。
寝ている間に検査が終わり(話によると10時45分には終えていたとか)、私が目覚めたのが11時10分。
着替えて家路についたのが11時半。

えらいスピードで検査終了しました。(これは良い事なのか、悪い事なのか。。。)

現在、お腹が痛重いですが、時間が経てば消えるとのことなので(内部に傷をつけられたりしていなければ)、2、3日、大人しくしていたいとおもいます。

胃に潰瘍もどきができており、これと腸にあったポリープを生検にだしたので、その結果待ちとなりました。(結果は4週間後)

詳細は後日記事にしたいとおもいます。
取り合えず、ご報告まで。。。
[PR]
by racity | 2009-05-12 08:48 | リウマチ
        
梅雨?
ここ1、2週間ほど、けんけん地方では雨がしとしと降り続いていました。こちらに梅雨はないのですが、日本の梅雨をおもわせるような降りっぷりでした。太陽の無い日が大好きな私には幸せな毎日でしたが、天候の崩れにより関節炎が悪化してしまう方には大変な日々だったこととおもいます。

ヒュミラの注射レポ8回目、こちらにあります。興味のある方はどうぞ。。。
[PR]
by racity | 2009-05-08 11:57 | その他