<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
        
検査にあたって
先程、検査を受けることになっている病院から電話がかかってきて、検査にあたっての事前確認を受けました。内容ですが、私の服用している薬について、アレルギーの有無、心臓疾患の有無、について話をした後、

・Humira 中止の確認。

・MTX の検査直前の服用分に関しては(服用するか、しないかについては)婦人科医と話をして欲しい、とのこと。←ちょうどMTX の翌日が検査日となっているので、このタイミングでの服用が感染症などに影響するかどうかをドクターに質問してみることになりました。

・消炎鎮痛剤は検査一週間前に入ったので中止すること。でも、リウマチの痛みにはtylenolならば使用してもよいとのこと。手術当日も服用可能だけれど、その場合は検査の4時間前までには服用済ませておいてほしい、とのこと。

・検査一日前からお酒、タバコを控えること。

・検査前日の夜中から飲食厳禁。水を飲むこと、ガムを噛むのも不可。但し、歯を磨く際に口を水でゆすぐ程度なら可。

・当日は化粧やマスカラ、マニキュアをしないこと。日焼け止めをつけるのは問題なし。

・MTX の薬を容器ごと持ってきて欲しいとのこと。(麻酔科の人が確認したいそうです。)

・運転免許書(Photo ID )と保険カードを持ってくること。

などの注意事項・確認を受けました。


検査のスケジュールですが、

8月6日、病院入りは11時15分までに。
検査は1時15分からスタート。
1時間くらいで終了の予定。
それからリカバリー・ルームに1~2時間ほどいた後、自宅へ。

となっています。ダンナには検査終了後、病院から連絡が入ることになっているので、それから私をひろいに来てもらう、という段取りで話がつきました。

今日の電話での応対もそうでしたが、保険処理の手続きの仕方や、事前に病院についての丁寧な説明書を送ってくるなど、なかなかサービスのしっかりした病院のようです。明日はいよいよ婦人科医とのPre ope のアポがあります。ここで、痛み止めをしっかりと処方してもらっておこうと思います。←以前、手術した時に痛み止めを術後に買いに行かされて、死にそう~な目にあったので、今回は即、痛み止めを飲めるように態勢を整えておこうかと。
[PR]
by racity | 2009-07-31 05:03 | リウマチ
        
手術の事前検査のアポ
アメリカでは手術をする際、事前にかかりつけ医に血液・尿検査やEKG 、その他、問診などを行ってもらうことになっています。

私の今回の検査は「腹腔鏡(Laparoscopy)」と言い内視鏡検査の一種なのですが、胃腸の内視鏡検査とは違い、お腹に最低2箇所は穴を開け、その穴へカメラやその他の器具を挿入して外科的措置も行うことになっており(手術扱いになるそうで)、事前検査を受ける為にかかりつけ医の元へと行って来ました。

この事前検査は手術予定日の1ヶ月以内に行わなければいけないそうです。あまり早くに体内のデータをとっても、データが古すぎて意味の無いものになってしまうので、なるべく手術予定日に近い、新しいデータを送ってほしいことが言われています。

それで、この検査結果は私の婦人科医と、私が手術を受ける病院施設へと送られることになっています。事前検査で私の健康に問題があれば手術は延期。問題なければ7月末に、今度は手術の詳細を聞くために、婦人科医の診察を受ける予定になっています。

=======================================

また、今回の検査に備え(感染症のリスクを警戒し)、ヒュミラを中止する事になりました。

リウマチ医のアドバイスによりますと、手術1ヶ月前にはヒュミラの注射を禁止。術後も2週間は注射をせずにおき、感染症がないことを確認出来たら注射を再開、ということになっています。

ちなみにMTX は(私は週に15mg服用していますが)ストップする必要はないそうです。なので今も服用を続けています。ただ、7月末にある婦人科医とのアポで、彼がMTX 服用に関して気になるようなら、これもその時点でストップすることになるかとおもいます。

消炎鎮痛剤も止血の問題で、手術1週間前から服用中止しなければなりません。(胃腸の内視鏡検査の時にも、消炎鎮痛剤の中止については言われました。検査後も何日間かは使用禁止を言い渡されました。)これは手術をする病院から、書面にて連絡がありました。

そんなわけで現在、私はステロイド無し(←胃腸の内視鏡検査で消炎鎮痛剤ストップしなければならなかった時、ついでにステロイドも止めてみたところ服用しなくてもすむことが分かり、それ以来、縁を切ることが出来ました。)、消炎鎮痛剤はたまに使用し(でも手術予定日が近づいてきたら完全に服用を中止し)、ヒュミラも使用せず、MTX のみでリウマチをコントロールしている状態になっています。

このように薬の使用を中止している状態なので体調、いまいちです。10分程度ですが朝のこわばりまででてくるようになってしまいました。が、ヒュミラを始める前の体調悪化時に比べればまだまだ良い状態にあります。

なんていったって、包丁を握って料理をすることが出来るし。←なんともしょうもない目安ですが、この包丁を握って料理云々は、私の日常生活においてキーとなっています。日本と違って、自分や子供達の食べたい食べ物が周りにないので自分で料理するしかなくて、日常生活において料理に割く労働力&時間は大きいです。

今週は久しぶりにアポの全く無い一週間でした。来週はかかりつけ医、胃腸科医、婦人科医とのアポがある予定で、ちょっとバタバタしそうです。
[PR]
by racity | 2009-07-17 11:47 | リウマチ
        
あいあいさん、来日コンサートのお知らせ
パリの歌うリウマチャー、あいあいさんがご家族でユニットを組み、日本でコンサートを行いますっ。
しかも東京では三毛子さんとの共演もあるとのこと!

私の里帰りがもう少しノンビリしたものだったら(私は先日まで日本に里帰りしていて、最近、アメリカに戻って来ました)・・・ドラクエもゲットできたし、あいあいさん達のコンサートにも駆けつけることが出来たの!に、とガックリしつつ、今回、あいあいさんは新たな試みを行うとのことで、私も彼女のその活動を応援する為、ここで簡単ではありますが、コンサートについてのお知らせをさせていただきたいとおもいます。

まず、横浜で知的障碍のある方も参加できるというコンサートを7月18日に開きます。

翌日19日には、リウマチャーで名前を知らない方はいないであろうテルミン奏者・三毛子さんとのジョイント・コンサートを赤坂にて行うそうです。

その後、場所を名古屋に移して再び、知的障碍のある方や小さなお子様も楽しめるというコンサートを7月26日に予定しているそうです。

詳しいことは、あいあいさん、コンサートご案内をご覧下さいませ。

上記で紹介した以外にもコンサート企画されていますし、それぞれの詳しいコンサートの場所や内容、予約方法についても案内がだされています。

自閉症児の母親として、あいあいさんの新しい企画を応援したいなと、以上、お知らせでした。

====================================

コンサートに行かれる皆様はもちろん、あいあいさんご一家や三毛子さんにとっても、楽しいコンサートになりますようにっ。
[PR]
by racity | 2009-07-16 12:57 | その他
        
超音波検査
腹腔鏡の前に子宮内の様子を調べておこうということで、超音波検査を受けてきました。

「ウルトラサウンド?楽勝、楽勝~(←痛みを伴わない、楽な検査ということで)。」と検査前に思っていた私。お気楽でした。婦人科系のウルトラサウンドは場合によって、ちょっとした試練が待っていること、すっかり忘れていました。(ちなみに今回の超音波は事前に水を沢山飲まなければいけないものでした。)

このウルトラサウンドの流れはこんな感じになっています。

・検査の1時間半前にトイレに行っておき、身体から水分をだしておく。

・そこから30分の間に、水を3.2oz 飲む。←これがなかなかに苦しかったりします。。。

・飲み終えたら、(1時間後に行われる)検査が終了するまでおトイレ禁止。


で、まずは水でお腹が張った状態の下腹部を超音波検査した後、おトイレ休憩に。それから第二段の超音波検査(子宮内部に器具を入れて行う)を行いました。←これがまた、痛かったり。。。


それで、これらの検査を行ってくれた技師さんによりますと、双方のウルトラサウンドをみた限り、子宮の内部は厚くはなっているがギリギリボーダー辺りにあり、ひどい異常は見られなかったとのこと。また、のう胞(卵胞?)が内部で破裂し、液が浮遊しているのが見えるけれど、これは女性には普通に起こることなのだそうです。←知りませんでしたっ。CT スキャンの結果でコレを見て、「私の下腹部で何が起こっているんだ~」と冷や汗タラリとさせていましたが、そうか、これはいたってノーマルなことだったのか、と安堵したのでした。

アレ?今回の検査で特に異常が見られないなら、腹腔鏡検査する必要なし?ともおもったのですが、ドクターが問診・触診により子宮内膜症の手応えをかなり感じたようだし、子宮内膜症の診断は難しく(深部のものなど)、腹腔鏡検査によって確定診断なされる、ということをWiki でも読んでいたので、今回のウルトラサウンドの検査結果がどうであれ、きっと計画通りに手術の方は行われるのだとおもいます。(ドクターからも今のところ連絡ないですし、予定通り行われるのでしょう。)

病院側からも病院入りに関しての手続きやら説明書やら手術・検査費用の見積もりがガンガン届き、じりじりとX デーが近づきつつあることを感じる私なのでした。
[PR]
by racity | 2009-07-14 01:10 | リウマチ