<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
        
リウマチ医とのアポ
子宮内膜症の為の注射を打った後、4ヶ月ぶりにリウマチ医に会って来ました。

まずは自分の診察の順番を待っている間に季節性のインフルエンザ予防接種を受けました。私の大学病院では季節性と新型の両方の予防接種が薦められていて、季節性のものは9月21日から接種可能になり、新型のものは10月中旬か下旬に接種可能になるとのことです。

予防接種後、診察室に通されドクターの診察を受けました。私の子宮内膜症の病状と手術時の様子を簡単に伝え、(既にメールで報告済みですが)Lupron をスタートさせたことを報告しました。

また、手術に絡んでヒュミラを2ヶ月スキップしたことにより、現在、リウマチ的には不調なことも伝えておきました。主治医の見解では、不調ではあるけれど、彼女が触診をした際に腫れは認められなかったので、あと2、3ヶ月ほどヒュミラをうっていれば痛みも落ち着いてくるのでは、とのこと。

今回した質問ですが、、、

・インフルエンザの予防接種について

待合室や診察室のいたる場所に予防接種についてのお知らせがはってあり、そこには「患者の皆さんは季節性と新型インフルエンザの両方の予防接種を受けた方がよい。」とでていました。私は季節性のものは副作用もなくもう何年も受け続けているもので、たいした躊躇無く受けられるのですが、新型に関しては新しいワクチンという認識が強くて、「副作用が未知だし、できれば受けたくない」という気持ちでいます。

「副作用が未知」という事を考慮しても新型のワクチンを受けた方がいいのかどうなのか、ドクターの意見を聞いてみたところ、「私も副作用については何とも言えず、あなたに不安があるのは分かるけれど、ヒュミラを使っているならば新型の予防接種は必要だと私は考える。」とキッパリと言われました。皆様もご存知のようにヒュミラ(含むその他の抗TNF-α剤)と新型フルの組み合わせは最悪なようで、彼女のアドバイスから、それを再認識させられました。

一応、知り合いの薬に詳しい人にもこの件、質問してみたのですが「ドクターが受けた方がいいというなら、(それだけの理由があるわけだから)受けておいたら?季節性のものはいつも問題無く受けているんでしょ。季節性の予防接種もその年の流行の型を予想して、それに合わせてワクチンを作っているように、新型のワクチンも、その新型にあわせたワクチンを作っただけの、多々あるインフルエンザ予防接種の一つということで、双方に大した違いは無いのでは?」

・・・なんだかひどく短絡的ですが、そう言われてみれば、確かにそんなものなのかもしれません。が、それでもやっぱり心中複雑です。ま、いろいろグダグダ言いつつも、私は受けることになるのでしょう。ただ、子供達に受けさせるかというと、大きく悩んでしまうところです。

子供達の予防接種についても手遅れになる前に決断しなければいけないのですが、新しい予防接種、「予防接種による稀な副作用により、それまで元気に成長されていたお子さんが介護無しでは生きていけない一生を送ることになった」というケースも身近で起こっており、躊躇ってしまいます。

(ちなみに上の予防接種に関しての知り合いの発言ですが、真偽のほどは分かりませんので、これをご覧の方はどうか鵜呑みにしませんよう、お願いします。)
[PR]
by racity | 2009-09-30 11:38 | リウマチ
        
Lupron 、2回目の注射
Lupron の2回目の注射をうってきました。

今回は婦人科医に会うことなく、看護婦さんに注射を打ってもらっただけでアポは終了しました。保険の関係で、次にドクターに会うことができるのは12月5日以降、とのこと。(*もちろん、その前に問題が起こればいつでも話をすることはできます。)

注射を打ってくれた看護婦さんから聞いたのですが、彼女の息子さんのガールフレンドも、子宮内膜症でLupron 治療をしているそうです。この娘さんの場合、感情的(もしくは鬱傾向)になるという副作用がでており、よく泣いてしまっているのだとか。

薬により仮の更年期状態を作り出しているので、副作用として更年期障害がでてしまうかもということが言われていますが、人によってはその副作用が深刻なカタチでてしまう場合もあり、オカシイなと感じたら、次のアポを待たずに直ぐにドクターに連絡するように、と看護婦さんから念をおされました。

次回の注射はハロウィーンの直前、10月30日です。

今日はこのアポの他に、リウマチ医とのアポもありました。リウマチ医とのやりとりは、次の記事へと続きます。
[PR]
by racity | 2009-09-29 06:31 | リウマチ
        
術後のヒュミラ、その後
術後にヒュミラを復活させてから早くも3~4週間が過ぎ去り、2回目の注射も10日前に終えました。

術後初めてのヒュミラの効果ですが、残念ながら効き目を実感することは出来ず。。。私の動きすぎ、という問題もあったのでしょうが、朝のこわばりはあるわ、日中も、というか夜までも痛みが続いていました。

それで2回目の注射ですが、これも全く効果なく。。。微妙に痛みが増してきているような状態になっています。

もう少しこの痛みがどうにかならないかな、なんて思ってしまったりもしますが、まだ注射を再開させて間もないですし、以前、注射をスタートさせてから治療が軌道にのるまで長い道のりをかけましたし、焦らず長期戦覚悟でいきたいとおもいます。

また、子宮内膜症のお腹の痛みですが、、、これも生理前&当日になると、ありえないくらいの激痛に襲われるようになり、なんだかドクターから話に聞いていたことと違うようなのですが(手術したらお腹の痛みが楽になるよ、無くなるよ、と聞いていたのですが。かえって術前に経験したことのない、子宮を握りつぶされるような強烈な痛みを感じるようになった)、こちらもLupron で治療中ですし、ノンビリと効果のほどを見極めたいとおもいます。

幸いにも、今のところ心配していたLupron の副作用はでていないので、このままあと5回の注射、乗り切れたらよいなとおもいます。
[PR]
by racity | 2009-09-25 10:36 | リウマチ
        
口腔外科医
歯の定期健診時に親知らずが2本見つかったもので、かかりつけ歯科医から歯の専門医にかかった方がよいと紹介状をもらい、診察を受けてきました。

私の親知らず、1本は斜めに生えてきてしまっており、これはかかりつけ医からも抜いた方が良い、と言われました。2本目は、まだ歯茎の奥の方にいるのですがレントゲンで生えつつあるのが見えていて、これを先の1本目のものと一緒に抜くべきかどうか、かかりつけ医からスペシャリストと相談したらどうかと言われていました。

口腔外科医の話によると「1本目は斜め生えしているので抜くべき。2本目もよくない生え方をしてきているのと口にスペースがないので抜くことをお薦めする。」ということで、2本抜き、決定しました。

治療前にヒュミラとMTX を中止した方がよいか質問したところ、「MTX は大丈夫だとおもうけれど、ヒュミラのこととともに一応、リウマチ医に確認とってみる。」とのことでした。

術後には抗生物質が処方されることも言われ、あとはリウマチ医から薬についての確認が取れ次第、抜歯日を設定することになりました。


ちなみにアメリカでは親知らず、Wisdom teeth と呼ばれているそうです(日本でも知恵歯と言われると先程、Wiki で知りました)。それは、物事の分別が分かる年に(知恵がついた、大学生くらいの時期に)生えるからだとか。恥ずかしい話ですが学生時代、私はあまり熱心に勉強する学生ではなかったもので、あの頃には生えなかったWisdom teeth 、今、スペシャルなお子様達を通して鬼のように勉強しているから生えてしまったのかな、なんてどうでもいいことを思ったりした私なのでした。
[PR]
by racity | 2009-09-19 22:26 | リウマチ
        
今頃親知らず
今日は歯のクリーニングの日でした。
虫歯もなく、歯茎も問題なしで無事に終わるかとおもった検診でしたが。。。

親知らずが、歯茎を突き破りつつ生えてきているのが発覚。

ビックリしました、今頃、親知らずが生えてくるなんて。自分でも「最近、奥歯の辺りの歯茎が割れてきているんだけれど年取ったから?」などと思っていた(気づいていた)のですが、まさかの親知らずとは。

「きれいに生えるなら、別に抜く必要は無い」、というのが親知らずに関する私の歯科医のモットーなのですが、私の場合、新しい歯が生えてくるスペースが無く、「このままではあまりよくない結果になるかもしれない」という事で、抜く事をお薦めされ、スペシャリストを紹介してもらったのでした。

抜くかどうかは、スペシャリストの意見も聞いて考えてみると良い、ということで、またまたリウマチ治療以外で診察を受けなければならなくなりました(涙)。この抜歯、する場合にはまたヒュミラを中止したりとか、抗生物質を服用したりとかしないといけないんでしょうか、面倒くさっ。

しかも今年はものごっつ病院通いをしてしまったもので、もう、フレキシブル・アカウントのお金も全て、9月前に使い切ってしまったというのに・・・こんな状態で再び、大胆な額のお金が出て行ってしまいそうで何だかなぁ、という感じです。
[PR]
by racity | 2009-09-03 08:02 | その他