<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
        
MTX 再開
12月中頃、リウマチ医から肝臓の再検査の結果がメールされてきました。

結果は問題無しでした。なのでMTX を今迄の量、15mg/週で再開することになりました。

1ヵ月後(1月下中旬)に再び肝機能をチェックする予定です。

一昨日、抜歯後再スタートさせたヒュミラ・2回目を打ち、これまた再スタートさせたMTX・2回目を服用しました。まだ特に改善の兆しなど感じられず、ステロイドも相変わらず4mg/日で服用しています。またステロイド量をゼロにもっていくことが出来るのでしょうか。今の状態(足と手指に腫れがある状態)だと、まだまだ時間がかかりそうな気がします。
[PR]
by racity | 2009-12-27 14:00 | リウマチ
        
まさかの冬休み突入。。。(涙
大雪が降ったのが先週、金曜夜半から土曜夜にかけて。

日曜日には雪はすっかり止んで良いお天気になり、子供達は大喜びで積み上げられた雪でカマクラもどきを作ったり、雪のトンネルを作って遊びました。

翌日、月曜。

・・・学校、休校になりました。(まだ雪がかききれていない場所があるから、という理由で。この辺りの事は、近所の人達とも予想した通りの展開でした。)

この日も素晴らしい晴天となり、子供達は再び、自分達が築いた雪の塞で大遊びしたのでした。

で、今日、火曜。

今日は2時間遅れで学校スタートかな!?などと思っていたら。またまた学校、休校に!(あまりの大量な雪に、いまだ埋まってしまっている歩道があるとかで。)

そして明日、水曜は子供達にとって、冬休み前の最後の登校日だったのですが、これまた休校が決定。結局、大雪後、ダラダラと1月までの冬休みに突入してしまったのでした。

本当だったら今日は子供達が学校に行っている間に、ダンナと食事に行って、買い物をする予定だったのに。。。(涙)。せっかくの計画、台無しにっっ。しかも、こんなに長い休みになるならニューヨーク辺りにでも行けただろうに、ズルズルとなし崩し的に長い休みになってしまったので、スケジュール的に無理そうで(病院アポとか予定が中途半端に入ってしまっているし)、冬休み中は近場でウロウロ・ノンビリすることになりそうです。
[PR]
by racity | 2009-12-23 08:51 | 自閉症&子育て
        
ヒュミラ、再び
アメリカ東方面、Winter Storm Warning がでています。この調子だと土曜の学校行事はつぶれ、月曜も授業が遅れて始まりそうな悪寒・・・該当する区域にお住まいの皆様は要注意ですね。私も今日は(も!?)土日分の食料品の買出しに行く予定です。

さて、ヒュミラのその後、です。

抜歯から2週間経った12月9日水曜。
患部も順調に回復していたのでヒュミラを再スタートさせました。

この時、消炎鎮痛剤を使うことが出来ず(抜歯の痛み対策用の強い痛み止めは使っていましたが、リウマチで服用していたナプロキセンは出血の問題で使用出来ず)、リウマチ医からの指示でステロイドを5~10mgを様子をみながら使うように言われていたので、5mg/日の量を服用していました。

ヒュミラを打った翌々日、体から痛みが2割方引いたのと朝の強張りが消失したので、ステロイドを5mgから4mgに減量。その次の日には更にステロイドを減らしてもいけそうだったので、3mgにしました。この3mg服用を4日続けたところで、徐々に痛みが戻りつつあるのを確認。注射からそろそろ1週間経つところだったので(ヒュミラは、1週間くらいで薬の効果が抜けていくことを過去に経験していたので)、4mgへと服用量を戻し、今に至っています。
[PR]
by racity | 2009-12-18 21:40 | リウマチ
        
レントゲン&血液検査結果
昨日、雪が降りました。
予報を見て、ちらつくくらいでしょ?なんて思っていたら結構降りまして、今シーズン初めての(ほとんどダンナがしてくれたので、私がしたのは少しだけでしたが)雪かきをしました。

・・・と、雪のことはさておき、レントゲンと血液検査の結果が分かりました。

どちらも問題無し、とのことで、肋骨に関しては痛み止めを飲みながら、サポーターをしていけばそのうちに痛み&炎症はなくなるそうです。

Strep throat も血液検査から陰性判定がでたので、これ以上の抗生物質の服用は必要なく、咳止めをとっているうちに徐々に治まってくるのでは、とのことです。

咳に関してはドクターの言う通り、昨日辺りから大分、治まってきました。ただ、朝、起床時に異常な喉と目の乾きを感じていて、これが咳を引き起こしているウィルスと関係しているのか、シェーグレン的な何かが起こっているのか、引き続き様子をみることになりました。
[PR]
by racity | 2009-12-06 08:04 | リウマチ
        
抜歯のフォローアプ・アポ
今日は親知らずの抜歯のフォローアップ・アポに行ってきました。

傷口の治りは順調なようで、これにて口腔外科医とのアポは終了となりました。

今まで、なるべく患部の歯ブラシは避けていたのですが、今日からは歯磨きもOK となりました。「多少、出血があるかもしれないけれど、それはノーマルなことなので気にしないでね。あと、歯を抜いた後のピラピラしている部分は直にくっつくようになるから心配しないで。」とのこと。

さあ、これで一つ、懸案事項に片がつきました。
中止していたヒュミラも来週から再開させることが出来ます。

ここ1、2ヶ月、体調がボロボロだったことは何度か書いていますが、リウマチ的にも体調、最悪な状態になっていたのでヒュミラ再開は嬉しいです。

リウマチ悪化の原因は、抜歯の為にヒュミラをスキップさせていたから、というのが一つ。でもヒュミラ中止だけだったら2ヶ月くらい乗り切れそうだったんですが、それにプラスして最近肝機能が悪くなりMTX も中止となり、これが結構、堪えました。
(肝機能の悪化は11月中旬に受けた血液検査で分かったのですが、10月下旬辺りから体調崩していた時には自主的にMTX をスキップしており、結局ここ2ヶ月はヒュミラだけでなくMTX もあまり服用していない状態だったもので余計に、でしょうか。)

具体的にどんなふうにリウマチが悪化しているかというと、、、この一週間ほどは階段を後ろ向きで降り、手のこわばりがほぼ一日続き、イスに座ったり立ち上がったりの動作がキツクなっています。せっかくゼロになったステロイドを再び5mg前後/日で復活させました。

肝機能悪化ですが、MTX が悪さをしているというよりも、体調を崩した際に薬をいろいろ摂ったもので(抗生物質、熱さまし&消炎鎮痛剤、それにタミフル)、それが理由で一時的に問題がでてしまったのか・・・とおもっています。

また、子宮内膜症の治療薬のLutpron 辺りも怪しく(以前もホルモン・コントロールをするピル&MTX の組み合わせで肝機能悪化を経験しました。初めはMTX が悪者扱いされていたのですが、最終的にピルが悪さをしていたことが判明し、ピル中止&MTX 再開というながれで今に至っています。)、取りあえずはMTX をあと1週お休みし、再度血液検査で肝機能がどうなっているかを確認することとなりました。


最近は血管炎もしくはリウマチ以外の膠原病による皮膚炎(潰瘍)も活発になってきているし、肋骨の件もあるし、その他問題が目白押しだったもので、大殺界は続くよ何処までも・エンドレス状態突入!?なんてこともチラチラ頭をかすめていたりしたのですが、「抜歯後が順調に回復(今のところ)」と久々に良いニュースが来、少しばかりホッとすることが出来たのでした。
[PR]
by racity | 2009-12-03 07:38 | リウマチ
        
ようやく!?かかりつけ医とのアポ
インフルエンザ(らしき症状)でダウンしてから2週間ほど経ちました。
あの時に「取り合えず、後で必要になるかもしれないから予約入れておこう」ととっておいたアポが今日ありました。

もうタミフル服用も終わり、体調は回復している筈なのに、なんで今更?という感じですが、、、

私はここ1、2ヶ月、とにかく体調最悪で(元気だった日よりも発熱していた日の方が長かったくらいで)、ようやく熱が下がったと思っても、今度は咳が止まらなかったりして。

で、今、熱は完全に下がったのですが、まだ喉がイガイガしていて咳をしたくて、したくて、たまらなくなる時があるのです。咳がしたくなるくらい、たまにはあるんじゃない?という感じですが・・・問題なのは、長期に渡って激しい咳をしていた為、現在、肋骨周辺が見た目にも腫れていて、咳が抑えきれずにうっかりしてしまった日には、肋骨がボキボキいっていて身の置き所のない痛みに悶絶する、という状態になってしまっているのです。

そういうわけで、かかりつけ医には痛みのある肋骨といまだに出る咳について質問してきました。

肋骨の方は、多分大丈夫だろうとはおもうけれど、一応、レントゲンを撮ることになりました。肋骨はひびが入っていたり骨折しているくらいでは特に治療法はなく、せいぜい、リブ・バインダー(ベルト?サポーター?)を巻いて患部を固定し、痛み止めを服用することくらいしかないのですが、複雑骨折をしている場合には話が別になるそうで、これを確認したいそうです。

咳の方は、Strep throat がダラダラ長引いているのかも?ということで、血液検査してこれも確認することになりました。

また、子供が喘息で使っている薬を使っても良いと言われたので、何かの時にはこれを使用し、その他にも咳止めとして強めの薬を処方してもらいました。この咳止め、かなり強いものなので、運転する日には使用不可な為、週末まで症状が続くようなら服用したいとおもいます。

ちなみに肋骨のサポーターはもう装着していたりします。大きな薬局に行き、試着して購入しました。←ちゃんと試着しないとダメなのだそう。薬局の人からは「しっかりと締めてね。軽く身体に巻きつけても意味がないから。」ということで、ガッツリ肋骨に巻きつけてます。骨折が心配される状態で締め上げていいの?(もっとバキバキ折れたりしちゃわないの?)などと思いましたが、肋骨に遊びがなくて安定感がありよい感じです。いつも咳する度に、自分の手で肋骨が動かないように抑えていたのですが、それがちょっとばかり楽になりました。

レントゲンと血液検査の結果はおそらく明後日頃に(金曜までには)でる予定です。はてさて、どんな結果がでるのでしょうか。。。
[PR]
by racity | 2009-12-01 22:04 | リウマチ