<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
        
ちょこっとアップデート
現在、今までサボっていた掃除をガンガンしつつ、旅の用意をしています。ついでにここに一人残るダンナの為に、パンを焼いたり(ブレッドマシーンを使ってですが。アメリカのパンはマズイし体によくないものが入っており、これで焼いてます。)、しばらく料理をしなくても食べていけるように、おかずを作りだめしたり・・・自分でも感心してしまう働きぶりです。←もっと前から働かんかい!という感じですが。

こんな生活なので、関節炎が悪化する、する。

ステロイドを5mgに増やしても、全く効かなくなってしまったので、昨日は7mg(朝4&夜3mg)と消炎鎮痛剤をフルに使いました。今朝は少し昨日よりもマシな痛みと強張りだったので、朝のステを3mgにしています。

こんなんで日本に帰れるのでしょうか。。。かなり不安です。
[PR]
by racity | 2010-06-24 04:04 | リウマチ
        
ステ、その後
ステロイドを服用して12日が過ぎました。

前回の記録、金曜(6/11)で終わっていますが、その後です。

土曜~月曜(6/12~6/14)くらいまで、相変わらず4mgのステを服用&消炎鎮痛剤は服用無しで、そこそこ落ち着いた日々が続いていました。が、火曜辺り(6/15、そろそろヒュミラ注射をして1週間経とうかというところで)、痛い箇所が足の甲やら手指&手首などに出始め、消炎鎮痛剤を夜に1錠復活させることになりました。

一旦はこれで治まった痛みでしたが、土曜、日曜(6/19&20)、子供の行事があったり、本格的に旅の支度を始めたもので(←今までやっていなかったのかー!、という感じですが)、関節、腫れまくりました。

土曜は消炎鎮痛剤を増量したけれど焼け石に水状態だったので、日曜は消炎鎮痛剤を更に増やし、ステロイドも1mg多く服用し(朝3mg&夜2mgにし)様子をみています。この雰囲気だと、もっとステが必要そうな感じですが、減量の時の試練を考えると、なかなか5mg以上の増量に踏み切れません。

しかし、今回の関節の腫れはいつもの悪化と違っています。皮膚が赤くなるんですよね、鮮やかな赤色に。そして痛みが半端無いです!スウィート症候群の発疹とは違う何か、な感じがするんですが、一体何なのでしょうか。(リウマチって、こんなふうに赤く腫れるものなのでしょうか。こういう症状を経験したことが無いので分かりません。)8月に日本からアメリカに戻ったら、リウマチ医、皮膚科医にそれぞれ会う予定になっているので、いろいろ質問してみようとおもいます。
[PR]
by racity | 2010-06-19 10:02 | リウマチ
        
ステロイド、始めました(再び)
そろそろアザルをスタートしてから6週間が経ちました。
アザルの効果が期待できるのは、服用始めて早い人で1ヶ月してから、通常2ヶ月経った辺りから、と手持ちの本にあったので、効果を実感出来るまでには、あともう2週間くらいの我慢が必要なようです。

その、もうあと少しの辛抱というところで、私の関節、異常に腫れだしました。

ちょうど腫れだしたのが、ヒュミラ効果がきれる頃(そろそろ次の注射日、という頃)だったのと、月のものとが重なった時だったもので、一時的なものだろうと楽観視していたのですが、月のものが過ぎても腫れは悪化していくばかり。消炎鎮痛剤を上限の3錠使ってもダメ。シップをはっても焼け石に水状態。ヒュミラの次の注射まではあと4日もあるのに歩くことさえままならない状態になってしまい、これは本格的にリウマチ再燃 and/or 別の免疫疾患が動き出してしまったか、と途方にくれてしまいました。

こういう激しい炎症を止めるにはステロイドしかないだろうと、リウマチ医にステロイド服用の許可を求めたところ、「1~10mg/日の間で、体調に合わせて好きに使ってOK(ステロイド依存にならないよう、けんけんの匙加減を信じてるからねっ。)。」との返信がきまして、今週の月曜夜から再びステロイド服用を始めました。

その日の行動、炎症具合、服用した薬のメモ←ダラダラと続きます
[PR]
by racity | 2010-06-10 03:22 | リウマチ
        
CT スキャン、再び
2週間前から歯痛がしていました。冷たいものが沁みる、モノを噛んだ時に奥歯が痛くなる、などなど。

もともと過敏状態(Sensitive Teeth )にはあったので、それ専用の特別な歯磨き粉(Sensodyne )を使い様子をみていました。でも、痛みは悪化するばかり。Sinus (副鼻腔炎)の時にも歯が痛くなるし、もしや?とも思いましたが、今回はそういうSinus の症状が無かったもので、だったら虫歯?・・・と歯医者に行って来たのが、先週の水曜のこと。

そこでレントゲンを撮り、歯医者さんのチェックを受けたのですが虫歯はないことを言われ、これは多分、副鼻腔炎から来ているのではないか(いつもかかる急性のものではなく、慢性からのものではないか←だから症状に気づかないのでは)との彼のアドヴァイスに従い、かかりつけ医の診察を受けたのが、その翌日の木曜のことでした。

彼女(正確にはかかりつけ医のアシスタント)も歯医者の意見と同じく急性のSinus ではなく、症状が分かりにくい慢性のものではないか、ということで、鼻の状態をCT スキャンで調べようということになりました。(←というわけで、またまた被爆。)運良く診察後、すぐに検査を受けることが出来、その結果が今日、かかりつけ医のオフィスから入りました。

結果はドクター達が考えていた通り、慢性副鼻腔炎ということで、

・抗生物質を10日間服用する。
・鼻のリンス&アレルギー用の鼻炎スプレーを毎日する。
・副鼻腔炎の専門医である、Ear Nose Throat ドクター(日本で言う、耳鼻科医?)の診察受ける。

以上のことを言い渡されました。

かかりつけ医のアシスタントから紹介された専門医には今週の金曜に予約をとりつけました。検査所で受けたCT スキャンのフィルムを持参し、診察に臨みます。

彼女から「これだけ副鼻腔炎に短期間で何度もかかるなんて、もしかしたら手術が必要かもね。。。」などと不吉なことを言われてしまい、気が重~くなっています。っていうか、私はその副鼻腔炎の手術を2001年だか2002年に既に受けているんですけど、あの手術はなんだったんでしょうか。(←全然役に立っていない!?)片方しかしなかったら、もう片側もしなければいけないということなんでしょうか。

前回手術を受けることを決めたのは、別に副鼻腔炎をよくしたいという理由ではなく(あの頃は副鼻腔炎、これほど深刻!?ではなかった)、当時持っていたMS 症状の一つ・眩暈の原因を確かめたくて(MS をルールアウトしたくて)自ら望んで受けたのですが、今回は極力手術は避けたい方向でいます。私のリウマチ、現在、手が付けられないくらいひどい状態になっていて、これでまた手術の為にリウマチ薬をストップするとなると、本気で取り返しがつかないことになりそうなので。
[PR]
by racity | 2010-06-08 07:23 | リウマチ
        
眼科医とのアポ、その2
眼科医から受けたアドバイスを備忘録がわりに書き連ねておこうとおもいます。

処方されたシクロスポリン点眼薬、よく聞く副作用に「目に沁みる(痛い!)」というのがあるらしいのですが、これは事前にOTC の目薬を目にさしてからシクロスポリン点眼薬を使用することで緩和されるそうです。もしくはシクロスポリン点眼薬を使用前に冷蔵庫にいれ、冷やした点眼液を使用することでも痛みが楽になるのだとか。

また、「Fish Oil」か「Flexseed Oil」のどちらかを一日に2錠、服用するようにとも言われました。飲み方は、朝か夜に一度に2錠服用してもいいし、朝と晩に1錠ずつ分けて飲んでもよいのだそうです。

「Fish Oil」といえば、関節炎を和らげる効果が期待出来ることが言われていて(真偽の程は分かりませんが、リウマチ医でも積極的にコレを患者に服用させる人もいます。)、私もそれを期待し手元に持ってはいるのですが、錠剤が大きくて飲みにくく、飲んだ後の後味が悪くて、棚の奥底にしまっていました。

この辺りの事情(飲みにくいので服用しない患者が多いこと)、眼科医もよく分かっているようで「Fish Oil はちゃんと服用しないとダメだからね。棚の飾りにしていても、効果は無いからね。」と言われてしまいました。

*ちなみにFish Oil 、飲みにくい場合は冷蔵庫か冷凍庫で冷やしてから服用すると服用した後の後味が緩和される、ということをリウマチフォーラムで言われていました。

ドライアイにはシクロスポリン点眼薬の他に、目の渇きを潤す為に、OTC の目薬を必要なら一日に3回さすように、とも言われました。

風が直接あたるような扇風機・エアコンなどの近くにはいかないように、ということも注意されました。

コンタクトレンズはどうしても必要な時に2、3時間は使用可。でも、それ以上はダメ。もちろん、特別な時だけなので、普段使いは絶対にしないように言われてしまいました。

次の眼科医とのアポは日本里帰りから帰国後の8月中旬予定です。ここでシクロスポリン点眼薬の効果をチェックし、必要ならばプラグを目に埋め込みます。今、シクロスポリン点眼薬を使用してから2週間程経ちましたが、効果があるかというと・・・全く分かりません。あと2ヶ月、自分でも症状に変化がみられるかどうか、注意していたいとおもいます。
[PR]
by racity | 2010-06-04 07:11 | リウマチ
        
CT scan の結果
とうとう6月に入ってしまいました。けんけん地方、茹だるような暑さが続いています。

さて、5月に行った肺のCT scan の結果が昨日、分かりました。正常でした。

もともとこの検査の依頼書をもらった時には、「まあ、間質性肺炎はないだろうな」と踏んでいたのですが、スウィート症候群やらシェーグレンの診断が次々におりていき雲行きがだんだんと怪しくなり(これらの病気では、よく間質性肺炎を併発していることがあるもので)、「ひょっとすると・・・(クロもあり得る?)」なんてことを頭の片隅で思ったりもしましたが、良い結果の報告を受けホッとしました。

一つ事が片がついたとおもったら、現在、新たな懸案事項「足の異常な腫れ(リウマチの腫れではないような、、、皮膚が局所的に赤くなっての腫れ)」&「歯痛」に悩まされています。明日は歯医者に行く予定です。足の腫れはもう少し様子をみてからどうするか(もしかしたら時間経過とともに腫れがひくかもしれないし、悪化した場合、リウマチ医と皮膚科医、どちらに連絡をとればよいのかを)、考えてみようと思います。
[PR]
by racity | 2010-06-01 21:33 | リウマチ