<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
        
胃腸科医とのフォローアップ・アポ
GI ドクターとのフォローアップ・アポに行ってきました。

ピロリ菌の検査結果、問題なかったそうです。

内視鏡検査で潰瘍はなかったようなものの、現在も胃の辺りがしくしくしているもので(軽い痛み)、Nexium をしばらくは一日二錠(朝食事の前に。そして夕飯をとる一時間前にも。)服用するように、と言われました。

と、このような感じで胃腸関係は決着がつきましたが、ここにきて、Sinus 再び、です。

週末、あまりの吐き気、頭痛、眩暈にベッドから起き上がれなくなりました。私は、春の陽気から気温が真夏のようにあがると、このような症状がでて一日寝込んでしまうのですが、今回は2日まるまる寝てもダメ。まさかとはおもうけれど、これはSinus による炎症なのか??と耳鼻科医から予備にもらっていた抗生物質の処方箋を使い(ドクターから私の自己判断で使用OK と言われていたので。この時、土曜だったこともあり。)、薬の服用を始めたところ翌日に症状が少し緩和され、週明けの月曜にかかりつけ医と耳鼻科医に連絡をいれ、これからどう対処していけばいいのか、話を聞きました。

かかりつけ医がいうには(正確にはかかりつけ医の元にいる先生のアシスタントの看護婦。先生は忙しくてなかなかアポがとれないので、こういうオフィスには患者を先生の代わりに診ることの出来る看護婦さんがいるのです。)、多分、Sinus なんじゃないか、とのこと。でも、神経科医にも一応会っておくように言われました。

耳鼻科医からは、それはSinus とは違うのではないかとおもうけれど、抗生物質がとにかく効いているのであればその治療を終えたあと、再び培養検査をしよう(鼻の内部の菌をチェックするための検査)ということになりました。

実はたまたま抗生物質を服用する前日の金曜、今までのフォローアップということで私は耳鼻科医の診察を受けていました。

頭痛と吐き気で死にそうになりながらなんとか車を運転し、診察受けたのですが、その時私が持っていた症状を説明し(自分にはよくあることで今晩寝たら治るんじゃないか、ということも言って。)、Sinus との関係を聞いてみました。先生がチェックした限り「そうだね、これはSinus の感染症とは違うとおもうよ。鼻の中に炎症はおきていないし、自分が見た限りでは問題ないので。神経科医の診察、受けた?血管炎からこういう症状、でるんだよね。」とのことでした。

私の持っている症状はSinus から来ているのか、はたまた全く違うものから来ているのか・・・かかりつけ医と耳鼻科医の双方から、神経科医とのアポをすすめられたので現在、神経科医にコンタクト中です。


悪いことは続くもので、子宮内膜症も徐々に動きを活発にさせてきていて、これは婦人科方面も治療をスタートさせなければいけないか・・・と鬱々としています。

更に(まだあるのか~!という感じですが)、ルートカナル問題も起こってきていて、でも、私は今年の夏(7月初めから中旬まで)、日本に里帰りも予定しているので、もうどこからどう手を着けていったらいいのかワケワカメ~(←死語)となっております。

こんな様子でせっかくオレンシアがほのかに効き出しているというのに、これからリウマチ的に、一波乱も二波乱もありそうな悪寒です。。。暑くなってきていますが皆様も、お身体お大事にお過ごし下さいませ。
[PR]
by racity | 2011-05-25 23:33 | リウマチ
        
胃腸の内視鏡検査&ちょこっと医療費話
今朝、胃腸の内視鏡検査、無事におえました。

検査は前回と同じ先生にお願いし、今回も上10分、下20分の超スピードで(?)終了しました。

結果は胃腸ともに問題なしでした。胃のほうは潰瘍ではないけれど炎症がおきていたので、その部分を生検にかけ、ピロリ菌の有無を調べてくれるそうです。これは2週間後のフォローアップアポの時には結果が分かるとのこと。

心配していた咽&食道の潰瘍もないようで(2ヶ月前に咽になにかが詰まったような嫌な感じがし(魚の骨が咽にひっかかったような。)、物を飲みこむのが辛く、また、就寝時に体を横にした時に咽周辺が苦しくて眠れなくなったことがありました。今は違和感程度ですんでいます。)、咽に何かが詰まったような違和感は、シェーグレンから?もしくは咽仏あたりの関節炎から?きているのかもしれません。

新たに診断名がつくことなく、治療も必要ないということで、ホッとしました。というのも、我が家のフレックス・アカウント、4月に入り(まだ今年に入って半年も経たないというところで)すっからかんになりました!

子供の歯の矯正が今年から始まったので、その為の費用をしっかり計算して額を決めていたと言うのにっ。私のリウマチ治療(オレンシア点滴)にお金がかかる、かかる!←もともと、昨年12月にはオレンシアを使うことは決まっていなかったので、この費用を見積もっていなかったし、この点滴費用、保険でカバーはされてはいますが、おもった以上に自己負担費用がかかり・・・1回の点滴治療で約$250くらい支払わなければならず。これが毎月、毎月、ということで、あっという間にアカウントからお金が消えました。

んも~これ以上の医療費用は税金控除もされず、ひたすら自腹(Out of Pocket Maximumに達するまで)・・・という状態だったので、病気が増えなかったことも嬉しかったですが、医療費もこれ以上かからないということで、本当にヨカッタっ、という話でした。

アメリカでリウマチ治療をされている皆様。

自己注射は各製薬会社でCo-pay プログラムを組んでくれていて、1回の注射が$5などで受けられたりもしますが、点滴はそこまで甘くないようです。(オレンシアのプログラムも最近、見つけました。まだ申請していないので、実際にどのくらい恩恵受けられるのか分かりませんが。)なので、注射針恐怖症などないようでしたら、自己注射での治療の方が、患者の金銭的負担は軽いかもしれません。とは言え、各保険会社や個人の保険内容により、費用はかなり違ってくるとおもいますので、しっかり調べられること、お勧めします。
[PR]
by racity | 2011-05-13 09:04 | リウマチ
        
オレンシア 5回目
オレンシア点滴、受けてきました。

オレンシア、私には効果があるようで、今回の点滴後にステロイドをもう1mg減らすことが出来ました。現在、ステロイド7mg/日。ちなみに来週、恐怖の胃腸内視鏡検査を受けることになったので、朝晩服用していた消炎鎮痛剤も完全にストップしました。

・・・というわけで、またこの検査です(涙)。2年前に受けて、GI (胃腸科)ドクターから「次は10年後ね!」と言われて喜んでいたのに、問題がおこった為、再検査となりました。。。この検査、準備もあるからまる2日、つぶれるんですよね。この時期(学年度末)、子供関係で面談だの、説明会だの、参加行事だの、いろいろあるのでスケジュール調整が大変でしたが、ダンナ&友人達の力を借りまして無理やりいれてしまいました。←皆様に感謝っ。

もぐら叩きじゃないですが、こちらを押さえると、あちらが出てくる、みたいな、この負のループに果たして、終わりは来るのでしょうか!?←終わりはいつか必ず来るわけですが、どんなふうに?いつくらいに?知りたいような、知りたくないような。
[PR]
by racity | 2011-05-06 06:22 | リウマチ