<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
        
Infectious Disease Center
感染症のスペシャリストとのアポがありました。ここで、

「私に起こっている副鼻腔炎の症状は、本当に副鼻腔炎からきているものなのか。(別の病気からきている可能性はあるか?)

副鼻腔炎からならば、今後、どのように治療していったらいいのか。」

について、話し合ってきました。


スペシャリストの話では、

「あなたの場合、自己免疫疾患のウェゲナー(Wegener)肉芽腫症というものに罹っているのかもしれない。これにかかると副鼻腔炎を頻繁に起こすことがある。あなたは複数の自己免疫疾患を持っているし、この可能性は高いのではないか、とおもう。」

とのこと。

ウェグナーではなく、単に、やっかいな副鼻腔炎にかかっている場合(抗生物質に耐性のある菌により炎症が起こされている場合)、今後どう治療していったらいいのかを質問したところ、

「菌の種類を見極めたいので、次に副鼻腔炎の症状がでたら、抗生物質を服用する前にまず、今の耳鼻科医のもとで培養検査を受けること。検査を受けたら(今、私が手元にもっている)ミノサイクリンという抗生物質を服用し、自分(感染症のスペシャリスト)とのアポをとりつけて。アポは検査を受けてから1週間後に設定すること。検査から1週間経っていれば、検査結果があがってくるだろうから、それをもとに治療方針を決める。」

だそうです。

私の耳鼻科医にはこのような方針でやっていくこと、直接、話をつけておいてくれるそうです。なので、「培養検査を受ける際には、余計なことを心配せずともスムーズに検査が受けられる。」そうです。←私からグダグダ説明しなくても、段取りを整えておいてくれる、ということ。有難いです。

今までの耳鼻科医のもとでは、副鼻腔炎にかかるたびに状況が悪くなっていっていたので、ここで解決に向けて少し前進できそうで、ちょっとホッとしました。

ところでウェゲナーですが、これにかかっているかどうかは、「これはリウマチ医がすでに調べているとおもうのだけれど・・・云々。」とブツブツ呟きながら考え込んだ後、「ちょっと調べてみる。」(←なにを?)、といわれました。


はたして、私の副鼻腔炎的症状はどちらの原因からきているのでしょうか。(・・・どちらの可能性も嫌すぎなんですけど。。。)
[PR]
by racity | 2011-07-30 06:37 | リウマチ
        
無事帰国
帰国とは日本?アメリカ?どちらに??・・・という感じですが。

つい先日、日本へ里帰りする云々という記事をアップしたばかりでしたが、あれは過去に書いておいた古い古い記事だったのでした。なので既に6月の下旬には日本へ里帰りし、なでしこJapan の皆様が成田に帰ってきたその日の午後、台風で大雨が降る中、無事にアメリカへと戻ってきました。

日本滞在中、念のために持ってきていた副鼻腔炎の抗生物質は使わずにすみ、ホッとしました。

ただ、熱中症にかかってしまいました。熱中症って知らないうちにかかっているものなのですね。なんだか気持ち悪いなぁ、頭が痛いなぁ、眩暈がするなぁ(でもいつもの副鼻腔炎からくるものではないような・・・)、とおもっていたら、これが熱中症だったという。←子供もかかってしまいました。日本の皆様もどうぞ、お気をつけ下さいませ。

その熱中症の合間に、子供達をディズニーランドに連れて行き、今井浜海岸にもお泊りでき、子供とダンナは日光にも行き、楽しい時をすごせました。食べたいものもしっかり食べられたし!ガリガリくん梨味とか、ひつまぶしとか、ポンパドール&アンデルセンのパンとか、色々なブランドのメロンパンとか、和幸のカツとか、ポルタの回転寿司とか、ジョイナス札幌やのラーメンとか、ダ・タカシマでのフルコースとか、グラマシーNY のケーキとか、居酒屋華の舞のモツ煮込みとか、クイーンアリスとか、、、とかとか煩いですが、あ~日本の食べ物はコンビニのそれまでおいしくて幸せだったっ、というお話でした。

アメリカに戻ってきましたが、こちらも日本の猛暑に負けず劣らず暑いです。東海岸、ここ数日は華氏100度超えするとか、しないとか。しかし、日本とは暑さのタイプが違うのですよね。日本、今年は去年よりも湿度が少なく過ごしやすい気がしましたが、それでもアメリカのカラッとした空気よりはグッと湿度が高くて。歩いているとジーンズが湿ってくるような感じになるのですが、どんなに暑くても、アメリカではそういうことはなく。←この日本の湿度の高さ、私のシェーグレンの目の乾きにはありがたかったですが。アメリカでは空気の乾燥が激しく、目薬なしではやっていけませんので、アメリカに旅行予定のシェーグレンの方、目薬を忘れずにどうぞ。あと、エアコンがガンガンにきいていますので、長袖やその他羽織れるものを2枚ほど、用意していたほうがいいとおもいます。←アメリカのエアコンはききがよすぎて、1枚では足りないかと。

では、まだまだ続く夏。暑さが少しは和らぐとよいのですが・・・皆様、お大事にお過ごし下さいませ。
[PR]
by racity | 2011-07-21 04:49 | その他