endocrinologist (リクラスト点滴)
endocrinologist (内分泌学者)とのアポイントメント 5/17/2018

Fosamax での骨粗鬆症の治療は、5年間したらDrug holiday のため、休薬する。
治療を再開するかどうかはその後の骨密度の状態による。

Fosmax で胃腸に潰瘍などの副作用がでた為、経口薬から点滴療法へ変更することに。

Reclast (フォサマックスのIV・点滴)の使用前に、歯の治療は済ませておくこと。
関節の手術も、先に済ませるか、リクラストの点滴を受けてから4~6週間たったら治療・手術をし受けてもよいそう。歯の治療などを先にすます場合、3か月くらいのFosamax の休薬は特に問題ないとのこと。

リクラストの点滴を受ける場合、オレンシア点滴と1~2週間、間隔をあけてから受ける。

また、リクラストの点滴を受ける1~2時間前に、水を500mlほど飲んでおくこと。

よくある副作用に脱水症状、インフルエンザに罹った時のような関節痛、倦怠感、咳、などがある。これらは1、2日間ほどで消える。多くは初めての点滴で起きるらしい。


[PR]
by racity | 2018-05-21 20:41 | リウマチ
RA リポートご覧の皆様へ >>